Google動画広告(GDN)の作成

Google動画広告(GDN)で
詳細なターゲティング

Google動画広告とは、WEBサイト、スマホアプリ、YouTubeなどのGoogleが提携する広告配信のネットワークであるGDN(グーグルディスプレイネットワーク)上に表示される動画広告です。地域や性別、年齢を指定したセグメントだけではなく、興味・関心やWEBサイトへのアクセス履歴からも詳細なターゲティングができる点が特徴です。

また、Google動画広告は、アウトストリーム広告とも呼ばれています。一方で、YouTubeのサイト内で配信される動画広告はインストリーム広告と呼ばれて、YouTube動画を再生する前や再生の途中で表示される広告です。
YouTube動画広告作成の詳細はこちら

Google動画広告(GDN)を
活用するメリット

01

多くのユーザーに
広告が表示される

Google動画広告は、200万以上のWEBサイトやスマホアプリに掲載されるため、多くのユーザーに広告が表示されることがメリットです。Googleによると世界中のインターネットユーザーの90%以上に広告を表示できるため、商品・サービスの認知拡大にも効果的です。
参考:Google広告「ディスプレイ ネットワークとは」

02

行動履歴から
ターゲティングできる

Google動画広告のターゲティング機能は、Google検索以外にも、Googleマップ、Gmail、YouTubeなどGoogleが提供する各種サービスに蓄積されたデータが活用されています。そのため、特定のWEBサイトを訪問したユーザーに広告を配信したり、住んでいる地域に絞り込んで広告を配信することができます。

03

オーディエンスを拡大して
配信ができる

Googleは広告の学習機能があります。コンバージョンにつながったユーザーのデータをもとにし、類似した属性のユーザーをターゲットにして広告を自動配信することができます。そのため、広告出稿者のもつ顧客データ以上にアプローチが可能になり、効果的な広告運用が期待できます。

Google動画広告(GDN)の種類と特徴

Google動画広告には様々な種類があり、配信される場所もそれぞれ異なります。大きく分けて、ディスプレイネットワーク上に表示されるアウトストリーム広告と、YouTubeの動画内に表示されるインストリーム広告の2種類があります。

Google動画広告のアウトストリーム広告は、以下の2種類に分けられます。

・インバナー動画(インバナー広告)
・ネイティブ動画(インリード広告)

それぞれのGoogle動画広告の種類と特徴について解説します。

  • インバナー動画(インバナー広告)

    インバナー動画(インバナー広告)は、GDN上のディスプレイ広告枠に表示される動画広告です。インバナー動画は3種類あります。ユーザーがクリックすると動画が流れる「Click-to-Play」、ユーザーがクリックするまでは音声なしで動画が自動再生される「音声なしで自動再生」、ユーザーがクリエイティブにカーソルを合わせると動画が再生される「Hover-to-Play」です。YouTubeで流れるインストリーム広告とは異なり、音声なしで動画が視聴される点が特徴です。
    参考:Google広告「インバナー動画のガイドライン」

  • ネイティブ動画(インリード広告)

    ネイティブ動画(インリード広告)は、ユーザーがWEBサイトをスクロールして広告が表示された際に動画が再生される仕様の動画広告です。動画だけではなく画像、広告見出し、行動を促すボタンなどを加えて作成されるため、動画だけではなくテキストでも訴求できる点が特徴です。ニュースなど記事コンテンツの間に挟まれるように表示されるため、ユーザーに自然に広告を読んでもらうことができます。
    参考:Google広告「ネイティブ動画クリエイティブ」

Google動画広告(GDN)の
制作実績

ムビサクで制作したGoogle動画広告の制作実績を一部ご紹介します。
お客様の業種や用途に合わせたプランのお見積もりも無料で行いますので、お気軽にご相談ください。

