コラム

動画広告で期待できる7つの効果|効果を高めるポイントや他の広告との比較も

動画広告で期待できる7つの効果|効果を高めるポイントや他の広告との比較も

集客や販売促進などのために動画広告を活用したいと考えている方の中には、どのような効果を期待できるのか知りたい方が多いのではないでしょうか。

動画広告はさまざまな効果を期待できる広告媒体で、映像・音声で具体的なイメージを訴求できたり、静止画やテキストよりも一度に多くの情報を発信できたりするのが大きな特徴です。

本記事では、動画広告で期待できる7つの効果に加え、効果を高める6つのポイントを解説します。媒体別の効果や記事広告などとの効果の違いにも触れているので、あわせて参考にしてみてください。

動画制作サービス「ムビサク」では動画広告の豊富な制作実績があります。動画制作を検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

ムビサクの動画広告について詳しく知りたい方はこちら

動画制作でこんなお悩みありませんか?

  • 動画制作を考えているがどうすればよいかわからない
  • 急いで動画を作りたいが方法がわからない
  • 高品質な動画を制作したいが自社では難しい…

\ スピーディーに高品質な動画を作るならムビサク /

無料で相談・問い合わせる

動画広告で期待できる7つの効果

動画広告で期待できる7つの効果

動画広告の出稿によって、以下で解説する7つの効果を期待できます。

  • 映像・音声でユーザーに訴求できる
  • 豊富な情報量で商品・サービスの魅力をわかりやすく伝えられる
  • 動画との接触が多い若年層にアプローチできる
  • 複数のプラットフォームで認知を拡大できる
  • 魅力的なコンテンツは拡散を期待できる
  • 効果測定がしやすくPDCAを回しやすい
  • 費用対効果を高めやすい

それぞれの効果を理解したうえで、動画広告を有効活用しましょう。

動画広告のメリットや種類は、以下の記事で詳しく解説しています。効果以外も知りたいという方は、あわせてチェックしてみてください。

映像・音声でユーザーに訴求できる

動画広告では、静止画やテキストにはない映像と音声でユーザーにアプローチできます。視覚と聴覚の両方から多くの情報をユーザーに提供でき、短時間でも効果的に商品・サービスの魅力をアピールできるのが特徴です。

画像やテキストの広告と比べて、映像や音声のほうが印象に残りやすく、商品・サービスの認知拡大や購買促進などの効果を期待できます。

豊富な情報量で商品・サービスの魅力をわかりやすく伝えられる

動画は画像やテキストの約5,000倍の情報量があると言われ、15秒の動画は約450枚の画像に分解できるとされています。

ユーザーに伝えられる情報量が他の広告よりも多いため、画像やテキストでは伝えきれない部分までユーザーに発信できます。

たとえばアパレルアイテムをモデルが着用している様子を動画に収めれば、ユーザー自身が着用するイメージを膨らませやすく、より購入に前向きになるでしょう。

商品を紹介する方法は、動画だけではありません。以下の記事では8つの紹介方法を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

動画との接触が多い若年層にアプローチできる

動画は若年層を中心に浸透しているコンテンツであるため、動画広告を活用することで若年層にアプローチしやすくなります。

株式会社ヴァリューズが実施したYouTube利用に関するアンケート調査によると、平日に1~3時間利用するという割合がもっとも高かったのは、男女いずれも20・30代でした。平日でも数時間視聴していることから、YouTubeが生活に浸透していると言えるでしょう。

参考:株式会社ヴァリューズの調査

また、総務省が発表した「令和4年版 情報通信白書」によると、InstagramやTikTokなど動画系SNSのアクティブユーザーが伸びていることもわかります。

参考:総務省|令和4年版 情報通信白書

若年層はもちろん、さまざまなターゲットにアプローチする手法として、動画広告の効果はより高まっていくと予想できるでしょう。

複数のプラットフォームで認知を拡大できる

動画広告は、動画を投稿できるプラットフォームに出稿することで、複数の媒体を活用して効果的に認知を拡大できるのが魅力です。

YouTubeやInstagramなどの各プラットフォームごとに、年齢層や性別の割合など特性が異なるため、出稿する媒体によってアプローチできるユーザーが変わります。異なるユーザー層へのアプローチによって、効率的に認知を広げることが可能です。

魅力的なコンテンツは拡散を期待できる

SNSを中心に魅力的なコンテンツを他のユーザーに拡散する行動が浸透しているため、動画広告の拡散も期待できます。

ユーザーにとっておもしろいコンテンツやタメになるコンテンツは拡散されやすく、直接アプローチできなかったユーザーにまで広がるチャンスがあります。一度拡散されると、集客や認知拡大に大きな効果を期待できるでしょう。

動画マーケティングに効果的なSNSについては、以下の記事で解説しています。動画制作のポイントや事例も紹介しているので、あわせてチェックしてみましょう。

効果測定がしやすくPDCAを回しやすい

動画広告は、再生数や再生時間、表示回数、クリック数などの数値を計測できるため、効果測定を実施しやすいです。

広告効果を可視化できるため、動画広告を最適化するためにPDCAを回しやすいのも特徴と言えます。

たとえば、再生数・再生時間は目標を達成しているが、クリック数が伸びていない場合には、クリックを促す訴求が足りないと考えられるでしょう。クリックに至らない原因を改善すれば、より効果を期待できる動画広告に改善できます。

