不動産・物件紹介動画の制作

不動産・物件紹介動画で
プロモーション効果の最大化

不動産・物件紹介動画とは、不動産業界において、アパート、マンション、戸建などの不動産物件を映像表現を用いてお客様に紹介する動画です。賃貸、販売、不動産投資に関わらず活用することができ、マーケティングや集客施策として不動産を取り扱う企業に取り入れられています。特に新型コロナウイルスの流行以降では、住居の内見も減少傾向にあり、オンライン相談やYouTubeチャンネルを通して物件を知る機会も増加しました。不動産業界の営業ツールとして、不動産・物件紹介動画は注目されています。

不動産・物件紹介動画を
活用するメリット

01

物件の魅力が
ダイレクトに伝わる

YouTubeは2022年で15周年を迎え、国内の月間ユーザー数は7,不動産・物件紹介動画を活用すると、物件の魅力がダイレクトに伝わるというメリットがあります。チラシやパンフレットなどの紙の資料や、物件情報サイトの写真や間取り図だけでは伝わりづらい細かなポイントも動画を活用することでわかりやすく訴求できます。また、映像で立体的に表現できるため、バーチャル見学など動画を通じて内見を疑似体験することが可能です。

02

競合他社との
差別化ができる

競合他社との差別化ができる点も不動産・物件紹介動画のメリットです。不動産業界のマーケティング施策としては、チラシを投函するポスティング、物件や店舗に設置する看板への掲載、物件情報サイトへの投稿など様々なものがあります。そのなかでも、YouTubeチャンネルの運用、SNS投稿、WEB広告をはじめとしたデジタルマーケティングに動画を取り入れることで、お客様への情報伝達がスムーズになり、他社と比べられた際に選ばれるポイントにもなります。

03

業務の効率化に
つながる

不動産・物件紹介動画を活用することで、業務の効率化にもつながります。これまで人対人のコミュニケーションであった、不動産仲介業務を動画に置き換えることで、物件紹介を自動化することができます。お客様はアパートやマンションの内覧をすることができるため、来店した際の接客の手間を省くことができます。また、動画を通じて事前に外観や内観のイメージを深めることができるため、契約までの説明の時間や紙の資料を用意するコストも削減できます。

不動産業界向け動画の種類

不動産業界向け動画には不動産・物件紹介動画以外にも様々な種類があります。地主や大家など物件の所有者をターゲットにした不動産関連サービス紹介動画や、求職者をターゲットにした採用活動向け企業紹介動画です。それぞれ不動産業界向け動画の種類と特徴について詳しく解説します。

  • 不動産・物件紹介動画

    不動産・物件紹介動画

    不動産業界向けの動画として不動産・物件紹介動画が挙げられます。企業や建物のホームページ上に埋め込まれたり、動画広告や物件紹介のポータルサイトで掲載される動画です。最近では、YouTubeチャンネルやInstagram、TikTokなどの企業公式アカウントで配信されることも多くあります。間取り図や説明文だけでは伝わらない室内の細かな設備や物件周辺の雰囲気も伝えることができます。 ホームページ掲載動画制作の詳細はこちら 動画広告・SNS動画広告制作の詳細はこちら

  • 不動産関連サービス紹介動画

    不動産関連サービス紹介動画

    物件紹介動画以外にも、不動産関連サービスを紹介するツールとして動画が活用されています。例えば、セキュリティや支払いなど物件を管理するうえで必要な業務を、大家が代行するサービスを紹介する動画です。不動産関連のサービスはプランが複雑なことも多く、文章で説明すると堅苦しい印象を与えてしまうこともあります。図やアニメーションを用いて伝わりやすくすることで、商談をスムーズに進める役割があります。 サービス紹介動画制作の詳細はこちら

  • 採用活動向け企業紹介動画

    採用活動向け企業紹介動画

    企業の採用活動に用いられるものが、採用活動向け企業紹介動画です。物件紹介動画や不動産関連サービス紹介動画と異なり、求職者をターゲットとした動画です。企業の掲げるビジョンやビジネスモデルを動画化することで、入社後のギャップを防ぐ役割があります。企業紹介動画には、社員紹介や代表者インタビューを加えることで、安心感や信頼感を訴求することにもつながります。 企業紹介・会社紹介動画制作の詳細はこちら 採用・リクルート動画制作の詳細はこちら

