コラム

動画制作・映像制作の費用相場は?料金表や用途別の費用相場・費用を抑える方法を紹介!

この記事の監修者アイコン

この記事の監修者

船木 佑哉

<動画事業部 部長>

動画制作・映像制作の費用相場は?料金表や用途別の費用相場・費用を抑える方法を紹介!

動画を制作する際に発生する料金は、動画の内容によって異なります。 予算の確保をするためにも、おおまかな料金について把握しておきたいものです。

また、料金が異なる要因を把握することで「どのような動画を作成するか」「どこに依頼するか」を決めたい方もいるでしょう。 本記事では、動画の種類の違いによる制作費や、制作費の内訳について詳しく解説します。

動画制作費を安く抑える方法についても詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画制作サービス「ムビサク」では動画の豊富な制作実績があります。動画制作を検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

  • 動画の種類ごとにおける料金表
  • 動画制作の工程と料金の内訳
  • 動画制作の料金を抑える5つの方法

目次

動画制作でこんなお悩みありませんか?

  • 動画制作を考えているがどうすればよいかわからない
  • 急いで動画を作りたいが方法がわからない
  • 高品質な動画を制作したいが自社では難しい…

\ スピーディーに高品質な動画を作るならムビサク /

無料で相談・問い合わせる

動画の種類の違いによる制作料金の目安表

動画の種類の違いによる制作料金の目安表

動画の種類や依頼する会社などによって、動画の制作料金は大きく変わります。 以下に動画の種類ごとに料金の相場をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

動画の種類 料金の目安
YouTube動画 40万円~100万円
会社・学校紹介動画 10万円〜200万円
商品紹介動画 30万円~100万円
採用動画 50万円~200万円
研修・セミナー動画 20万円~100万円
WEBCM・広告動画 10万円〜200万円
テレビCM 100万円~400万円
サービス紹介動画 30万円~100万円
インタビュー動画 20万円~200万円
イベント動画 30万円〜200万円
マニュアル動画 15万円~200万円
ブランディング動画 200万円~400万円
展示会動画 40万円~200万円
IR動画 30万円~200万円
教育動画 20万円~100万円

上記の動画はアニメーションか実写のどちらで制作するかで料金が異なります。それぞれの料金は以下のようになるので見てみましょう。

アニメーション動画 5万円~100万円
実写動画 30万円〜200万円

動画の時間やクオリティによって制作費は異なりますが、一般的に実写よりアニメーションの方が安い傾向にあります

アニメーション動画の費用相場については、こちらの記事を参考にしてください。

また、映像制作会社の見積もり項目については、こちらの記事で詳しく解説しています。

動画制作の料金の主な内訳

動画制作の料金の主な内訳

動画は以下のような工程を経て制作されます。

  • 企画・構成立案
  • 台本作成・絵コンテ作成
  • ディレクション
  • 撮影
  • イラスト・写真素材
  • ナレーション
  • BGM・効果音
  • 編集

それぞれの工程で発生する費用はおおきく以下の3種類に分けられます。

  • 企画・構成費
  • 制作にかかわる人件費
  • 諸経費

企画・構成費

企画・構成費とは、動画の目的やターゲット、メッセージ、ストーリー、シナリオなどを決めるためにかかる費用です。動画の品質や効果を左右する重要な工程です。たとえば、動画の長さやスタイルによって、企画・構成費は変わります。一般的に、長くて複雑な動画ほど、企画・構成費は高くなります。

企画・構成費には、以下のような工程を含みます。

  • 企画・構成立案
  • 台本作成・絵コンテ作成

企画・構成立案

動画制作の最初の工程として、企画・構成の作成があります。動画制作会社と打ち合わせをし、自社の目的に合う動画の内容や演出方法を決める工程です。  制作会社によっては企画段階で見積もりをするため、動画制作で発生するおおまかな費用を把握できます。

動画制作の構成については、こちらの記事を参考にしてください。

台本作成・絵コンテ作成

企画・構成案で動画の方向性が決まれば、動画の内容を具体化するために台本を作成する工程にはいります。  アニメーションの場合は動画の内容を具体的にイメージできるよう、絵コンテを作成することが多いです。

 台本や絵コンテは動画の方針や費用が具体化される重要な工程です。  編集の段階で台本を大きく修正した場合、修正にかかる費用が増大するため注意しましょう。

絵コンテの書き方については、こちらの記事を参考にしてください。

制作にかかわる人件費

制作にかかわる人件費とは、動画の撮影や編集、ナレーション、楽曲制作などを行うスタッフの報酬です。動画のクオリティやスピードを担保するために必要な費用です。

撮影に必要なモデルやカメラマンの人数、編集に必要な技術力、ナレーションや音楽に必要な声優や作曲家などによって、制作にかかわる人件費は変わります。一般的に、高品質で躍動感のある動画ほど、制作にかかわる人件費は高くなります。

制作にかかわる人件費には、以下のような工程を含みます。

  • ディレクション
  • 撮影
  • ナレーション
  • 編集

ディレクション

ひとつの動画を作成するのに多数の人が携わるため、スケジュールを管理しないとトラブルが発生して納期が遅れることもあるでしょう。  動画制作ではスケジュール通りに納品できるよう、動画制作を担当する人全員の進捗を管理するディレクションという業務があります。  ディレクションは打ち合わせや撮影の日程、編集期間などのスケジュールを組み立てるのが主な業務です。ディレクションで発生する費用として、担当ディレクターの人件費があります。

撮影

実写動画を制作する場合、動画素材の撮影が必要で以下のような費用が発生します。

  • フォトグラファーの人件費
  • キャスト(俳優やモデル)の出演費
  • スタッフの交通費や宿泊費

撮影はスタッフの技術力や出演者の知名度によって、人件費が大きく異なります。撮影期間が長いほど撮影にかかる費用が増えます。

また、人件費以外にも、ロケ地・スタジオ・機材(カメラ・マイク・照明など)のレンタル費が諸経費としてかかることもあります。ただし、スタッフの交通費や宿泊費は諸経費として算出されることもあります。

ナレーション

商品・サービスの紹介や会社紹介をする場合、ナレーションも重要です。 ナレーションによって動画の雰囲気や伝わりやすさが大きく変わるため、プロのナレーターに外注することを検討しましょう。 ナレーターの外注費は文字単価や時給制で決まることが多いです。音質にこだわりがある場合は、スタジオのレンタル料も発生します。

編集

動画やイラストの素材を使って編集し、ひとつの動画に仕上げます。実写では主に動画素材を台本に沿ってつなぎ、テロップやBGMの挿入をします。 アニメーションの場合、イラストをつなぎ合わせて滑らかに動くように仕上げるのが主な作業です。発生する費用として、編集者の人件費があります。 制作会社によってはBGMやナレーションの音量や挿入するタイミングを調節するMAという作業もあり、別途料金が発生する場合も少なくありません。

もし動画編集にかかる時間について詳しく確認したい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

諸経費

動画制作に伴って発生するその他の費用です。動画の完成度や安全性を高めるために必要な費用です。たとえば、イラストや写真素材、BGMのライセンス料や著作権料などが諸経費に含まれます。一般的に、規模が大きくて法的な問題が多い動画ほど、諸経費は高くなります。

