Twitter動画広告の作成

Twitter動画広告を作成して
企業の魅力をツイート

Twitter動画広告とは、短いテキストと動画や写真を組み合わせて発信するTwitterを媒体とした動画広告です。タイムラインや検索結果に広告を出稿できるため、ユーザーの興味・関心をターゲットにした動画広告が可能です。Twitter動画広告は、「プロモーション」のアイコンが付くため、通常のツイートと区別されますが、フォローやいいね、リツイートなどのアクションが行えるため、「バズる」ことで多くのユーザーに拡散されることも期待できます。

Twitter動画広告を
活用するメリット

01

リアルタイム性の高い
訴求ができる

Twitter動画広告は、他のSNS動画広告と比較しリアルタイム性の高い訴求ができるメリットがあります。Twitterのタイムラインは更新する度に新しいツイートが表示されます。また、Twitterトレンドやニュースなどの機能は1日単位や、数時間単位で内容が入れ替わっていきます。トレンドを意識したプロモーションにすることで、ユーザーが今欲しい情報を伝えることができ、認知度の拡大や商品の購入につながります。

02

ツイートから
ターゲティングできる

Twitter動画広告は、言語や地域などのユーザー属性だけではなく、ユーザーのツイート内容からターゲッティングできる点もメリットです。発信しているツイートの内容からキーワードターゲティングをすることやフォローしているアカウントの傾向から興味・関心でターゲットを絞るフォロワーターゲティングまで可能です。商品・サービスに興味のありそうなターゲットを狙うことで効果的な広告配信が期待できます。

03

「バズる」ことで
情報が拡散される

広告に利用したツイートが「バズる」ことで多くのユーザーに拡散される点もTwitter動画広告のメリットです。インパクトのある映像やストーリー性のあるクリエイティブは、ユーザーの興味・関心を引きやすくなります。動画を視聴したユーザーがリツイートすることで、フォロワーに広がっていきます。拡散されたツイートには広告費が発生しないため、コストを抑えてプロモーション活動を行うことができます。

Twitter動画広告の種類と特徴

Twitter動画広告には様々種類がありますが、配信される場所も様々です。広告を出稿する目的やターゲットに合わせて広告のフォーマットを選びましょう。

代表的なTwitter動画広告のフォーマットは以下の6種類です。

・プロモビデオ広告(プロモ広告)
・プレロール広告(Amplifyプレロール広告)
・スポンサーシップビデオ広告(Amplifyスポンサーシップ広告)
・ビデオカンバセーショナル広告
・ビデオアプリカード広告(アプリボタン広告)
・プロモライブビデオ広告(Twitterライブ広告)

それぞれのTwitter動画広告の種類と特徴について解説します。
参考:Twitter「Twitter広告フォーマット」
参考:Twitter「広告クリエイティブの仕様」

  • プロモビデオ広告
    (プロモ広告)

    プロモビデオ広告(プロモ広告)とは、Twitterのタイムライン上に出稿する動画広告です。プロモ広告やインフィード広告とも呼ばれています。テキストやURLリンクと動画を組み合わせて作成します。ユーザーのタイムラインに表示されることが特徴であり、ツイートは280文字(全角の日本語では140文字)が上限と短いながらも、ユーザーの目に止まることで認知度の拡大やフォロワー獲得につながります。

  • プレロール広告
    (Amplifyプレロール広告)

    プレロール広告(Amplifyプレロール広告)とは、ユーザーが動画コンテンツを視聴する前に流れる動画広告です。プレロール広告は、Amplifyプレロール広告やインストリーム動画広告とも呼ばれています。大手TV会社やスポーツリーグ、報道機関などブランドセーフな選り抜きの動画パブリッシャーの動画コンテンツが流れる前に表示されることが特徴で、企業のブランディングに適した広告です。

  • スポンサーシップビデオ広告
    (Amplifyスポンサーシップ広告)

    スポンサーシップビデオ広告(Amplifyスポンサーシップ)とは、プレロール広告と同様に動画コンテンツが流れる前に配信される動画広告です。スポンサーシップビデオ広告は、 Amplifyスポンサーシップ広告とも呼ばれます。プレロール広告では、広告主が複数の動画カテゴリを選び広告出稿を行いますが、スポンサーシップビデオ広告では、特定の動画パブリッシャーにのみ広告を配信できることが特徴です。

  • ビデオカンバセーショナル広告

    ビデオカンバセーショナル広告とは、Twitterの機能のひとつであるカンバセーショナルカードを利用した動画広告です。ツイートする広告の動画や画像とともにハッシュタグを加えたCTAボタンを設置することで、ユーザーのアクションを誘導する特徴があります。広告を閲覧したユーザーはボタンを押すだけで簡単にツイートを作成できるため、ツイートのハードルが下がり、多くの人への拡散が期待できます。

  • ビデオアプリカード広告
    (アプリボタン広告)

