タクシー動画広告の作成

タクシー動画広告で
ビジネスマンにアプローチ

タクシー動画広告とは、タクシーの後部座席に設置されたモニターから配信される動画広告です。窓に貼るステッカーや座席に配置されたパンフレットが、これまでのタクシー広告の主流でした。タクシー動画広告は、ニュースやエンタメなどの動画コンテンツの合間に、タクシーの乗客をターゲットにした動画広告がモニターから流れる仕組みになっています。ビジネスマンや経営者など普段からタクシーを利用するユーザーに向けたアプローチが可能です。

タクシー動画広告を
活用するメリット

01

経営者や富裕層への
アプローチができる

タクシー動画広告を活用することで、ビジネスマンだけではなく日常的にタクシーを利用する経営者や富裕層へのアプローチができる、というメリットがあります。電車やバスなどの公共交通機関より利用料金が高いタクシーは管理職や決裁権を持つ利用者が多い傾向があります。決裁者にダイレクトに訴求できるためBtoB商材などにもおすすめです。

02

繰り返し視聴されて
記憶に残りやすい

繰り返し視聴されるため記憶に残りやすい、という点もタクシー動画広告のメリットです。同じ広告に何度も触れることで、企業や商品・サービスに良いイメージを持ちやすくなる効果も期待できます。また、ステッカーやパンフレットなどの紙媒体の広告に比べ、動画広告はダイナミックな映像表現で印象に残りやすくなります。

03

広告を最後まで
視聴してもらいやすい

タクシー動画広告は、後部座席に設置されたモニターから流れるため、広告を最後まで視聴してもらいやすい媒体です。乗客は着席して広告を視聴するため、意識せずとも広告に注目してもらうことができます。また、タクシーではニュースやエンタメなどのコンテンツの流れるため、モニターに視線を集めやすくなり、広告にも興味を持ってもらうことが期待できます。

タクシー動画広告の利用シーン

タクシー動画広告は様々なシーンで利用可能です。代表的な利用シーンを解説します。この他にも多数のシーンで利用可能ですので、まずは一度ご相談ください。

01

企業ブランディング

タクシー動画広告は企業ブランディングに利用されています。ニュースやエンタメなどの動画コンテンツの合間に流れるため、テレビCMのように企業のビジョンや世界観を訴求できます。タクシー動画広告は、大手企業や上場企業以外の企業ブランディングにも効果的です。タクシーの利用者はビジネスマンや経営者も多いため、ニッチな業界やベンチャー企業でも、効率良く企業を知ってもらうことができます。

02

BtoBサービスの認知拡大

BtoBサービスの認知拡大にもタクシー動画広告は利用されています。一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会が実施した「2021年度(第30回)タクシーに関するアンケート調査結果」によると、会社経営者の75%、会社員の32%が月に4回以上タクシーに乗車しています。会社経営者や会社員をターゲットに、平日の昼間など仕事をしている時間帯にサービスを訴求することができます。業務に対する課題を意識した状態であるため、クラウドシステムや工場設備などのBtoBサービスの動画広告にも興味を持って視聴してもらうことが期待できます。
参考:一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会(PDF)

03

投資・高額商材の
リード獲得

不動産投資や自動車などの高額商材のリード獲得にもタクシー動画広告が利用されています。公共交通機関よりも利用料金の高いタクシーは、ビジネスマンのほか経営者や富裕層の利用も多いため、高額商材に興味を持ってもらいやすくなります。また、タクシーでは目線の高さのモニターから広告が流れるため、じっくりと注目して広告を視聴してもらうことで購買意欲を高める効果も期待できます。

タクシー動画広告を
作成する際のポイント

タクシー動画広告を作成する際には、ポイントを押さえておくことで効果的な動画広告にすることが可能です。具体的にどのように作成を進めていけばよいのか、ポイントに分けて紹介します。

01

ターゲットと配信エリアを
明確にしておく

タクシー動画広告を作成する際にはターゲットと配信エリアを明確にしておくことがポイントです。タクシー動画広告は、テレビCMなどの媒体と比較して、乗客の属性をセグメントしやすい媒体です。しかし、タクシーの乗客は曜日や時間帯によって様々なため、あらかじめターゲットを決めて動画を作りましょう。また、広告を配信するエリアによっても乗客の属性が異なります。BtoBサービスの認知度拡大であれば、ビジネス街に近い地域で配信することがおすすめです。また、外国人の多い地域では、多言語のテロップを用意するのも効果的です。

02

飽きのこない
動画構成にする

タクシー動画広告は、YouTubeやSNSの広告と異なりスキップすることができません。そのため、視聴者に興味がないと判断されれば、スマホや窓の外の景色に視線が逸れてしまい最後まで視聴してもらえなくなります。タクシー広告として流す動画を最後まで視聴してもらうためには、ストーリー性のある構成にしたり、ダイナミックな映像表現を活用してみることがおすすめです。また、キャラクターやイラストを用いたアニメーションで興味を惹くことも動画に興味を持ってもらうためには効果的です。