諸経費には、以下のような工程を含みます。

  • イラスト・写真素材
  • BGM・効果音

また、スタッフの交通費や宿泊費、動画ファイル形式の変更にかかる費用などが諸経費として含まれることもあります。

イラスト・写真素材

アニメーションを作成するにはイラスト素材が欠かせません。キャラクターや背景など絵コンテに沿って、アニメーションに必要なイラストを揃える必要があります。 イラストの場合「販売されているイラストを購入するか」「新しくイラストを制作してもらうか」によって費用が大きく異なります。 新しくオリジナルイラストを作成してもらう場合、イラストレーターやデザイナーの工数が発生するため、制作費が高額になる可能性が高いです。

BGM・効果音

BGM・効果音は動画の印象を大きく変える要素のひとつです。 BGMにこだわりがある場合は新規で作成してもらう必要があります。オリジナルBGMを作成してもらうと楽曲の制作費だけでなく、著作権の譲渡による費用も発生します。 BGMを安く抑えたい場合は、既存の音源を購入するのもひとつの手段です。

既存の音源の場合JASRACに使用料を払う必要があります。たとえばインターネットでCMを配信する場合、1,000回再生あたり50円の使用料がかかります。 動画の配信目的によって料金が異なりますので、詳しくはJASRACの公式ホームページを確認してください。

参考:JASRAC

YouTube動画制作の費用相場

事例:株式会社インヴァランス|YouTubeチャンネル掲載用の教育・講座動画

YouTube動画制作の費用相場と作業内容は一般的に以下のように分けられます。

費用相場 作業内容
40万円~60万円 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加
60万円~80万円 オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入
80万円~100万円 スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

YouTube動画制作の費用相場は、動画の目的や内容、品質や規模、制作会社やフリーランスの選択などによって大きく異なります。一般的には、動画の長さや編集の技術力の高さ、撮影の確保、ナレーションやBGMの有無によって費用が変動します。

例えば、15秒~1分程度の動画で、シンプルな編集のみであれば、40万円~60万円程度で制作できる可能性がありますが、30分以上の動画で、高品質な撮影と編集、音楽やアニメーションなどの演出を加える場合は100万円程度かかる可能性もあります。

制作会社やフリーランスによっても、実績や評判、スキル、経験によって費用が異なります。したがって、YouTube動画制作を安く抑えるには、自分の目的や予算に合った外注先を見つけることが重要です。

また、YouTube動画の制作に関して、依頼方法や費用の抑え方については、以下の記事でも紹介しています。

最近では、YouTubeショート動画の需要も増加しています。YouTubeショート動画の事例については、以下の記事もおすすめです。

なお、ムビサクではYouTube動画の豊富な制作実績があります。ぜひ参考にしてください。

YouTube動画制作の詳細はこちら

40万円~60万円の作業内容

YouTube動画制作を40万円~60万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 YouTube広告による商品・サービス紹介
特徴 動画尺が15秒~1分程度で短くまとめた動画
できること 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加

比較的短い尺の動画になるため、YouTube広告による商品・サービス紹介を目的に作られます。

また、作業内容には撮影は含まず動画編集のみであり、テロップやBGMの追加などのシンプルな編集になることが多いです。

60万円~80万円の作業内容

YouTube動画制作を60万円~80万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 YouTubeチャンネルで企業の認知拡大
特徴 動画尺が1分~10分程度で詳しくまとめた動画
できること オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入

 採用活動や商品・サービスの認知拡大とした企業のYouTubeチャンネルの運用が主な目的です。

また、動画編集では、オリジナルイラストの作成やナレーションの収録、有料素材の購入をする費用も含まれることが多いです。

80万円~100万円の作業内容

YouTube動画制作を80万円~100万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 YouTubeを活用したブランディングによる信頼性の向上
特徴 動画尺が10分以上で充実した内容の動画
できること スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

テレビ番組や映画のようなクオリティでYouTubeチャンネルで動画を配信してブランディングによる企業の信頼性の向上が目的になります。

動画の編集だけではなく、スタジオやロケ地を借りて撮影を行うことも多く、モデルの起用にかかる費用も含まれます。

YouTube動画制作の費用を安く抑えるポイント

YouTube動画制作の費用を安く抑えるには、以下のポイントに注意してください。

  • YouTubeの編集のみを依頼する
  • 縦型のYouTubeショート動画を活用する
  • YouTubeの撮影を一度にまとめる

YouTubeの編集のみを依頼する

YouTube動画制作には、撮影と編集の工程がありますが、どちらも自分で行うと時間と労力がかかります。そこで、費用を安く抑える方法として、YouTubeの編集のみを依頼するという選択肢があります。

例えば、動画制作会社やフリーランスの編集者に、自分で撮影した動画の素材を送って、編集だけをお願いすることができます。このようにすると、撮影の費用はかからず、編集も比較的安価です。また、編集のみを依頼することで、自分の好みやイメージに合わせて、細かい指示や修正を出すことも可能です。

縦型のYouTubeショート動画を活用する

YouTubeには、縦型のショート動画を投稿できる機能があります。この機能は、InstagramのストーリーやTikTokの動画に似ており、15秒から60秒程度の動画をスマホで簡単に撮影して、YouTubeにアップロードできます。縦型のショート動画を活用することで、費用を安く抑えることができます。

例えば、通常の横型の動画に比べて、縦型のショート動画は、撮影や編集が簡単で、専門的な機材やスキルが必要ない場合もあります。また、縦型のショート動画は、視聴者の注意を引きやすく、チャンネルの認知拡大やファンの獲得に効果的です。さらに、縦型のショート動画は、YouTubeのアルゴリズムによって、他の動画よりも優先的に表示されることもあります。

YouTubeの撮影を一度にまとめる

YouTube動画制作において、撮影は最も費用がかかる工程です。撮影には、カメラやマイクなどの機材や、スタジオやロケ地などの場所が必要です。また、撮影には、自分だけでなく、他の出演者やスタッフも関わる場合があります。そこで、費用を安く抑える方法のひとつとして、YouTubeの撮影を一度にまとめることもおすすめです。

例えば、撮影スケジュールを1日にまとめて複数の動画の撮影を行うことで、機材や場所のレンタル料や、出演者やスタッフの人件費を節約できます。また、撮影を一度にまとめることで、撮影の準備や片付けの時間を短縮することが可能です。さらに、撮影した動画をストックしておくことができ、定期的に動画を投稿することができます。

会社・学校紹介動画制作の費用相場

事例:株式会社GREEN ROOM|SDGsへの企業の取り組み紹介動画

会社・学校紹介動画制作の費用相場と作業内容は一般的に以下のように分けられます。

費用相場 作業内容
10万円~50万円 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加
50万円~100万円 オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入
100万円~200万円 スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

会社や学校の魅力を伝えるために、効果的な施策をして会社・学校紹介動画の制作があげられます。しかし、会社・学校紹介動画を作る際にかかる費用相場がどのくらいなのでしょうか。実は、動画制作の費用相場は、作業内容や品質によって大きく異なります。

