企業向けDX推進動画制作・映像制作支援サービス

企業のDX推進を動画活用でサポート

ムビサクでは、企業のDX推進を動画活用でサポートすべく、企業向けDX推進動画制作・映像制作支援サービスを提供しています。IT技術の進歩に伴い、様々な場面で耳にするDX推進という言葉ですが、企業のビジネスシーンにおいても重要視されてきています。しかし、企業のDX化は言葉ではイメージしづらくPRする手段や経験のない方も多いため、何から始めればよいかわからない、というご担当者が多いのも現状です。

ムビサクは、DX推進動画制作で企業の「伝わらない」を解決します。DX推進動画を相場よりも低価格で短納期かつハイクオリティに提案します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

DXとは、デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の略称で、直訳すると「デジタル変革」という意味です。 DXという概念は、スウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって2004年に提唱され、デジタル技術が人々の生活をより豊かなものにしていうというものです。DXの定義として経済産業省は「DX推進ガイドライン」にまとめています。「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義しており、DXの推進はあらゆる企業にとって、現代の激しく変わりゆく市場で競合他社との差別化としてより重要なポイントになっていきます。

参考:経済産業省 「DX 推進指標」とそのガイダンス(PDF)

DX(デジタルトランスフォーメーション)イメージ画像

企業がDX推進に取り組む際の課題

DXという言葉を耳にする機会も増え、DXの推進に力を注ぐ企業も多くいます。しかし、DXに対するイメージが曖昧なままの企業もあり、DX推進に対して何から取り組めばわからないこともあります。DX推進における課題は以下のようなものがあります。

  • 取り組んだ内容が見えない

    取り組んだ
    内容が見えない

    企業全体でDXに取り組む際、制度や方針の整備、予算組みに時間がかかってしまいがちです。一方で、DX推進による効果が出るまでに時間がかかり、成果も見えづらいです。加えて、DX推進にかかる費用対効果がわからなければ、さらなるDX化も難しくなります。

  • プレスリリースが伝わらない

    プレスリリースが
    伝わらない

    企業でのDX化はプレスリリースとして社外広報に活用することができます。しかし、DX推進の多くが社内向けのシステム導入や運用方針の変革であり、文字や画像では伝わりづらいです。社外へのアピールがなければビジネスシーンに活用しづらい取り組みになります。

  • 社員への研修活動ができない

    社員への
    研修活動ができない

    DXの推進には社員への教育や研修が必要不可欠です。いかに画期的なDXツールを導入したとしても、実際に現場で使われなければ、業務の効率化は進みません。
    DX化に取り残された企業は求職者からのイメージダウンにもつながります。

企業がDX推進に取り組むべき理由

DXが注目される昨今、企業の経営にはDX推進が求められています。企業がDX推進に取り組むべき主な理由として、以下の項目があげられます。

01

企業の
生産性向上につながる

DXに取り組み、デジタル化することで企業の生産性向上につながります。DX推進により今まで計測できなかった業務を数値化することができ、データの分析からさらなる業務の改善が見込めます。既存事業にかかるコストを見直すことで削減された時間や費用は、新規事業など新たなビジネスへの挑戦に充てることもできます。

02

時間がかかるため早めに
取り組む必要がある

DX推進は企業全体で取り組むことが多いです。大規模な体制の変更には多くの予算や時間がかかります。加えて、社員への浸透や成果が計測できるまでにも時間がかかるため中長期的な取り組みになります。そのため、DX化に必要なツールの選定や見直しを含めて早めに取り組む必要があります。

03

デジタル化への柔軟な
対応が求められる

テクノロジーの発展に加えて、新型コロナウイルスの流行からテレワークなどのオンラインを活用することも増えてきました。デジタル化への柔軟な対応が求められている現代では、DX推進への取り組みに後ろ向きな企業は、消費者にとって不便なサービスとして目立ってしまいます。また、求職者にとってもDX化されていない企業は徐々に選ばれなくなっていきます。

DX推進に企業が動画を
活用するメリット

DX推進動画を制作するメリットを解説します。企業がDX推進に動画を活用することにはいくつかの大きなメリットがあります。様々なシーンで視聴しやすい動画ならではのメリットは、企業のDX化を加速させます。

