LINE動画広告の作成

リーチ力の高い
LINE動画広告を作成

LINE動画広告とは、2022年3月末時点で月間ユーザー数9,300万人を抱える日本で最大のSNSプラットフォームであるLINEを媒体とした動画広告です。日本の人口を1億2,000万人とすると、約78%が利用している計算となり、ユーザーの生活に溶け込んだSNSと言えます。ユーザーデータを活用したターゲティングとリーチ力の高さから企業のプロモーションに幅広く活用されています。
参考:LINEキャンパス「LINEのユーザーはどんな人?」

LINE動画広告を
活用するメリット

01

幅広いユーザー層に
アプローチできる

LINE動画広告は、幅広いユーザー層にアプローチできる点がメリットです。LINEは国内に多くのユーザーを抱えるSNSであり、家族や友人との連絡手段として日常的に利用されています。そのため、InstagramやTwitterを利用していないユーザーでも、LINEは毎日利用しているという場合もあります。他のSNS動画広告では届かなかったユーザー層へ広告配信を行えるため、リーチ獲得増加が期待できます。

02

ターゲティング性能が
高い

LINE動画広告は、ターゲティング性能の高い広告です。ユーザーの年齢や性別だけではなく、生活状況や興味関心でもセグメントを分けることが可能です。また、地域を指定して広告を配信できるため、ユーザーの居住区や生活圏など店舗やサービスの商圏エリアに絞り効率的なプロモーションができます。

03

少額から広告配信が
始められる

少額からでも広告配信が始められる点もLINE動画広告のメリットです。初期費用や最低出稿金額を設けることなく広告を出稿できます。自社のマーケティング予算に合わせて調節ができるため、繁忙期や閑散期などシーズンごとに予算を自由に変動させることができます。

LINE動画広告の種類と特徴

LINE動画広告には様々な種類があり、配信される場所もそれぞれ異なります。広告を出稿する目的やターゲットに合わせて広告のフォーマットを選びましょう。

動画広告が配信できる代表的なLINE広告の掲載面とフォーマットは以下の11種類です。

・LINE NEWS
・LINE VOOM
・ウォレット
・LINE BLOG
・LINEポイントクラブ
・LINEショッピング
・LINEチラシ
・LINEマイカード
・LINE Monary
・LINEファミリーアプリ
・LINE広告ネットワーク

それぞれのLINE動画広告の種類と特徴について解説します。
参考:LINE Business Guide_202210-202303(PDF)

  • LINE広告の掲載面と
    フォーマット一覧

    2022年時点でのLINE広告の各広告掲載面とフォーマットは以下のとおりです。トークリストとホームを除く11種類の掲載面で動画広告の出稿が可能です。

    掲載面 静止画 動画
    Card
    (1200×628)
    Square
    (1080×1080)
    Carousel
    (1080×1080)
    画像
    (小)
    画像
    (アニメーション)
    Card
    (16:9)
    Square
    (1:1)
    Vertical
    (9:16)
    トークリスト
    LINE NEWS
    LINE VOOM
    ウォレット
    LINE BLOG
    LINEポイントクラブ
    LINEショッピング
    LINEチラシ
    LINEマイカード
    ホーム
    LINE Monary
    LINEファミリーアプリ
    LINE広告ネットワーク
  • LINE NEWS

    LINEアプリのニュースタブに広告が表示されます。エンタメやスポーツなど様々なジャンルの情報に混ざって、広告が最上部に表示されます。広告をクリックすることで商品・サービスのランディングページに遷移させることができます。

  • LINE VOOM

    LINEアプリのVOOMタブに広告が表示されます。ショート動画をメインに楽しむことのできる機能で、InstagramやYouTubeのようにお気に入りのクリエイターをフォローしてコンテンツを視聴します。LINEによるとLINE VOOMの利用者は女性の方が多く、10代から60代まで幅広い世代で利用されています。LINE公式アカウントのブロック状況によらずリーチが可能であるという特徴があります。
    参考:LINE VOOM

  • ウォレット

    ウォレットタブに表示される広告です。ウォレットとは、LINE Payを中心としてLINEが提供する様々な金融サービスを利用することができる機能です。店舗での購入シーンなど、決済の際に利用されるため、利用ユーザーには日常的に広告を視聴してもらうことができます。

  • LINE BLOG

    LINE BLOGにも広告配信が可能です。 LINE BLOGとは、スマホでのブログ投稿に特化したサービスです。芸能人やタレントをはじめとしたユーザーの情報発信とともに広告が配信されるため、次の情報を求めるユーザーが興味を持って広告をクリックしてもらえることも期待できます。

  • LINEポイントクラブ

    LINEポイントクラブは、「友達追加」「動画視聴」「ミッション」などLINEから指定された条件をクリアすることでポイントが付与されるサービスです。ウォレットタブに表示されるポイント機能に広告が表示されるため、比較的に購買意欲の高いユーザーへのアプローチも期待できます。