    ビデオアプリカード広告(アプリボタン広告)とは、Twitterの機能のひとつであるビデオアプリカードを利用した動画広告です。スマホアプリのダウンロードを促進する広告であり、動画とテキストで作成された広告に、アプリのインストールのCTAボタンを設置できることが特徴です。スマホで閲覧されることの多いTwitterでは、魅力的な動画を加えることでそのままアプリのインストールへ誘導することができます。

  • プロモライブビデオ広告
    (Twitterライブ広告)

    プロモライブビデオ広告(Twitterライブ広告)とは、Twitterライブ機能を用いて、広告主がリアルタイムで配信できる動画広告です。新商品のリリースイベントやパーティ、プレゼンテーションの動画をそのまま広告として配信できることが特徴です。ライブ感のある映像は、ユーザーの興味を引き、ブランド認知の拡大や企業のイメージアップにもつながります。

Twitter動画広告の
制作実績

ムビサクで制作したTwitter動画広告の制作実績を一部ご紹介します。
お客様の業種や用途に合わせたプランのお見積もりも無料で行いますので、お気軽にご相談ください。

  1. 観光・旅行ビジネス向けのサービス紹介動画

    観光・旅行ビジネス向けのサービス紹介動画│ムビサクの動画制作実績

    株式会社MEGURU様 ツアー予約サービス 「ハローアクティビティ」の紹介動画

    制作実績の詳細を見る
  2. ホームページ掲載や広告用の商品紹介動画

    ホームページ掲載や広告用の商品紹介動画│ムビサクの動画制作実績

    TFF株式会社様 「なんでもぜんまい」の商品紹介動画

    制作実績の詳細を見る
  3. インターネット広告用サービス紹介動画

    インターネット広告用サービス紹介動画│ムビサクの動画制作実績

    株式会社個別教育舎様 「オンライン学習塾NALU」の紹介動画

    制作実績の詳細を見る

Twitter動画広告の
利用シーン

Twitter動画広告は様々なシーンで利用可能です。代表的な利用シーンを解説します。この他にも多数のシーンで利用可能ですので、まずは一度ご相談ください。

  • 商品・サービスの認知度アップ

    商品・サービスの
    認知度アップ

    多くのユーザーを抱えるTwitterで配信される動画広告は、商品・サービスの認知度アップに利用されています。リアルタイムに更新されていくタイムラインやトレンドに表示された広告は、ユーザーの目に止まりやすくなるため幅広くユーザーに知ってもらうことができます。また、カンバセーショナルカードやアンケート投稿機能などを用いることで拡散されやすい動画広告にすることも可能です。

  • アプリのインストール増加

    アプリの
    インストール増加

    スマホから利用されることの多いTwitterでは、アプリのインストールを増加させる役割としてTwitter動画広告が利用されています。SNSを通じてタイムラインから情報を収集しているユーザーに向けて、新しくリリースしたスマホアプリの広告を流すことで、そのままアプリをダウンロードされることが期待できます。また、アプリだけではなくホームページのリンクを設けることで、リーチ獲得にも利用されています。

  • ブランドイメージの向上

    ブランドイメージの
    向上

    タイムライン上で「バズる」ことの多いTwitterでは、タイムライン上に自然と広告が表示されます。フォロワーの発信に紛れることで、ユーザーから嫌悪感を抱かれにくくなり、ブランドイメージの向上にも利用されます。ダイナミックな表現や、ストーリー性のある構成はユーザーの興味を引きやすい動画として企業や商品・サービスのブランディングにも効果的です。

Twitter動画広告を
作成する際のポイント

Twitterのコンテンツのうち71%に動画が活用されています。Twitterは他のSNSと比較して利用者が画面をスクロールするスピードが32%遅いため、動画を作成する際にポイントを意識することで、広告の効果を最大化することができます。Twitter動画広告を作成するにあたって、どのような点を意識して作成を進めればいいかをポイントに分けて紹介します。
参考:Twitter「データに基づくTwitter動画広告のベストプラクティス」

01

短くシンプルに
動画にまとめる

Twitter動画広告は短くシンプルな動画にまとめることがポイントです。Twitterの調査では、6~15秒ほどの短い動画であるほど購入検討や購入意向を促進する効果があるとされています。動画は静止画や文字よりも情報量が大きくなりますが、多くの情報を盛り込みすぎるとかえってターゲットに伝わらない動画になってしまいます。広告の目的やターゲットを絞り、伝えたいメッセージを簡潔にすることでユーザーの心に刺さりやすくなり、商品の購入やアプリのインストールなどのアクションにつなげることができます。

02

冒頭の4秒間で
ブランドを訴求する

Twitterの調査によると、冒頭の4秒間でブランド名やブランドロゴなど企業のブランディング要素を訴求することがTwitter動画広告を作成する上でのポイントです。ブランド名だけではなく、動画の冒頭3秒以内に商品・サービスを登場させ、再生時間の75%にわたって登場させることも効果的です。Twitter動画広告の長さは短くなること多いため、企業や商品・サービスをしっかり見せていくことで、ユーザーが共感して記憶しやすく、認知度のアップにもつながります。