例えば、簡単な既存の写真イメージを用いたスライドショー風の動画であれば、10万円~50万円程度で制作できる場合もありますが、撮影やキャスティングなどを含む高品質な動画であれば、100万円~200万円程度かかる場合もあります。

ここでは、会社・学校紹介動画の費用相場を3つの段階に分けて、それぞれの費用相場でできる作業内容を紹介します。

また、会社紹介動画の事例やポイントについては、以下の記事でも紹介しています。

学校紹介動画の作り方については、以下の記事もおすすめです。

なお、ムビサクでは会社紹介動画の豊富な制作実績があります。ぜひ参考にしてください。

会社紹介動画制作の詳細はこちら

学校紹介動画も実績がございますので、以下をご覧ください。

学校紹介動画制作の詳細はこちら

10万円~50万円の作業内容

会社・学校紹介動画制作を10万円~50万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 企業理念や学校方針を簡潔に紹介する
特徴 動画尺が15秒~1分程度で短くまとめた動画
できること 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加

企業理念や学校方針などを簡潔に紹介した15秒~1分程度の短い動画です。

会社や学校のロゴや名前、所在地、連絡先、事業内容・教育方針、社員・生徒の紹介などの情報から動画が作られます。

50万円~100万円の作業内容

会社・学校紹介動画制作を50万円~100万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 会社や学校の認知拡大を目的とした広告プロモーション
特徴 動画尺が1分~10分程度で詳しくまとめた動画
できること オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入

1分~10分程度で、会社や学校の認知拡大を目的とした広告プロモーション動画を作られることが多いです。

 制作会社や依頼先によっては、イラストの作成や有料素材の購入など、オリジナリティの高い動画を制作することもできます。

100万円~200万円の作業内容

会社・学校紹介動画制作を100万円~200万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 会社や学校をブランディングした差別化
特徴 動画尺が10分以上で充実した内容の動画
できること スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

撮影にはプロのカメラマンや機材を利用するだけでなく、特殊な技術や演出を加えたストーリー性のある動画に仕上がることが多いです。

社員や生徒とのインタビュー風景や、モデルを活用したシーンの撮影などブランディング要素が含まれます。

会社・学校紹介動画制作の費用を安く抑えるポイント

会社・学校紹介動画制作の費用を安く抑えるには、以下のポイントに注意してください。

  • すでにある建物や設備の写真を活用する
  • ナレーションを社内や学内の人に依頼する
  • シンプルなアニメーションにまとめる

すでにある建物や設備の写真を活用する

会社・学校紹介動画における制作費用の大部分は、撮影にかかる費用です。撮影には、カメラや照明などの機材やスタッフの人件費が必要です。また、撮影する場所や時間によっては、許可や予約が必要になることもあります。これらの費用を削減するためには、すでにある建物や設備の写真を活用することが有効です。

例えば、会社や学校のホームページやパンフレットに掲載されている写真を、動画に編集して加えることができます。また、写真は、動きのあるアニメーションやエフェクトで加工することで、動画らしく見せることができます。

ナレーションを社内や学内の人に依頼する

動画はナレーションを入れることで、視聴者にメッセージを伝えやすくなります。しかし、ナレーションをプロに依頼すると、高額な料金が発生することがあります。そこで、ナレーションを社内や学内の人に依頼することがおすすめです。

例えば、社長や校長、社員や教員、お客様や卒業生など、会社や学校に関係する人に、自分の声で紹介する内容を話してもらいましょう。その結果、動画に信頼感や親近感を与えることができます。

シンプルなアニメーションにまとめる

動画には、テキストやグラフなどの情報を入れることもあります。しかし、情報を多く入れすぎると動画が長くなり、視聴者が飽きてしまう可能性があります。そこで、シンプルなアニメーションにまとめることが効果的です。

例えば、会社や学校のロゴやキャッチコピー、特徴や実績などの情報を、動きのある文字やアイコンで表現してみましょう。その結果、動画にインパクトや視覚的な魅力を与えることができます。

商品紹介動画制作の費用相場

事例:株式会社コーユービジネス|展示会ブースでの商品紹介動画

商品紹介動画制作の費用相場と作業内容は一般的に以下のように分けられます。

費用相場 作業内容
30万円~60万円 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加
60万円~80万円 オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入
80万円~100万円 スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

商品紹介動画とは、自社の商品やサービスの特徴や魅力を映像で伝えるための動画です。商品紹介動画は、視覚的に商品のイメージを高めたり、実際の使用シーンを見せたりすることで、消費者の購買意欲を刺激したり、ブランドイメージを向上させたりする効果があります。

商品紹介動画制作の費用相場は、動画の長さやクオリティ、撮影の規模や演出の内容などによって大きく変わります。例えば、30万円~60万円程度であれば短い尺のWEB広告用の動画として制作されます。一方で、80万円~100万円程度では、ブランディングにつながる高品質な動画の制作が可能です。

ここでは、 商品紹介に用いられる動画の制作費用における相場を、作業内容に分けて3段階で解説します。

また、商品を紹介する方法やポイントについては、以下の記事でも紹介しています。

効果的な販売促進やマーケティングに活用された動画の事例については、以下の記事もおすすめです。

なお、ムビサクでは商品紹介動画の豊富な制作実績があります。ぜひ参考にしてください。

商品紹介動画制作の詳細はこちら

30万円~60万円の作業内容

商品紹介動画制作を30万円~60万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 YouTubeやSNSを活用した広告プロモーション
特徴 動画尺が15秒~1分程度で短くまとめた動画
できること 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加

30万円~60万円で作られる商品紹介動画は、動画尺が15秒~1分程度で、広告による認知拡大や購買促進を目的です。

例えば、家電や文具などの比較的シンプルな商品を短時間で紹介する場合に適しています。

60万円~80万円の作業内容

商品紹介動画制作を60万円~80万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 商品の機能やメリットを解説して安心を訴求
特徴 動画尺が1分~10分程度で詳しくまとめた動画
できること オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入

60万円~80万円で作られる商品紹介動画は、動画尺が1分~10分程度で、商品の機能やメリットを解説することによる安心感の訴求が目的です。

例えば、アパレルブランドやコスメなどの感性や好みに左右される商品を詳しくまとめる場合に適しています。

80万円~100万円の作業内容

商品紹介動画制作を80万円~100万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 商品のもつ世界観やストーリーを顧客に伝える
特徴 動画尺が10分以上で充実した内容の動画
できること スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

著名なモデルや声優をキャスティングして、ストーリーや演出にこだわることで、商品のブランディングを目的とした動画です。

例えば、具体的なイメージを想起させる、旅行や教育などの体験型サービスの商品を紹介する場合に適しています。

商品紹介動画制作の費用を安く抑えるポイント

商品紹介動画制作の費用を安く抑えるには、以下のポイントに注意してください。

  • 商品の説明を短くまとめる
  • 複数の商品をまとめて撮影する
  • 社員に出演してもらう

商品の説明を短くまとめる

動画制作の費用のなかでも、編集には、動画の長さや内容に応じて、機材やソフトウェア、スタッフの人件費がかかります。また、動画の長さが長くなると、視聴者の興味や注意力が低下する懸念があります。これらの費用やリスクを削減するためには、商品の説明を短くまとめることが有効です。