  • LINEショッピング

    LINEショッピングは、ファッション小物やスポーツ用品などの商品をLINE上で購入できるサービスです。ユーザーが商品を探しているときや購入を検討しているタイミングで広告が表示されるため、商品の追加購入を促す役割もあります。

  • LINEチラシ

    LINEチラシは、LINEが提供するデジタルチラシサービスです。ユーザーの生活圏における地域店舗のセールや特売といった情報をLINE上で確認することができます。ユーザーごとにパーソナライズされたチラシメディアに紛れて広告が掲載されるため、購買意欲の高いユーザーにアプローチが可能です。

  • LINEマイカード

    LINEマイカードは、会員証やポイントカードなどをLINE上でまとめて管理できるサービスです。LINE Pay やLINEポイントクラブと同様に、ウォレット機能に表示されるため、決済サービスを利用する際に一緒に広告を視聴してもらうことができます。

  • LINE Monary

    LINE Monaryは、投資・保険・節約など金銭に関わる情報をテーマにしたコンテンツを提供するLINE上のサービスです。ユーザーが情報を探しているタイミングで広告が表示されるため、キャンペーンなどの情報に興味を持って広告をクリックしてもらえることが期待できます。

  • LINEファミリーアプリ

    LINEファミリーアプリとは、LINEがサービスを提供している様々なアプリのことです。LINE マンガなどのエンタメコンテンツから、カメラアプリやゲーム、メディアなど幅広いサービスのアプリ上にLINE広告が配信されます。

  • LINE広告ネットワーク

    LINE広告ネットワークとは、LINEが提携するアプリやメディアなどに配信されるネットワーク広告です。マンガアプリなどのエンタメから、ニュースや天気などライフスタイルに密接したジャンルまで様々なメディアに配信が可能です。LINEのもつユーザー情報からターゲティング配信もできます。

LINE動画広告の
制作実績

ムビサクで制作したLINE動画広告の制作実績を一部ご紹介します。
お客様の業種や用途に合わせたプランのお見積もりも無料で行いますので、お気軽にご相談ください。

  1. TikTok広告用の縦型動画

    TikTok広告用の縦型動画│ムビサクの動画制作実績

    株式会社インヴァランス様 TikTok広告用の縦型動画

    制作実績の詳細を見る

LINE動画広告の利用シーン

LINE動画広告は様々なシーンで利用可能です。代表的な利用シーンを解説します。この他にも多数のシーンで利用可能ですので、まずは一度ご相談ください。

01

WEBサイトへの
アクセス増加

LINE動画広告には、サービスサイトやアプリ紹介ページのURLを設置することができます。そのため、WEBサイトへのアクセス増加として利用されています。多くのユーザー数を抱えて、日常生活で利用するLINEでは、商品・サービスの認知度拡大にも効果的です。また、LINEファミリーアプリやLINE広告ネットワークなど、LINEユーザー以外にもアプローチが可能です。

02

商品購入・
アプリインストール

商品購入・アプリインストールにもLINE動画広告は利用されています。LINE PayやLINE ポイントクラブなどウォレット機能にも広告を配信することができるため、比較的に購買意欲の高いユーザーへアプローチが可能です。ウォレットタブでは、動画以外に広告見出しも表示されるため、企業名や商品名を訴求しつつ、ユーザーにイメージを膨らましてもらうことができます。

03

店舗への
来店増加

LINE動画広告では、地域を絞ったセグメントもできるため、店舗への来店増加にも利用されています。LINEチラシをはじめとしたユーザーのライフスタイルに合わせてパーソナライズされたサービスを提供しているため、店舗での提供サービスに興味を持ちそうなユーザーをターゲットにすることも可能です。また、LINE Payなどの決済サービスは、店舗での支払いにも利用されるため、レジ前に並ぶ購買意欲の高いタイミングで広告が配信されることも期待できます。

LINE動画広告を
作成する際のポイント

LINE動画広告を作成する際には、ポイントを押さえておくことで効果的な動画広告にすることが可能です。具体的にどのように作成を進めていけばよいのか、ポイントに分けて紹介します。

01

ターゲットを絞った
動画にする

LINE動画広告を作成する際にはターゲットを絞った動画にすることがポイントです。LINE広告はユーザー情報から細かくセグメントを分けて広告配信することが可能なため、訴求したい商品・サービスに合わせたターゲティングを行いましょう。動画の構成や雰囲気もターゲットのライフスタイル、年齢、性別に合わせることで、興味を持って動画広告を視聴してもらうことが期待できます。また、ひとつの動画で伝えたいメッセージは最小限にまとめておくことで、ユーザーに伝わりやすい動画クリエイティブになります。

02

クリエイティブの
サイズに注意する

LINE広告に利用できる動画は、3種類のサイズがあります。横長で16:9のCard、正方形で1:1のSquare、縦長で9:16のVerticalです。それぞれのフォーマットごとに掲載面が変わってくるため注意して動画広告を作成しましょう。新商品の認知度拡大など、より多くのユーザーに情報を届けたいのであれば、3種類それぞれのサイズに動画を編集しておくことがおすすめです。また、動画を作る予算が限られているのであれば、掲載面の種類が最も多い16:9のCardサイズで作成しておきましょう。