不動産業界向け動画の制作実績

ムビサクで制作した不動産業界向け動画の制作実績を一部ご紹介します。
お客様の業種や用途に合わせたプランのお見積もりも無料で行いますので、お気軽にご相談ください。

不動産・物件紹介動画の利用シーン

不動産・物件紹介動画は様々なシーンで利用可能です。代表的な利用シーンを解説します。この他にも多数のシーンで利用可能ですので、まずは一度ご相談ください。

01

ポータルサイト・バーチャル内見

不動産・物件紹介動画はポータルサイトやバーチャル内見に利用されます。部屋の構造や利用できる設備を紹介するツアー風の動画では、視聴者が実際に入居した際の生活をイメージすることができます。物件でおすすめのポイントをテロップやナレーションで解説することで、写真や見取り図以上に魅力的に伝えることも可能です。

02

入居者向けハンドブック

入居者向けのハンドブックとしても不動産・物件紹介動画は利用されています。ゴミの出し方のガイドラインやWi-Fi設備の設定方法など、複雑な手順を動画で説明することができます。特に、外国人入居者は日本の生活に慣れていないため、説明を怠ってしまうとトラブルの原因にもつながってしまいます。また、電話サポートのオペレーター業務が不要になることでコストや手間の削減にもつながります。

03

物件説明会・オンラインセミナー

不動産・物件紹介動画を物件説明会やオンラインセミナーで利用している企業も多くあります。不動産投資を検討している人に向けて開催されたイベントでは、プレゼンテーションに動画を用いることで訴求したいメッセージをダイレクトに伝えることができます。また、物件の紹介だけではなく、会場への道案内に動画を用いることで来場者の負担を軽減することも可能です。

企業が不動産・物件紹介動画を制作する際のポイント

企業が不動産・物件紹介動画を制作する際にはいくつかのポイントがあります。最も重要な点は、動画の制作を始める前に目的を明確にしておくことです。目的やターゲットに合わせて訴求したい内容を絞っておきましょう。また、アニメーションやテロップを効果的に活用して飽きのこない映像表現にすることもおすすめです。

01

動画制作の目的を
明確にする

不動産・物件紹介動画の制作を開始する前に、動画制作の目的を明確にしておくことがポイントです。入居を検討している人に向けた紹介動画でなのか、入居者に向けた解説動画なのかによって、動画で注目してもらいたい場面や映像表現も異なります。また、動画の用途も決めておきましょう。ホームページやポータルサイトで掲載するのか、YouTubeやSNSで配信するのかによっても、最適な動画の構成は異なります。どのような動画が効果的であるかは、目的によっても異なるため、動画担当者と相談しながら制作していきましょう。

02

訴求したい内容を
絞る

訴求したい内容を絞っておくことも、不動産・物件紹介動画を制作するポイントです。動画はテキストや画像よりも多くの情報を伝えることができることが強みですが、情報を盛り込みすぎてしまうと肝心のメッセージが伝わりづらいこともあります。加えて、あまり動画の尺を長くしすぎないことも大切です。内観をすべて映そうとしてしまうと、映像が間延びしてしまい視聴者が飽きてしまうこともあります。動画の構成にメリハリをつけて、訴求したいポイントだけ絞って制作しましょう。

03

アニメーションや
テロップを活用する

動画にアニメーションやテロップを活用することも、伝わりやすい不動産・物件紹介動画にするためのコツです。部屋のイメージを映しただけの動画は単調になりやすく、視聴離脱につながる恐れがあります。訴求したいポイントごとにアニメーションやテロップを加えて、視聴者が内容を把握しやすいような工夫を設けましょう。また、ナレーションやBGMを加えてみることもおすすめです。視覚と聴覚の両方から訴えかけることで、視聴者の記憶に残りやすい不動産・物件紹介動画にすることができます。