例えば、商品の特徴や利点、使い方などのメッセージを、シンプルなアニメーションやテロップで表現することができます。その結果、シンプルで伝わりやすい商品紹介動画に仕上がります。

複数の商品をまとめて撮影する

動画制作における撮影には、カメラや照明などの機材やスタッフの人件費がかります。スタジオやロケ地など撮影する場所や時間によっては、許可や予約が必要になることもあります。これらの費用を削減するためには、複数の商品をまとめて撮影することが有効です。

例えば、同じカテゴリやテーマの商品を、ひとつの動画にまとめて紹介することも可能です。撮影の回数や時間を減らして、商品あたりのプロモーションにかかるコストを削減できます。

社員に出演してもらう

動画には、口コミやお客様の声など、商品を使っている様子や感想を入れることで、視聴者にメッセージを伝えやすくなります。しかし、出演者をプロに依頼すると、高額な料金が発生することがあります。そこで、出演者を社員に依頼することがおすすめです。

例えば、商品を開発した社員や商品を使っている社員に、自分の声で商品の紹介やレビューを話してもらいましょう。動画から商品へ信頼感や親近感を与えて、購買意欲の向上にもつながります。

採用動画制作の費用相場

事例:セルプロモート株式会社|採用活動におけるオンボーディング動画

採用動画制作の費用相場と作業内容は一般的に以下のように分けられます。

費用相場 作業内容
50万円~100万円 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加
100万円~150万円 オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入
150万円~200万円 スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

採用動画とは、企業の魅力や働く人の声を映像で伝えることで、応募者や採用活動に対する印象を高めるための動画です。

採用動画制作の費用相場は、採用動画の目的や求める映像のクオリティによって異なります。また、撮影や編集を行うチームの規模によっても変わるため、制作会社かフリーランスどちらに依頼するのかによっても大きく異なります。また、動画尺や撮影・編集の技術、ナレーションやBGMの有無によって採用動画の制作にかかる費用は変動します。

採用動画の制作にかかる費用の相場は、一般的に50万円~200万円程度です。シンプルな編集や元からある素材を使用すれば、50万円~100万円で制作できますが、モデルをキャスティングした大がかりな動画であれば、150万円~200万円程度かかることもあるので、自社の目的と予算に合わせて依頼しましょう。

また、採用動画の事例やトレンドについては、以下の記事でも紹介しています。

そもそも採用コストを削減する方法については、以下の記事もおすすめです。

なお、ムビサクでは採用動画の豊富な制作実績があります。ぜひ参考にしてください。

採用動画制作の詳細はこちら

50万円~100万円の作業内容

採用動画制作を50万円~100万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 採用広告やSNSで自社の魅力を紹介する
特徴 動画尺が15秒~1分程度で短くまとめた動画
できること 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加

50万円~100万円の費用相場で制作される採用動画は、動画尺が15秒~1分程度で、採用広告やSNSでの配信が目的です。

シンプルな動画編集が多いため、社員インタビューなどの動画撮影は内製化して、編集のみ外注するケースも多くあります。

100万円~150万円の作業内容

採用動画制作を100万円~150万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 会社説明会などの採用イベントで求職者の足を止める
特徴 動画尺が1分~10分程度で詳しくまとめた動画
できること オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入

100万円~150万円で制作される採用動画は、会社説明会などのイベントの自社ブースで放映されることで、求職者の足を止める役割を持ちます。

採用イベントでは、効果音やBGMとともに、企業のビジョンやカルチャーを伝えることで、新卒採用や中途採用に向けた認知拡大につながります。

150万円~200万円の作業内容

採用動画制作を150万円~200万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 採用ブランディングや広報PR活動
特徴 動画尺が10分以上で充実した内容の動画
できること スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

150万円~200万円で作られる採用動画は、動画尺が10分以上の充実した内容で、採用ブランディングが目的になることが多いです。

キャスティングや撮影も含まれるため、テレビCMにも活用できます。また、駅のホームや街頭のデジタルサイネージで大体的にプロモーションを行う際にも使用されます。

採用動画制作の費用を安く抑えるポイント

採用動画制作の費用を安く抑えるには、以下のポイントに注意してください。

  • スタジオではなく社内の会議室で撮影する
  • グラフや図でわかりやすくまとめる
  • 何年も使える汎用性のある動画にする

スタジオではなく社内の会議室で撮影する

採用動画制作には撮影費がかかることも多いです。撮影には、カメラや照明などの機材やスタッフの人件費がかかります。また、撮影する場所や時間によっては、スタジオやロケ地のレンタル費用がかかることもあるでしょう。これらの費用を削減するためには、スタジオではなく社内の会議室で撮影することが有効です。

例えば、会議室には無地の幅広い壁があります。机や椅子を配置して、シンプルながらスタジオのような雰囲気を作ることができます。また、社内で撮影することで、撮影の準備や移動の時間を減らすことも可能です。

グラフや図でわかりやすくまとめる

動画制作にかかる費用は、動画尺の長さにも要因があります。伝えたいメッセージを盛り込みすぎると動画尺が長くなってしまい、制作費用が大幅にかかってしまうこともあります。また、情報量が多すぎる動画はかえって視聴者に伝わりづらいこともあるでしょう。

これらの費用やリスクを削減するためには、グラフや図でわかりやすくまとめることが有効です。例えば、社員の年齢層や性別比、福利厚生や研修制度などの情報を可視化することができます。その結果、企業理念や魅力を求職者に効果的に伝えることも可能です。

何年も使える汎用性のある動画にする

採用動画制作の費用を安く抑えるためには、一度作った動画を何年も使えるようにすることが重要です。しかし、採用動画には、時代や状況によって変化する情報が含まれることが多く、古くなりやすいです。そこで、何年も使える汎用性のある動画にすることがおすすめです。

例えば、採用動画には、社風、ビジョンなどの変わらない情報を中心に加えていきましょう。また、社員の声などは、出演した社員の退職などにより動画自体が使えなくなることもあります。そのため、普遍的で汎用性のある会社概要の動画と、社員へのインタビュー動画は別に作っておくことも有効です。

研修・セミナー動画制作の費用相場

事例:Shopify Japan 株式会社|パートナー向けインストラクション動画

研修・セミナー動画制作の費用相場と作業内容は一般的に以下のように分けられます。

費用相場 作業内容
20万円~40万円 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加
40万円~80万円 オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入
80万円~100万円 スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

研修やセミナーの内容を動画にすることで、より多くの人に研修の内容を知ってもらうことができます。また、時間の都合が合わず当日セミナーに参加できなかった人や、会場までが遠くて参加を断念してしまった人でも、 動画にしておくことで後から見返すことができるようになります。

しかし、動画制作には様々な要素で費用が変動します。例えば、撮影時間や場所、編集内容、スタイル、ナレーションや字幕の有無によって、動画制作の費用は大きく変わります。

ここでは、 研修やセミナーに用いられる動画の制作費用における相場を、作業内容に分けて3段階で解説します。

また、効果的な研修動画の作り方については、以下の記事でも紹介しています。

初めてセミナー動画の撮影を検討される方には、以下の記事もおすすめです。

なお、ムビサクでは研修・セミナー動画の豊富な制作実績があります。ぜひ参考にしてください。

研修・セミナー動画制作の詳細はこちら

20万円~40万円の作業内容

研修・セミナー動画制作を20万円~40万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 SNSや広告で配信するセミナーのダイジェスト
特徴 動画尺が15秒~1分程度で短くまとめた動画
できること 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加