01

いつでもどこでも
動画を視聴できる

制作されたDX推進動画は社内のデータベースやYouTubeチャンネルにアップロードすることで、いつでもどこでも視聴することができます。社員研修向けのDX推進動画であれば、テレワーク中の自宅でも動画を視聴することができます。また、クライアントや消費者向けのDX推進動画を作っておけば、メールに添付して視聴してもらうこともできます。

02

目に見えない情報を
イメージしやすい

DX推進はシステムの導入など目に見えないことも多いです。動画のなかでもアニメーションでDX推進動画を制作することで、サービス導入による効果を視聴者にイメージさせやすくなります。加えて、動きがあることで写真や図では伝わりづらかった操作方法などのマニュアルも直感的に伝わりやすくなりなります。

03

より多くの情報を
伝えられる

DX推進動画は、テキストや写真よりも多くの情報を伝えることができることもメリットです。企業のDX化に対する取り組みをプレスリリースとして配信する際も、従来の文章や画像だけのリリースではDXによる効果や魅力を伝えることが難しいです。プレスリリースにDX推進動画を活用することで、テクノロジーによる恩恵を分かりやすく伝えることができます。

企業向けDX推進動画の種類と事例

企業のDX推進に活用される動画には、大きく社外向けの営業活動に用いられる動画と、社内向けの研修動画に分かれます。それぞれどのようなDX推進動画にすればよいか解説していきます。

営業活動でのDX推進動画

営業活動での
DX推進動画

商談プレゼンなどの営業活動でDX推進動画は活用されています。チラシやパンフレットといった紙での営業資料では、商品やサービスの細かい仕組みや利用イメージがつきづらく、競合他社との差別化が難しいこともあります。営業資料や営業ツールを動画化することで、購入後の利用イメージが浮かびやすく。

採用活動でのDX推進動画

採用活動での
DX推進動画

DX推進動画は採用活動にも取り入れられています。社内のDX化によるテレワークや在宅勤務の推進、業務管理のシステム化は、求職者にとって企業を選ぶポイントにもなります。よりよい労働環境をアピールするDX推進動画を制作することで、入社後のギャップを防ぎ、早期離職を減らす効果があります。

社内研修でのDX推進動画

社内研修での
DX推進動画

働く社員や店舗スタッフの教育・研修にもDX推進動画は活用されています。DXを進めるにあたって、新しいシステムの導入やデータの収集が必要になります。そのため、DX推進には社員教育が必要になっていきます。従来の紙でのマニュアルでは伝えられる情報が限られていましたが、DX推進動画を制作することで具体的に学ぶことができます。

動画でDXを
推進させるポイント

企業が動画でDXを推進させるにはいくつかの押さえておくべきポイントがあります。DX推進動画を制作する際には、以下のポイントに気を付けて着手しましょう。

  • 会社や事業全体でDX推進動画の活用を検討する

    DX推進動画は企業のあらゆるシーンで利用可能です。そのため、会社や事業全体でDX推進動画の活用を検討することが成功につながるポイントになります。DX推進動画は、営業シーンでの商談プレゼンから、顧客向けのカスタマーサポート、社員向けの研修まで様々な分野に向けて作られています。それぞれのシーンに合わせて制作していきましょう。

  • 制作会社と協力して動画制作できる体制を構築する

    DXに関して社内での運用方針が動画制作会社に伝わらないと、想定していたイメージとは異なる動画になってしまうこともあります。DX推進動画の目的は、制作して終わりではありません。制作した動画がどのように企業のコスト削減や利益の拡大につながるのか分析していく必要があります。そのためには制作会社と協力していくことがポイントです。

  • 動画への消極的な気持ちを払拭する

    動画制作に関して社内で打ち合わせをする際に、動画に対して消極的な意見も出てくることもあるかもしれません。動画制作はお金がかかることや、納期まで時間がかかってしまうことが懸念になります。ムビサクの企業向けDX推進動画制作・映像制作支援サービスでは、ハイクオリティな動画を低価格・短納期で制作しますので一度お気軽にご相談ください。