03

複数のクリエイティブを
用意する

LINE広告には、初期費用や月額最低出稿金額を設定する必要がないため、比較的安価に広告を運用できます。様々な訴求の効果を検証できるため、キャンペーンや伝えたいメッセージごとに複数のクリエイティブを用意しておくこともポイントです。どの訴求が効果的であったか分析し、良かった点を盛り込んだ新しい動画を作成していくことでベストプラクティスにつながります。また、同じ動画を長期間使いまわしてしまうと、何度も表示されるためユーザーが飽きてしまうこともあります。同じ訴求でも成果が落ちたタイミングでテイストを変えることで効果を維持することも期待できます。

ムビサクが選ばれる
5つの理由

  • 相場以下の低価格で高品質な動画を

    相場以下の低価格で
    高品質な動画を

    ムビサクでは、販促にかかる外注コストを削減することで、低価格な動画の納品を実現します。初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、低価格で高品質な動画制作サービスを提供します。

  • 最短10営業日のスピード納品

    最短10営業日の
    スピード納品

    お問い合わせから2営業日以内に担当者よりご連絡を差し上げます。(※土・日・祝日を除く)迅速にヒアリングまで行えるため「急いで制作したい」というお客様のご要望にも柔軟に対応が可能です。

  • 企画やアイデア出しから丸投げOK

    企画やアイデア出し
    から丸投げOK

    動画の構成や訴求したいポイントがお決まりでない場合もお気軽にご相談ください。企画やアイデア出しの段階からご提案できるため、動画制作が初めてでも安心のクオリティで納品が可能です。

  • 徹底した事前ヒアリング

    徹底した
    事前ヒアリング

    ムビサクでは、ご契約前にお客様のプロモーション活動についてお悩みを徹底的にヒアリングいたします。業種や用途にあった動画を制作できるため、「イメージと違った!」という制作後のギャップを防ぎます。

  • 契約前でも動画の企画と構成案は無料

    契約前でも動画の
    企画と構成案は無料

    ムビサクでは、初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、ご契約前のヒアリングから企画・構成案を作成します。制作開始前に適宜ミーティングを設けてお客様のご要望を反映しますので、しっかりご納得いただけた後に動画制作を開始できます。

動画制作の流れ

動画制作は、企画提案などのプランニングの段階から動画納品までワンストップで提供します。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 1
    お問い合わせ
    お問い合わせ

    お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。ご相談やお見積もりは無料で対応します。

  • 2
    ヒアリング
    ヒアリング

    ヒアリングシートをお送りします。記載いただいたヒアリングシートを基に、お打ち合わせを行います。

  • 3
    お見積もり&構成案
    お見積もり&構成案

    お打ち合わせでヒアリングした内容からお見積もりの作成と企画・構成を行います。

  • 4
    ご契約
    ご契約

    ご依頼いただく際には、お見積もりと構成案の内容を基に契約書を作成したうえでご契約となります。

  • 5
    絵コンテ作成
    絵コンテ作成

    構成案を基にしてシナリオおよび絵コンテの作成を行います。企画内容を具体化していく作業です。

  • 6
    動画制作
    動画制作

    絵コンテから動画制作開始します。図やオリジナルイラストを作成して映像作品に仕上げていきます。

  • 7
    初稿チェック&修正
    初稿チェック&修正

    完成した動画を初稿として提出します。内容に誤りがないかチェックをしていただきます。

  • 8
    納品
    納品

    修正が完了した動画を改めて納品します。動画の目的や用途に応じたフォーマットで納品対応が可能です。

LINE動画広告作成の
よくあるご質問

各種フォーマットごとに動画サイズを指定できますか?
できます。フィードやストーリーズなど、各種フォーマットに合わせた縦横比やデータ容量で納品が可能です。
動画の再編集には別途費用が掛かる場合があるため、不安な点は担当者にご相談ください。
WEBサイトや広告用LPも制作可能ですか?
動画制作とあわせて企業のWEBサイトや広告用LPの制作から、紙媒体でのパンフレットやチラシまで幅広く制作を行っています。まずはお気軽にご相談ください。
ABテスト用に複数の動画制作を予定しています。ボリュームディスカウントは可能ですか?
可能です。2本目以降の制作の段階から割引価格でご提供いたします。
その他、継続的な発注や複数本の発注をいただく際は、専門のチームを発足し、柔軟な制作環境をご用意いたします。まずはお気軽にご相談ください。
著作権について教えてください。
納品とお支払いが完了した時点で、お客様に著作権を譲渡いたします。
二次利用も可能ですので、イラストレーターなどのプロジェクトファイルでの納品にも対応いたします。
他社とコンペを考えています。問題ありませんか?
問題ありません。他社と比較してお見積もり内容に納得いただけない場合でも、精一杯対応しますので改めてご相談ください。
03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