20万円~40万円で制作される研修・セミナー動画は、動画尺が15秒~1分程度で、セミナーのダイジェスト動画をSNSや広告で配信するために作られます。

研修やセミナーの内容を簡潔にまとめて、配信することで次回のセミナーの告知になり集客力の向上を期待できます。

40万円~80万円の作業内容

研修・セミナー動画制作を40万円~80万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 商品やサービスのマニュアル作成やオンボーディング
特徴 動画尺が1分~10分程度で詳しくまとめた動画
できること オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入

40万円~80万円で制作される研修・セミナー動画は、動画尺が1分~10分程度のものが多いです。そのため、商品やサービスの使い方をまとめたマニュアル動画やオンボーディング研修を目的に制作されます。

企業によっては、商品やサービスごとに個別で動画を作ることで、伝えたいメッセージを短くまとめています。

80万円~100万円の作業内容

研修・セミナー動画制作を80万円~100万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 長時間の研修における講師の負担やコストの削減
特徴 動画尺が10分以上で充実した内容の動画
できること スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

80万円~100万円で制作される研修・セミナー動画は、スタジオを借りたテレビ番組並みのクオリティになることが多いです。

また、動画尺が数時間以上にのぼることもあるため、長期的にみると動画化することで講師の負担やコストの削減にもつながります。

研修・セミナー動画制作の費用を安く抑えるポイント

研修・セミナー動画制作の費用を安く抑えるには、以下のポイントに注意してください。

  • 研修資料から素材を集める
  • 撮影に使用するカメラの台数を減らす
  • 社員の対談形式の研修にする

研修資料から素材を集める

研修・セミナー動画を制作する際には、研修資料から素材を集めることで費用を安く抑えることが可能です。研修資料には、スライドや画像、グラフ、表など、動画に使える要素が多く含まれています。これらの素材を動画に取り込むことで、動画の内容を充実させることができます。

また、PCの画面録画機能を用いて研修資料のスライドを動画にすることもおすすめです。また、講師とスライド資料を交互に映し出すことで、画面に変化を加えて、受講者が途中で飽きてしまうことを防ぐ役割もあります。

撮影に使用するカメラの台数を減らす

研修・セミナー動画を制作する際には、撮影に使用するカメラの台数を減らすことも費用を安く抑えるポイントです。カメラの台数が多いと、撮影機材のレンタル費用や設置・操作の手間が増えます。また、カメラの切り替えや編集の難易度も高くなります。そのため、カメラの台数は必要最低限に抑えることが望ましいです。

例えば、カメラが2台であれば、1台のカメラでセミナー中のアップで撮影して、もう1台のカメラでは、会場の風景やプレゼンテーションの資料を撮影することもあります。カメラの台数を減らして、最低限で撮影することで、動画制作の効率や品質を向上させることができます。

社員の対談形式の研修にする

研修・セミナー動画を制作する際には、社員の対談形式の研修にすることも費用を安く抑えるポイントです。社員の対談形式の研修とは、研修内容に関する質問や回答、意見交換などを社員同士で行う形式です。この形式では、研修内容を一方的に説明するよりも、対話やディスカッションを通して、研修内容を深く理解することができます。

  また、社内で実施している研修を動画に録画することや、社員が実際に行っている業務を動画で撮影することもおすすめです。対談形式の研修と実践の動画を組み合わせて、効果的な研修・セミナー動画を制作しましょう。

WEBCM・広告動画制作の費用相場

事例:株式会社Gakken|絵本「ちっちゃな おさかなちゃん」YouTubeプロモーション動

WEBCM・広告動画制作の費用相場と作業内容は一般的に以下のように分けられます。

費用相場 作業内容
10万円~50万円 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加
50万円~100万円 オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入
100万円~200万円 スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

WEBCMやWEB広告動画は、商品やサービスの魅力を伝えるための効果的なツールです。しかし、動画制作には撮影、編集、ナレーションの収録、素材の作成、BGMの追加などさまざまな作業があります。これらの要素によって、動画制作の費用は大きく変わります。

WEBCM・広告動画の制作にかかる費用相場は、一般的に10万円~200万円と幅広いです。15秒程度の短い尺でSNSたYouTubeで配信される動画であれば、比較的安価に制作されます。しかし、芸能人をキャスティングしたような高いクオリティのWEBCMであれば、100万円~200万円程度かかることもあります。

ここでは、 WEBCMやWEB広告に用いられる動画の制作費用における相場を、作業内容に分けて3段階で解説します。

また、動画広告の媒体の選び方については、以下の記事でも紹介しています。

WEBCMの効果や成功事例については、以下の記事もおすすめです。

なお、ムビサクでは広告動画の豊富な制作実績があります。ぜひ参考にしてください。

広告動画制作の詳細はこちら

WEBCMの制作も承っていますので、以下をご覧ください。

WEBCM制作の詳細はこちら

10万円~50万円の作業内容

WEBCM・広告動画制作を10万円~50万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 YouTube・Facebook・Instagram・TikTokでの販売促進
特徴 動画尺が15秒~1分程度で短くまとめた動画
できること 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加

10万円~50万円の費用相場で依頼できるWEBCM・広告動画としては、15秒~1分程度の短い動画です。

YouTubeやSNSでのキャンペーン告知として、メッセージを絞った動画で、サービスサイトへのアクセスや商品の購入を促します。

50万円~100万円の作業内容

WEBCM・広告動画制作を50万円~100万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 印象的な広告で商品やサービスの認知を拡大
特徴 動画尺が1分~10分程度で詳しくまとめた動画
できること オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入

50万円~100万円で作られるWEBCM・広告動画では、商品やサービスの機能やメリットを紹介することで、認知拡大を目的としています。

オリジナルイラストやナレーションが含まれることで、より魅力的なプロモーションにつながり、販売促進だけではなく、ユーザーに印象づける効果も期待できます。

100万円~200万円の作業内容

WEBCM・広告動画制作を100万円~200万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 商品やサービスの大々的なプロモーションとブランディング
特徴 動画尺が10分以上で充実した内容の動画
できること スタジオやロケ地でモデルを用いた撮影・楽曲作成

100万円~200万円で作られる WEBCM・広告動画は、主に大々的なプロモーションやブランディングに用いられます。

豪華でインパクトのある映像表現には、有名人をキャスティングすることも多くあります。また、有名アーティストによる楽曲作成を含む場合もあり、商品やサービスだけではなく企業自体の信頼性の向上にもつながります。

WEBCM・広告動画制作の費用を安く抑えるポイント

WEBCM・広告動画制作の費用を安く抑えるには、以下のポイントに注意してください。

  • なるべく短い動画尺にまとめる
  • 過去に制作した動画を活用する
  • 動画を配信する広告媒体を絞る

なるべく短い動画尺にまとめる

WEBCM・広告動画を制作する際には、なるべく短い動画尺にまとめることが費用を安く抑えるポイントです。動画尺が長いと、編集にかかる時間や費用が増えてしまいます。また、視聴者の注意力が落ち、途中で視聴をやめてしまう可能性も高くなります。そのため、動画尺は必要最低限に抑えることが望ましいです。