ムビサクが選ばれる
5つの理由

  • 相場以下の低価格で高品質な動画を

    相場以下の低価格で
    高品質な動画を

    ムビサクでは、販促にかかる外注コストを削減することで、低価格な動画の納品を実現します。初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、低価格で高品質な動画制作サービスを提供します。

  • 最短10営業日のスピード納品

    最短10営業日の
    スピード納品

    お問い合わせから2営業日以内に担当者よりご連絡を差し上げます。(※土・日・祝日を除く)迅速にヒアリングまで行えるため「急いで制作したい」というお客様のご要望にも柔軟に対応が可能です。

  • 企画やアイデア出しから丸投げOK

    企画やアイデア出し
    から丸投げOK

    動画の構成や訴求したいポイントがお決まりでない場合もお気軽にご相談ください。企画やアイデア出しの段階からご提案できるため、動画制作が初めてでも安心のクオリティで納品が可能です。

  • 徹底した事前ヒアリング

    徹底した
    事前ヒアリング

    ムビサクでは、ご契約前にお客様のプロモーション活動についてお悩みを徹底的にヒアリングいたします。業種や用途にあった動画を制作できるため、「イメージと違った!」という制作後のギャップを防ぎます。

  • 契約前でも動画の企画と構成案は無料

    契約前でも動画の
    企画と構成案は無料

    ムビサクでは、初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、ご契約前のヒアリングから企画・構成案を作成します。制作開始前に適宜ミーティングを設けてお客様のご要望を反映しますので、しっかりご納得いただけた後に動画制作を開始できます。

動画制作の流れ

動画制作は、企画提案などのプランニングの段階から動画納品までワンストップで提供します。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 1
    お問い合わせ
    お問い合わせ

    お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。ご相談やお見積もりは無料で対応します。

  • 2
    ヒアリング
    ヒアリング

    ヒアリングシートをお送りします。記載いただいたヒアリングシートを基に、お打ち合わせを行います。

  • 3
    お見積もり&構成案
    お見積もり&構成案

    お打ち合わせでヒアリングした内容からお見積もりの作成と企画・構成を行います。

  • 4
    ご契約
    ご契約

    ご依頼いただく際には、お見積もりと構成案の内容を基に契約書を作成したうえでご契約となります。

  • 5
    絵コンテ作成
    絵コンテ作成

    構成案を基にしてシナリオおよび絵コンテの作成を行います。企画内容を具体化していく作業です。

  • 6
    動画制作
    動画制作

    絵コンテから動画制作開始します。図やオリジナルイラストを作成して映像作品に仕上げていきます。

  • 7
    初稿チェック&修正
    初稿チェック&修正

    完成した動画を初稿として提出します。内容に誤りがないかチェックをしていただきます。

  • 8
    納品
    納品

    修正が完了した動画を改めて納品します。動画の目的や用途に応じたフォーマットで納品対応が可能です。

不動産・物件紹介動画制作の
よくあるご質問

不動産・物件紹介動画の制作前に準備しておくことはありますか?
不動産・物件紹介動画の目的・予算・納期を明確にしておくことが大切です。
ムビサクでは企画・構成案の段階からサポート可能なため、動画の訴求ポイントや構成について、明確なイメージができていない方でも安心してご依頼いただけます。 初めてご検討される方へ
不動産・物件紹介動画の制作にはどのぐらいの手間がかかりますか?
事前のヒアリングと修正確認のみでワンストップで制作が可能です。
安心して動画制作をご依頼いただけるよう、納得いただくまでお打ち合わせをいたします。
WEB広告用の動画も制作可能ですか?
可能です。YouTubeだけではなく、Facebook、Instagram、Twitterなど様々な広告媒体に合わせた縦横比やデータ容量で納品が可能です。 動画広告・SNS動画広告制作の詳細はこちら
物件紹介に利用した動画の二次利用は可能ですか?
可能です。納品とお支払いが完了した時点で、お客様に著作権を譲渡いたします。
イラストレーターなどのプロジェクトファイルでの納品にも対応いたします。
お見積もりだけでも可能ですか?
可能です。ムビサクではお見積もりは無料です。お気軽に不動産・物件紹介動画のイメージやご予算についてお聞かせください。
03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