  1. スピーディでわかりやすいエフェクトの動画

    スピーディでわかりやすいエフェクトの動画│ムビサクの動画制作実績

    キャッシュレス決済端末のアニメーション動画

    制作実績の詳細を見る
  2. YouTube広告用アニメーション

    YouTube広告用アニメーション│ムビサクの動画制作実績

    Appmart株式会社様 YouTube広告用のアニメーション動画

    制作実績の詳細を見る
  3. インターネット広告用サービス紹介動画

    インターネット広告用サービス紹介動画│ムビサクの動画制作実績

    株式会社個別教育舎様 「オンライン学習塾NALU」の紹介動画

    制作実績の詳細を見る

Google動画広告の利用シーン

Google動画広告の代表的な利用シーンを解説します。この他にも多数のシーンで利用可能ですので、まずは一度ご相談ください。

01

商品・サービスの認知拡大

商品・サービスの認知拡大にGoogle動画広告は利用されています。幅広い配信面をもち、Googleが提供する各種サービスのオーディエンスを活用した広告は、商品・サービスに興味を持ちそうな潜在層へ広告を出稿することができます。動画は文字や静止画よりも情報量がの多いため、商品・サービスのもつ世界観や効果のイメージまで訴求することも可能です。

02

店舗のキャンペーン告知

Google動画広告は店舗のキャンペーン告知にも利用されています。Googleマップをはじめとした位置情報のデータをもつため、地域を限定して広告を出稿することができます。店舗の商圏エリアに向けて新店舗オープンの宣伝や、季節ごとのキャンペーンを打ち出すことで、実際に来店してもらうことも期待できます。

03

問い合わせ獲得や
アプリインストール

Google動画広告は、WEBサイトのアクセス履歴や興味・関心からターゲットを選定することが可能です。そのため、より顕在層に近いユーザーを狙って広告を配信できるため、問い合わせ獲得やアプリインストールなどのアクションにつながります。また、広告出稿者のもつ顧客データからもオーディエンスを作成できるため、効率のよい広告運用も期待できます。

Google動画広告(GDN)を
作成する際のポイント

Google動画広告を作成する際は、ポイントを押さえておくことで効果的な動画広告にすることが可能です。具体的にどのように作成を進めていけばよいのか、ポイントに分けて紹介します。

01

ターゲットを
明確にする

Google動画広告を作成する前にターゲットを明確にしておきましょう。Googleは年齢や性別だけではなく、行動データや興味・関心から細かなセグメントが可能です。商品・サービスの認知拡大として、ターゲットを絞らずに広告配信をしてしまうと、広告の表示回数は担保できても誰の心にも刺さらない広告になってしまいます。ターゲットを明確にするために、ターゲットとなる人物がどのような属性であるか、ペルソナをしっかり立てることでターゲットのアクションにつながる動画になります。

02

メッセージを
短くまとめる

動画広告で伝えたいメッセージを短くまとめておくこともポイントです。 テキストや静止画に比べて多くの情報を盛り込むことができる点が動画広告のメリットです。しかし、情報過多の動画はターゲットの混乱を招き、メッセージが伝わらないこともあります。ターゲットの欲しい情報と、こちらが伝えたい内容を整理し、短くシンプルな動画にしておきましょう。また、動画の冒頭に商品・サービス名や企業名を加えたり、動画の最後に行動につながるフレーズを加えることもおすすめです。

03

音声なしでも伝わる
動画にする

WEBサイトやスマホアプリで表示されるアウトストリーム広告は、ユーザーの視聴環境によっては音声なしで広告が配信されます。音声がオフの状態では、ナレーションやBGMが流れず、商品・サービスの魅力が十分に伝わらないことが懸念されます。そのため、動画広告でナレーションを加える際には、字幕やテロップを付けておくことがおすすめです。ただし、短い尺の動画広告では、テロップが多すぎても視聴者が内容を理解できなくなってしまいます。アニメーションやエフェクトを利用し、文字がなくても伝わる映像表現を心掛けましょう。

ムビサクが選ばれる
5つの理由

  • 相場以下の低価格で高品質な動画を

    相場以下の低価格で
    高品質な動画を

    ムビサクでは、販促にかかる外注コストを削減することで、低価格な動画の納品を実現します。初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、低価格で高品質な動画制作サービスを提供します。