例えば、WEBCM・広告動画で取り扱う商品やサービスを15秒程度のメッセージでまとめてみましょう。短い動画尺は、動画制作の効率を高めるだけではなく、印象に残りやすくまとめることで、効果的なマーケティングにつながります。

過去に制作した動画を活用する

WEBCM・広告動画の制作にかかる費用を抑えるには、過去に制作した動画を活用することもおすすめです。過去に制作した動画には、ロゴやキャッチコピー、BGM、ナレーションなど、再利用できる要素が多く含まれています。これらの要素を新しい動画に取り入れることで、撮影や編集にかかる時間や費用を削減することができます。

例えば、毎年年末年始にキャンペーンを告知する商品であれば、昨年のキャンペーン動画から価格や日付けを変更するだけでもよいでしょう。過去に制作した動画を活用することで、動画制作のコストパフォーマンスを高めることができます。

動画を配信する広告媒体を絞る

動画広告の配信には、YouTubeやInstagram、TikTokなどさまざまな媒体があります。WEBCM・広告動画を制作する際には、動画を配信する広告媒体を絞ることも費用を安く抑えるポイントです。動画を配信する広告媒体が多いと、制作にかかる費用や管理の手間が増えてしまいます。

また、広告媒体によっては、動画のサイズや形式、規約などが異なることもあります。媒体に合わせた動画の調整には、時間や費用がかかります。そのため、動画を配信する広告媒体は、ターゲットや目的に合わせて、最適なものを選ぶことが重要です。

アニメーション動画制作の費用相場

事例:スマサテ株式会社|不動産査定システムのサービス紹介動画

アニメーション動画制作の費用相場と作業内容は一般的に以下のように分けられます。

費用相場 作業内容
5万円~30万円 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加
30万円~80万円 オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入
80万円~100万円 撮影を用いた実写動画の組み合わせ・楽曲作成

アニメーション動画とは、イラストやテキストなどのグラフィック素材に動きをつけた動画のことです。アニメーション動画は、商品やサービスの紹介、ブランディング、教育や研修など、様々な目的で活用できます。

しかし、アニメーション動画の制作費は、表現方法や動画の尺、制作会社によって大きく異なります。5万円~30万円の相場では、主にテロップ追加などのシンプルな編集が行われます。一方で、80万円~100万円の相場では、アニメーション動画だけではなく、撮影を用いた実写動画を組み合わせたクオリティの高い映像表現も可能です。

ここでは、 アニメーション動画の制作費用における相場を、作業内容に分けて3段階で解説します。

また、アニメーション動画の作り方については、以下の記事でも紹介しています。

一概にアニメーション動画といっても、さまざまな種類があります。ビジネスで活用できるアニメーション動画の種類に関しては、以下の記事もおすすめです。

なお、ムビサクではアニメーション動画の豊富な制作実績があります。ぜひ参考にしてください。

アニメーション動画制作の詳細はこちら

5万円~30万円の作業内容

アニメーション動画制作を5万円~30万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 YouTubeやSNSにおける商品やサービスの販売促進
特徴 動画尺が15秒~1分程度で短くまとめた動画
できること 動画編集・素材選定・テロップ追加・BGM追加

 5万円~30万円の費用相場で依頼できるアニメーション動画は、動画尺が15秒~1分程度が一般的です。そのため、YouTubeやSNSを中心とした動画広告に用いられます。

また、すでにある写真やイラストなどの静止画素材をつなぎ合わせたスライドショー動画にすることで、編集にかかる費用を抑えることも可能です。

30万円~80万円の作業内容

アニメーション動画制作を30万円~80万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 商品やサービスの仕組みをわかりやすく紹介する
特徴 動画尺が1分~10分程度で詳しくまとめた動画
できること オリジナルイラストの作成・ナレーションの収録・有料素材の購入

30万円~80万円で作られるアニメーション動画は、1分~10分程度の動画尺のため商品やサービスの仕組みをわかりやすく紹介するのに用いられます。

オリジナルイラストやナレーションが加わることで、視聴者がイメージしやすい動画になり、認知拡大や購買意欲の向上にもつながります。

80万円~100万円の作業内容

アニメーション動画制作を80万円~100万円の費用相場で依頼する際には、以下のような作業内容になります。

目的 企業やブランドのもつ世界観やストーリーを伝える
特徴 動画尺が10分以上で充実した内容の動画
できること 撮影を用いた実写動画の組み合わせ・楽曲作成

80万円~100万円の費用相場で制作されるアニメーション動画には、企業やブランドのもつ世界観やストーリーを伝えて、信頼や安心を訴求する役割があります。

また、アニメーション動画だけではなく、撮影を用いた実写動画を組み合わせて、より幅広い映像表現も可能になります。

アニメーション動画制作の費用を安く抑えるポイント

アニメーション動画制作の費用を安く抑えるには、以下のポイントに注意してください。

  • 商用利用可能な無料のフリー素材を活用する
  • 営業資料やパンフレットの画像を再利用する
  • 短く簡潔なメッセージにまとめる

商用利用可能な無料のフリー素材を活用する

アニメーション動画を制作する際には、オリジナルの素材を作ることが理想的ですが、時間やコストがかかります。そこで、商用利用可能な無料のフリー素材を活用することで、費用を安く抑えることができます。例えば、「Pixabay」や「イラストAC」などのフリー素材サイトでは、高品質な動画や画像を無料でダウンロードできます。

これらの素材を編集し、組み合わせることで、オリジナルのアニメーション動画を作ることができます。ただし、フリー素材を使う場合には、ライセンスや利用規約を確認して、著作権や肖像権の侵害にならないように注意しましょう。

営業資料やパンフレットの画像を再利用する

アニメーション動画を制作する目的のひとつは、自社の商品やサービスをわかりやすく紹介することです。そのため、既に作成してある営業資料やパンフレットの画像を再利用することで、費用を安く抑えることができます。

例えば、商品の写真やロゴ、グラフなどの画像をアニメーション動画の素材として使うことができます。その結果、素材の作成にかかる時間やコストを削減できるだけでなく、ブランドに統一感を持たせて、商品やサービスの認知度も高めることができます。

短く簡潔なメッセージにまとめる

アニメーション動画を制作する際には、長すぎると視聴者の興味関心を損なう懸念があります。そのため、短く簡潔なメッセージにまとめることで、制作にかかる費用を安く抑えることができます。

例えば、アニメーション動画の長さを1分以内にすることで、素材の量や編集の手間を減らすことができます。また、メッセージを明確にすることで、視聴者に伝えたいことを効果的に伝えることができます。アニメーション動画のメッセージをまとめる際には、「誰に」、「何を」、「どのように」という3つの視点から考えることがおすすめです。