03

Twitterトレンドに
つなげる

Twitterはリアルタイムで世界中の情報を知るツールとして利用されているSNSプラットフォームです。広告を出稿する際にTwitterトレンドにつなげることが作成する上でのポイントです。イベントや祝日、テレビ番組など多くのユーザーが興味を示している情報を盛り込んだ動画広告にすることでターゲットの目に止まりやすい広告にすることができます。興味を持ったユーザーがリツイートをすることでさらに広告は拡散され、広告費を削減したプロモーション効果が期待できます。

ムビサクが選ばれる
5つの理由

  • 相場以下の低価格で高品質な動画を

    相場以下の低価格で
    高品質な動画を

    ムビサクでは、販促にかかる外注コストを削減することで、低価格な動画の納品を実現します。初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、低価格で高品質な動画制作サービスを提供します。

  • 最短10営業日のスピード納品

    最短10営業日の
    スピード納品

    お問い合わせから2営業日以内に担当者よりご連絡を差し上げます。(※土・日・祝日を除く)迅速にヒアリングまで行えるため「急いで制作したい」というお客様のご要望にも柔軟に対応が可能です。

  • 企画やアイデア出しから丸投げOK

    企画やアイデア出し
    から丸投げOK

    動画の構成や訴求したいポイントがお決まりでない場合もお気軽にご相談ください。企画やアイデア出しの段階からご提案できるため、動画制作が初めてでも安心のクオリティで納品が可能です。

  • 徹底した事前ヒアリング

    徹底した
    事前ヒアリング

    ムビサクでは、ご契約前にお客様のプロモーション活動についてお悩みを徹底的にヒアリングいたします。業種や用途にあった動画を制作できるため、「イメージと違った!」という制作後のギャップを防ぎます。

  • 契約前でも動画の企画と構成案は無料

    契約前でも動画の
    企画と構成案は無料

    ムビサクでは、初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、ご契約前のヒアリングから企画・構成案を作成します。制作開始前に適宜ミーティングを設けてお客様のご要望を反映しますので、しっかりご納得いただけた後に動画制作を開始できます。

動画制作の流れ

動画制作は、企画提案などのプランニングの段階から動画納品までワンストップで提供します。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 1
    お問い合わせ
    お問い合わせ

    お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。ご相談やお見積もりは無料で対応します。

  • 2
    ヒアリング
    ヒアリング

    ヒアリングシートをお送りします。記載いただいたヒアリングシートを基に、お打ち合わせを行います。

  • 3
    お見積もり&構成案
    お見積もり&構成案

    お打ち合わせでヒアリングした内容からお見積もりの作成と企画・構成を行います。

  • 4
    ご契約
    ご契約

    ご依頼いただく際には、お見積もりと構成案の内容を基に契約書を作成したうえでご契約となります。

  • 5
    絵コンテ作成
    絵コンテ作成

    構成案を基にしてシナリオおよび絵コンテの作成を行います。企画内容を具体化していく作業です。

  • 6
    動画制作
    動画制作

    絵コンテから動画制作開始します。図やオリジナルイラストを作成して映像作品に仕上げていきます。

  • 7
    初稿チェック&修正
    初稿チェック&修正

    完成した動画を初稿として提出します。内容に誤りがないかチェックをしていただきます。

  • 8
    納品
    納品

    修正が完了した動画を改めて納品します。動画の目的や用途に応じたフォーマットで納品対応が可能です。

Twitter動画広告作成の
よくあるご質問

各種フォーマットごとに動画サイズを指定できますか?
できます。インフィード広告やインストリーム広告など、各種フォーマットに合わせた縦横比やデータ容量で納品が可能です。動画の再編集には別途費用が掛かる場合があるため、不安な点は担当者にご相談ください。
WEBサイトや広告用LPも制作可能ですか?
動画制作とあわせて企業のWEBサイトや広告用LPの制作から、紙媒体でのパンフレットやチラシまで幅広く制作を行っています。まずはお気軽にご相談ください。
ABテスト用に複数の動画制作を予定しています。ボリュームディスカウントは可能ですか?
可能です。2本目以降の制作の段階から割引価格でご提供いたします。
その他、継続的な発注や複数本の発注をいただく際は、専門のチームを発足し、柔軟な制作環境をご用意いたします。まずはお気軽にご相談ください。
著作権について教えてください。
納品とお支払いが完了した時点で、お客様に著作権を譲渡いたします。
二次利用も可能ですので、イラストレーターなどのプロジェクトファイルでの納品にも対応いたします。
他社とコンペを考えています。問題ありませんか?
問題ありません。他社と比較してお見積もり内容に納得いただけない場合でも、精一杯対応しますので改めてご相談ください。
03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