  • 最短10営業日のスピード納品

    最短10営業日の
    スピード納品

    お問い合わせから2営業日以内に担当者よりご連絡を差し上げます。(※土・日・祝日を除く)迅速にヒアリングまで行えるため「急いで制作したい」というお客様のご要望にも柔軟に対応が可能です。

  • 企画やアイデア出しから丸投げOK

    企画やアイデア出し
    から丸投げOK

    動画の構成や訴求したいポイントがお決まりでない場合もお気軽にご相談ください。企画やアイデア出しの段階からご提案できるため、動画制作が初めてでも安心のクオリティで納品が可能です。

  • 徹底した事前ヒアリング

    徹底した
    事前ヒアリング

    ムビサクでは、ご契約前にお客様のプロモーション活動についてお悩みを徹底的にヒアリングいたします。業種や用途にあった動画を制作できるため、「イメージと違った!」という制作後のギャップを防ぎます。

  • 契約前でも動画の企画と構成案は無料

    契約前でも動画の
    企画と構成案は無料

    ムビサクでは、初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、ご契約前のヒアリングから企画・構成案を作成します。制作開始前に適宜ミーティングを設けてお客様のご要望を反映しますので、しっかりご納得いただけた後に動画制作を開始できます。

動画制作の流れ

動画制作は、企画提案などのプランニングの段階から動画納品までワンストップで提供します。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 1
    お問い合わせ
    お問い合わせ

    お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。ご相談やお見積もりは無料で対応します。

  • 2
    ヒアリング
    ヒアリング

    ヒアリングシートをお送りします。記載いただいたヒアリングシートを基に、お打ち合わせを行います。

  • 3
    お見積もり&構成案
    お見積もり&構成案

    お打ち合わせでヒアリングした内容からお見積もりの作成と企画・構成を行います。

  • 4
    ご契約
    ご契約

    ご依頼いただく際には、お見積もりと構成案の内容を基に契約書を作成したうえでご契約となります。

  • 5
    絵コンテ作成
    絵コンテ作成

    構成案を基にしてシナリオおよび絵コンテの作成を行います。企画内容を具体化していく作業です。

  • 6
    動画制作
    動画制作

    絵コンテから動画制作開始します。図やオリジナルイラストを作成して映像作品に仕上げていきます。

  • 7
    初稿チェック&修正
    初稿チェック&修正

    完成した動画を初稿として提出します。内容に誤りがないかチェックをしていただきます。

  • 8
    納品
    納品

    修正が完了した動画を改めて納品します。動画の目的や用途に応じたフォーマットで納品対応が可能です。

Google動画広告(GDN)作成の
よくあるご質問

制作にあたりどのぐらいの手間がかかりますか?
事前のヒアリングと修正確認のみでワンストップで制作が可能です。
安心して動画制作をご依頼いただけるように、ご納得いただくまでお打ち合わせをいたします。
WEBサイトや広告用LPも制作可能ですか?
動画制作とあわせて企業のWEBサイトや広告用LPの制作から、紙媒体でのパンフレットやチラシまで幅広く制作を行っています。まずはお気軽にご相談ください。
ABテスト用に複数の動画制作を予定しています。ボリュームディスカウントは可能ですか?
可能です。2本目以降の制作の段階から割引価格でご提供いたします。
その他、継続的な発注や複数本の発注をいただく際は、専門のチームを発足し、柔軟な制作環境をご用意いたします。まずはお気軽にご相談ください。
著作権について教えてください。
納品とお支払いが完了した時点で、お客様に著作権を譲渡いたします。
二次利用も可能ですので、イラストレーターなどのプロジェクトファイルでの納品にも対応いたします。
他社とコンペを考えています。問題ありませんか?
問題ありません。他社と比較してお見積もり内容に納得いただけない場合でも、精一杯対応しますので改めてご相談ください。
03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