なお、ムビサクではさまざまな種類の高品質な動画を低価格で提供しています。ムビサクの豊富な動画制作の実績は、こちらからご覧ください。

無料相談も承っています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

1法人様1回限り
TRIALプラン

5万円~

初めて動画制作をご検討される方におすすめの、1法人様1回限りのお試しプランです。サービス紹介から採用活動まで幅広く活用いただいています。

【時間別】動画制作の費用相場

時間別の動画制作の費用相場

動画制作の費用相場は動画尺の長さによって異なります。また、同じ動画尺でも動画の種類によって、費用はさまざまです。

ここでは、1分・3分・5分・10分・30分の動画尺それぞれの一般的な費用の相場を紹介します。

1分間の動画制作の費用相場

1分間の動画の費用相場は以下のとおりです。それぞれの種類ごとに紹介します。

動画の種類 動画尺1分の費用相場
YouTube動画 40万円~70万円
会社・学校紹介動画 30万円~80万円
商品紹介動画 50万円~100万円
採用動画 50万円~100万円
研修・セミナー動画 50万円~100万円
WEBCM・広告動画 50万円~100万円
テレビCM 100万円~200万円
サービス紹介動画 50万円~100万円
インタビュー動画 20万円~70万円
イベント動画 30万円~100万円
マニュアル動画 20万円~70万円
ブランディング動画 100万円~300万円
展示会動画 40万円~100万円
IR動画 30万円~100万円
教育動画 50万円~100万円

3分間の動画制作の費用相場

3分間の動画の費用相場は以下のとおりです。それぞれの種類ごとに紹介します。

動画の種類 動画尺3分の費用相場
YouTube動画 50万円~80万円
会社・学校紹介動画 40万円~100万円
商品紹介動画 70万円~120万円
採用動画 70万円~200万円
研修・セミナー動画 60万円~120万円
WEBCM・広告動画 70万円~120万円
テレビCM 150万円~250万円
サービス紹介動画 70万円~120万円
インタビュー動画 50万円~100万円
イベント動画 50万円~150万円
マニュアル動画 30万円~80万円
ブランディング動画 150万円~350万円
展示会動画 60万円~100万円
IR動画 50万円~150万円
教育動画 60万円~120万円

5分間の動画制作の費用相場

5分間の動画の費用相場は以下のとおりです。それぞれの種類ごとに紹介します。

動画の種類 動画尺5分の費用相場
YouTube動画 50万円~90万円
会社・学校紹介動画 40万円~120万円
商品紹介動画 70万円~120万円
採用動画 70万円~270万円
研修・セミナー動画 70万円~150万円
WEBCM・広告動画 70万円~150万円
テレビCM 150万円~300万円
サービス紹介動画 70万円~150万円
インタビュー動画 60万円~120万円
イベント動画 70万円~170万円
マニュアル動画 40万円~90万円
ブランディング動画 170万円~370万円
展示会動画 80万円~150万円
IR動画 70万円~170万円
教育動画 70万円~150万円

10分間の動画制作の費用相場

10分間の動画の費用相場は以下のとおりです。それぞれの種類ごとに紹介します。

動画の種類 動画尺10分の費用相場
YouTube動画 60万円~90万円
会社・学校紹介動画 50万円~150万円
商品紹介動画 80万円~150万円
採用動画 100万円~250万円
研修・セミナー動画 80万円~150万円
WEBCM・広告動画 100万円~150万円
テレビCM 200万円~300万円
サービス紹介動画 80万円~150万円
インタビュー動画 70万円~150万円
イベント動画 100万円~200万円
マニュアル動画 50万円~100万円
ブランディング動画 200万円~400万円
展示会動画 100万円~200万円
IR動画 100万円~200万円
教育動画 80万円~150万円

30分間の動画制作の費用相場

30分間の動画の費用相場は以下のとおりです。それぞれの種類ごとに紹介します。

動画の種類 動画尺30分の費用相場
YouTube動画 70万円~100万円
会社・学校紹介動画 100万円~200万円
商品紹介動画 100万円~200万円
採用動画 300万円~
研修・セミナー動画 100万円~200万円
WEBCM・広告動画 200万円~300万円
テレビCM 300万円~
サービス紹介動画 100万円~200万円
インタビュー動画 100万円~200万円
イベント動画 200万円~300万円
マニュアル動画 100万円~200万円
ブランディング動画 400万円~
展示会動画 200万円~300万円
IR動画 200万円~300万円
教育動画 100万円~200万円

動画によって料金が異なる4つの要因

同じ種類の動画でも料金が上下する要因

同じ種類の動画でも料金が上下する要因として、以下の4つがあります。

  • 要因1:動画の時間
  • 要因2:動画制作の工程数
  • 要因3:動画の表現方法
  • 要因4:依頼先

動画によって料金が異なる要因がわかることで、自社で制作する動画の方針を決められるかもしれません。

要因1:動画の時間

動画の時間が長いほど各工程の工数が増えるため、人件費増加によって制作費が大きくなります。 仮に1分の動画を作成する予定が、打ち合わせの結果2分の動画を制作することになったとしましょう。 動画の時間が2倍になるため、単純計算で2倍の工数が発生します。企業によって制作費は異なりますが、工数が2倍になることで制作費も2倍になる可能性があるのです。

工数を抑えて制作費を安くするには、スケジュールを入念に立てて実行する必要があります。

要因2:動画制作の工程数

企画〜納品までに依頼する作業内容によって料金が異なります。

たとえば、実写動画を制作する場合、以下の工程があるとしましょう。

  • 企画(構成案・シナリオ作成)
  • 撮影(キャスティング・スタジオのレンタル・機材の準備)
  • 編集(テロップ・BGM挿入)

上記の工程にはそれぞれ担当者がおり、依頼した工程の分だけ人件費が発生します。

しかし、自社で企画~撮影まで担当した場合、編集しか制作費がかかりません。業務依頼の工程を減らすことで制作会社への制作費を削減できます。

要因3:動画の表現方法

実写やアニメーションなど、表現方法が異なるだけでも制作費が変わります。基本的に実写では撮影費が発生するため、アニメーションよりも費用が高くなる傾向にあります。 ただし、アニメーションの種類によっても制作費が異なるので注意しましょう。 たとえば、リアリティのあるCGでアニメーションを制作した場合、実写より制作費が高くなることがあります。

オリジナルイラストの製作数が多いほどイラスト制作費が増えるので、発注する際は気を付けてください。

アニメーション動画における表現方法については、こちらの記事を参考にしてください。

要因4:依頼先

動画制作の発注先には以下の3つがあります。

  • 広告代理店
  • 動画制作会社
  • フリーランス

それぞれ制作費や動画のクオリティなどが異なります。「どこに依頼すれば自社の予算や目的に合う動画を作成できるか」を把握するために詳しく見てみましょう。

広告代理店

広告代理店では、自社の目的に合わせて動画の企画から編集までを担当してくれます。 広告の販売がメインの事業であるため、制作した動画によって目標を達成できるよう広告戦略まで提案してくれるでしょう。

ただし、広告代理店は基本的に動画制作を外注しているため、外注の手数料が発生して制作費が高額になりやすい点には注意してください。 予算に余裕がある方や動画の効果を最大限に引き出したい場合は、広告代理店を選ぶといいでしょう。

動画制作会社

動画制作会社は動画制作を請け負っている会社で、動画の企画構成から編集まですべて一貫して依頼できます。 社内でクリエイターを抱えている企業もあれば、外部のクリエイターに委託して制作している企業もあります。