ムビサクが選ばれる
5つの理由

  • 相場以下の低価格で高品質な動画を

    相場以下の低価格で
    高品質な動画を

    ムビサクでは、販促にかかる外注コストを削減することで、低価格な動画の納品を実現します。初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、低価格で高品質な動画制作サービスを提供します。

  • 最短10営業日のスピード納品

    最短10営業日の
    スピード納品

    お問い合わせから2営業日以内に担当者よりご連絡を差し上げます。(※土・日・祝日を除く)迅速にヒアリングまで行えるため「急いで制作したい」というお客様のご要望にも柔軟に対応が可能です。

  • 企画やアイデア出しから丸投げOK

    企画やアイデア出し
    から丸投げOK

    動画の構成や訴求したいポイントがお決まりでない場合もお気軽にご相談ください。企画やアイデア出しの段階からご提案できるため、動画制作が初めてでも安心のクオリティで納品が可能です。

  • 徹底した事前ヒアリング

    徹底した
    事前ヒアリング

    ムビサクでは、ご契約前にお客様のプロモーション活動についてお悩みを徹底的にヒアリングいたします。業種や用途にあった動画を制作できるため、「イメージと違った!」という制作後のギャップを防ぎます。

  • 契約前でも動画の企画と構成案は無料

    契約前でも動画の
    企画と構成案は無料

    ムビサクでは、初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、ご契約前のヒアリングから企画・構成案を作成します。制作開始前に適宜ミーティングを設けてお客様のご要望を反映しますので、しっかりご納得いただけた後に動画制作を開始できます。

動画制作の流れ

動画制作は、企画提案などのプランニングの段階から動画納品までワンストップで提供します。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 1
    お問い合わせ
    お問い合わせ

    お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。ご相談やお見積もりは無料で対応します。

  • 2
    ヒアリング
    ヒアリング

    ヒアリングシートをお送りします。記載いただいたヒアリングシートを基に、お打ち合わせを行います。

  • 3
    お見積もり&構成案
    お見積もり&構成案

    お打ち合わせでヒアリングした内容からお見積もりの作成と企画・構成を行います。

  • 4
    ご契約
    ご契約

    ご依頼いただく際には、お見積もりと構成案の内容を基に契約書を作成したうえでご契約となります。

  • 5
    絵コンテ作成
    絵コンテ作成

    構成案を基にしてシナリオおよび絵コンテの作成を行います。企画内容を具体化していく作業です。

  • 6
    動画制作
    動画制作

    絵コンテから動画制作開始します。図やオリジナルイラストを作成して映像作品に仕上げていきます。

  • 7
    初稿チェック&修正
    初稿チェック&修正

    完成した動画を初稿として提出します。内容に誤りがないかチェックをしていただきます。

  • 8
    納品
    納品

    修正が完了した動画を改めて納品します。動画の目的や用途に応じたフォーマットで納品対応が可能です。

DX推進動画における企業からの
よくあるご質問

ムビサクの企業向けDX推進動画制作・映像制作支援サービスに関して質問と回答をQ&A形式で公開しています。
その他ご不明な点などございましたら、お気軽にご質問ください。

DX推進動画の制作を依頼する前に準備しておくことはありますか?
特にありませんが、動画の目的や用途、制作にかかる予算、納期を明確にしておくとスムーズにお話が進みます。
ムビサクでは企画・構成案の段階からサポート可能なため、動画の訴求ポイントや構成について、明確なイメージができていない方でも安心してご依頼いただけます。初めてご検討される方はこちらもご覧ください。
初めてご検討される方へ
DX推進動画の制作にあたりどのぐらいの手間がかかりますか?
手間はほとんどかかりません。事前のヒアリングと修正確認のみでワンストップで制作が可能です。
もちろん、安心して動画制作をご依頼いただけるように、ご納得いただくまでお打ち合わせをいたします。
ムビサクのサービス内容についてはこちらをご覧ください。
ムビサクについて詳しく見る
お見積もりだけでも可能ですか?
可能です。ムビサクではお見積もりは無料です。お気軽にDX推進動画の制作イメージやご予算についてお聞かせください。
ムビサクの価格・料金プランについてはこちらをご覧ください。
ムビサクの価格・料金プランを見る
03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