03

配信される環境を
調査しておく

タクシー動画広告は、配信するタクシー会社によって環境が異なります。設置されているタブレットやサイネージによっては、音声が出ない場合もあります。そのため、タクシー動画広告を作成する前に、どのような環境で動画が配信されるのか調査しておきましょう。また、音声が出ない場合にも備えて、ナレーションにはテロップを加えておくことがおすすめです。画面の大きさに合わせて見やすいサイズとフォントにして、伝えたいメッセージが視聴者に届くように心がけましょう。

ムビサクが選ばれる
5つの理由

  • 相場以下の低価格で高品質な動画を

    相場以下の低価格で
    高品質な動画を

    ムビサクでは、販促にかかる外注コストを削減することで、低価格な動画の納品を実現します。初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、低価格で高品質な動画制作サービスを提供します。

  • 最短10営業日のスピード納品

    最短10営業日の
    スピード納品

    お問い合わせから2営業日以内に担当者よりご連絡を差し上げます。(※土・日・祝日を除く)迅速にヒアリングまで行えるため「急いで制作したい」というお客様のご要望にも柔軟に対応が可能です。

  • 企画やアイデア出しから丸投げOK

    企画やアイデア出し
    から丸投げOK

    動画の構成や訴求したいポイントがお決まりでない場合もお気軽にご相談ください。企画やアイデア出しの段階からご提案できるため、動画制作が初めてでも安心のクオリティで納品が可能です。

  • 徹底した事前ヒアリング

    徹底した
    事前ヒアリング

    ムビサクでは、ご契約前にお客様のプロモーション活動についてお悩みを徹底的にヒアリングいたします。業種や用途にあった動画を制作できるため、「イメージと違った!」という制作後のギャップを防ぎます。

  • 契約前でも動画の企画と構成案は無料

    契約前でも動画の
    企画と構成案は無料

    ムビサクでは、初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、ご契約前のヒアリングから企画・構成案を作成します。制作開始前に適宜ミーティングを設けてお客様のご要望を反映しますので、しっかりご納得いただけた後に動画制作を開始できます。

動画制作の流れ

動画制作は、企画提案などのプランニングの段階から動画納品までワンストップで提供します。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 1
    お問い合わせ
    お問い合わせ

    お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。ご相談やお見積もりは無料で対応します。

  • 2
    ヒアリング
    ヒアリング

    ヒアリングシートをお送りします。記載いただいたヒアリングシートを基に、お打ち合わせを行います。

  • 3
    お見積もり&構成案
    お見積もり&構成案

    お打ち合わせでヒアリングした内容からお見積もりの作成と企画・構成を行います。

  • 4
    ご契約
    ご契約

    ご依頼いただく際には、お見積もりと構成案の内容を基に契約書を作成したうえでご契約となります。

  • 5
    絵コンテ作成
    絵コンテ作成

    構成案を基にしてシナリオおよび絵コンテの作成を行います。企画内容を具体化していく作業です。

  • 6
    動画制作
    動画制作

    絵コンテから動画制作開始します。図やオリジナルイラストを作成して映像作品に仕上げていきます。

  • 7
    初稿チェック&修正
    初稿チェック&修正

    完成した動画を初稿として提出します。内容に誤りがないかチェックをしていただきます。

  • 8
    納品
    納品

    修正が完了した動画を改めて納品します。動画の目的や用途に応じたフォーマットで納品対応が可能です。

タクシー動画広告作成の
よくあるご質問

制作にあたりどのぐらいの手間がかかりますか?
事前のヒアリングと修正確認のみでワンストップで制作が可能です。
安心して動画制作をご依頼いただけるように、ご納得いただくまでお打ち合わせをいたします。
WEBサイトやパンフレットも制作可能ですか?
動画制作とあわせて企業のWEBサイトや広告用LPの制作から、紙媒体でのパンフレットやチラシまで幅広く制作を行っています。まずはお気軽にご相談ください。
複数のサービスで動画制作を検討しています。ボリュームディスカウントは可能ですか?
可能です。複数の動画でもお客様のご要望にあったコストパフォーマンスで制作が可能です。
専門のチームを発足して対応いたしますので、まずはお気軽にお見積もりをご相談ください。
著作権について教えてください。
納品とお支払いが完了した時点で、お客様に著作権を譲渡いたします。
二次利用も可能ですので、イラストレーターなどのプロジェクトファイルでの納品にも対応いたします。
他社とコンペを考えています。問題ありませんか?
問題ありません。他社と比較してお見積もり内容に納得いただけない場合でも、精一杯対応しますので改めてご相談ください。
03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