法人であるため契約がしっかりしており、動画のクオリティが担保されているのが特徴です。 料金も広告代理店より安いため、動画制作を信頼できる会社に依頼したい方はおすすめです。

フリーランス

フリーランスは作業工程の一部分を依頼する場合に有効です。

クラウドソーシングサイトの案件を見てみると、以下のような業務を依頼できます。

  • 動画編集
  • ナレーション
  • BGM作成
  • 絵コンテ作成
  • シナリオ作成

担当する作業範囲が狭い分、比較的料金が安い傾向にあります。ただし、スキル不足でクオリティの低い人や納期を守らない人も少なくありません。

依頼の価格相場はクラウドソーシングのサイトで記載されているので、興味のある方は目を通してみましょう。

参考:クラウドワークス

動画制作の料金を抑える5つの方法

動画制作の料金を抑える5つの方法

動画制作費は1本あたり10万円以上することが多く、非常に高額と感じる方もいるでしょう。

制作費をできるだけ抑えたいのであれば、以下の5つのことを実施してみてください。

  • 方法1:事前に動画のイメージを考えておく
  • 方法2:動画素材や台本を自社で用意する
  • 方法3:複数の企業に見積もりを依頼する
  • 方法4:フリー素材を活用する
  • 方法5:修正回数を少なくする

予算が限られている方や低価格で制作したい方は必見です。

方法1:事前に動画のイメージを考えておく

通常、企画・構成案を事前に考えておくと、制作会社で発生する企画の工数を削減できるので制作費を抑えられます

企画を自社で考える際は具体的に以下のようなことを細かく決めておきましょう。

  • 何のために動画を制作するのか?
  • アニメーションか実写どちらでやるか?
  • どのような構成にするか?
  • 必要な機材は何か?
  • 参考になる動画はないか?

もし上記のように企画を自社である程度決めていたら、打ち合わせがスムーズに進むため、制作会社の工数が減ります。 逆に動画のイメージがあやふやなままだと、思ったような動画ができず、大幅な修正を依頼することになりかねません。修正が必要になった結果、より費用が増える可能性があります。 ただし、企画や構成案が無料の制作会社もあるので、企画を考えずにすべてお任せするというのもひとつの手です

方法2:動画素材や台本を自社で用意する

動画素材や台本など自社で用意できるものを事前に揃えることで、制作会社へ依頼する作業範囲が減るため安く抑えられます

とくに撮影は以下のことを検討すれば、大きく費用を削減できます。

  • 撮影は社内でできないか?
  • 出演者を自社の社員でできないか?
  • 自社のカメラを使用できないか?
  • 撮影は1日でできないか?

有名な役者の起用によるブランディングが目的の場合や、難しい演技が求められる場合以外はできる限り動画を内製化しましょう。

方法3:複数の企業に見積もりを依頼する

同じ動画を依頼しても制作会社によって料金が異なるため、相見積もりをして費用対効果の高い会社を選びましょう。 見積もりを確認するポイントとして、わからないところがあれば徹底的に質問することが大切です。

とくに見積もり価格が安いところは「なぜ安いのか」を聞いておきましょう。見積もりで安い会社だとしても、後々別途で費用が発生する可能性があるためです。 制作費が安い理由や高い理由をしっかり把握して、契約後トラブルが起きないようにしてください。

方法4:フリー素材を活用する

画像やイラスト、BGMなど特別なこだわりがなければ、積極的にフリー素材を活用しましょう。 すべてオリジナルの素材にすると制作費が膨れ上がります。オリジナルのBGMを制作依頼した場合、著作権に関する諸費用も発生するため、さらに費用がかかるでしょう。 ブランディングに関わる重要な部分でない箇所は、フリー素材の活用をおすすめします。

方法5:修正回数を少なくする

制作会社によって異なりますが、修正回数に応じて料金が発生する場合があります。とくに台本が大きく変更する場合、工数増大によって制作費が増えかねません。 修正費用によるトラブルが起きないためにも、契約時に修正回数の制限を決めておきましょう。

また、修正依頼を減らすには、事前に制作会社と企画や構成のイメージを共有することが大切です。 1回目の納品でほとんど修正がいらない状態で制作することで修正費用の発生を防げるでしょう。

動画制作料金のよくあるご質問

動画制作料金についてのご質問はかなり多くいただきます。その中から、頻度の高いものへの回答をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

動画広告の制作単価はいくらですか?
テレビCMやWEB広告にもよりますが、相場は100万円~400万円です。とくにテレビCMは芸能人のキャスティングや撮影スタジオやロケ地の確保など費用がかさむことが多くあります。一方で、WEB広告では撮影を伴わないアニメーション動画を用いることで相場の料金より安く制作することも可能です。
1分の動画制作の料金はいくらですか?
1分の動画を制作する際にかかる料金は、一般的に40万円~100万円です。ただし、撮影やナレーションの有無でも料金は変わっていきます。動画の尺が長くなってしまうと、費用もかさんでしまうため、動画を制作する目的や用途を明確にして短く簡潔に収めることがおすすめです。
YouTubeやSNSで配信する動画はいくらで制作できますか?
動画尺や撮影の有無にもよりますが、一般的には数10万円~100万円ほどの料金で制作できます。ただし、芸能人やインフルエンサーをキャスティングする場合や、スタジオを借りて撮影をする場合など、クオリティにこだわると高額になってしまうことも多いです。
YouTubeやInstagram、TikTokなどで動画を配信する場合は、継続的に投稿していくことが大切です。そのため、料金は比較的安価に抑えて、長く続けられる予算で検討していくことがおすすめです。

まとめ

低コストで動画を制作したいなら「ムビサク」を利用しよう

動画の料金は以下の要因によって料金が異なります。

  • 動画の種類
  • 動画の長さ
  • 動画の工程数
  • 動画の表現方法
  • 依頼先

動画の料金を抑えたいのであれば、上記を意識して企画を立てるといいでしょう。

自社で企画や動画素材、シナリオなどを準備して依頼すると制作費を削減できるので、できる範囲で実施してみてください。 なお、動画制作費は各社で大きく異なるため、安く済ませたい場合は低コストに強みのある制作会社に依頼することが大切です。

もし低コストでアニメーション動画を作成したいと考えている方は、弊社のサービス「ムビサク」を利用してみてはいかがでしょうか。 ムビサクは最低5万円からアニメーションを作成できる動画制作サービスです。15秒程度の広告動画から5分程度の商品・サービス紹介動画まで幅広い動画制作を承っています。

企画・構成案は無料であり、低価格で企画から納品まで丸投げできます。もし動画制作について相談したい方は無料相談をしていますので、下記リンクからお気軽にご相談ください

ムビサクでは様々な種類の動画を制作していますので、ぜひ一度ご相談ください。

1法人様1回限り
TRIALプラン

5万円~

初めて動画制作をご検討される方におすすめの、1法人様1回限りのお試しプランです。サービス紹介から採用活動まで幅広く活用いただいています。

また、ムビサクには豊富な動画制作の実績がありますので、こちらからご覧ください。

この記事の監修者

コラム検索

コラムカテゴリ

目次

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