費用対効果を高めやすい

動画広告は表示回数や再生時間に応じて費用が発生するシステムが多いため、費用を抑えてスタートできます。

動画広告は、リンククリックなどの視聴後のアクションを促進しやすいため、配信費用を抑えながらも成果を期待しやすい点が特徴です。少ない費用で成果が出る動画広告を制作できれば、費用対効果をより高められます。

なお、以下の記事では動画広告の制作費の相場や費用を抑えるコツを解説しているので、費用が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

【事例あり】動画広告の種類と効果

【事例あり】動画広告の種類と効果

動画広告の種類として、以下の5つについて特徴と効果を解説します。

  • YouTube
  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok
  • LINE

事例もあわせて解説するので、動画制作のヒントを見つけてみてください。

なおSNSの動画広告事例については、以下の記事でメリットや成功させるポイントとともに紹介しています。

また、SNS広告は縦型動画が効果的です。横動画との違いやメリット、事例をまとめているので、あわせて参考にしてみてください。

YouTube

YouTubeでは、動画の前後や途中、検索結果などで動画広告を掲載できます。指定したリンクに遷移できる「動画アクションキャンペーン」や動画下部に商品画像を掲載できる「ダイレクトレスポンス広告」といったフォーマットを利用可能です。

YouTubeの利用者は動画プラットフォームの中でも多く、幅広いターゲット層に広告を訴求できます。外部サイトへの誘導が可能であるため、自社ホームページやECサイトなどに送客し、成果につなげやすい点もメリットです。

事例:YouTube広告用アニメーション│アニメーション動画制作サービス【ムビサク】

こちらは、ホワイトペーパー制作サービスをアニメーションで紹介した動画の事例です。リード獲得に悩む企業をターゲットに、コンテンツ不足やリード獲得の難しさなどを訴え、ホワイトペーパーの効果をアニメーションでわかりやすく表現しています。

なお、YouTube動画広告の種類や課金システムは、以下の記事で解説しています。

YouTubeで広告収入を得る条件についても下記で解説しているので、動画を収益につなげたい方は確認してみましょう。

Twitter

Twitterでは、タイムラインに動画広告を掲載できます。ユーザーにおすすめとして表示される「プロモビデオ広告」や指定のリンクに遷移できる「ビデオウェブサイトカード」など、フォーマットの種類が豊富です。

Twitterはリアルタイム性の高いSNSであり、トレンドに対する反応が早いため、トレンドを活用した広告配信に向いています。拡散性も高いため、トレンドとマッチした話題性の高い動画広告を配信すれば、より広く認知拡大効果を期待できます。

事例:旅行業向けのサービス紹介動画│アニメーション動画制作サービス【ムビサク】

こちらは、旅行先でのアクティビティ予約サービス「ハローアクティビティ」の広告事例です。アニメーションでサービスのメリットをわかりやすく伝えながら、鮮やかなイラストで旅行の高揚感を表現し、ワクワクした雰囲気を演出しています。

また、Twitterの動画広告の種類は以下の記事でまとめています。メリットや制作のポイントも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

Instagram

Instagramでは、タイムラインやストーリーズ、リールなどさまざまな掲載面に広告を出稿できます。

Instagramは動画や画像の発信に特化したSNSで、とくに10代・20代の利用率が高いため、若年層へのアプローチに効果的な媒体です。

事例:広告用の新規サービス紹介動画│アニメーション動画制作サービス【ムビサク】

こちらは、オンラインで写真データを販売・納品できる「Webアルバム」を紹介した動画事例です。テキストを画面に配置し、サービスの内容がユーザーに伝わりやすい構成に仕上げています。無料トライアル登録を訴求し、気軽にお試しできることをアピールしているのも特徴です。

Instagram動画広告事例は以下の記事でまとめているので、ほかの事例も参考にしたい方は確認にしてみましょう。

TikTok

TikTokでは、縦長動画による広告配信ができ、起動画面やおすすめ欄などに表示できる豊富なフォーマットに対応しています。

「TikTok売れ」という言葉があり、TikTokユーザーはコンテンツから消費行動を起こす傾向が強いため、集客効果や売上アップを期待できるのが特徴です。

事例:TikTok広告用の縦型動画│アニメーション動画制作サービス【ムビサク】

こちらは、YouTubeチャンネルで投稿しているコンテンツの認知拡大を目的に制作した、TikTok動画広告事例です。

アピールしたい元の動画から重要なキーワードをピックアップした上で、要点をまとめた見やすい動画に仕上げています。全体的に明るい雰囲気を演出し、視覚にインパクトを与えているのも特徴です。

TikTok動画広告のメリットや制作ポイント、事例などを詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみましょう。

LINE

LINEでは、ショート動画を投稿できる「LINE VOOM」や「LINEファミリーアプリ」などで動画広告を出稿できます。

LINEは利用率の高さが特徴的で、より多くのユーザーにアプローチできるのがメリットです。登録時のデータや行動データなどでターゲティングできたり、オンラインで広告運用を完結できたりできる点も支持を集めています。

LINE動画広告の種類やメリット・デメリット、事例などは以下の記事で解説しているので、あわせて確認してみてください。

動画広告と他の広告の効果を比較

動画広告と他の広告の効果を比較

広告には、動画広告以外にもテレビCMやバナー広告などさまざまな種類があります。それぞれに特徴があり、期待できる効果も異なるため、効果の違いを理解することが大切です。

動画広告と他の広告の効果を比較しましたので、以下の表をチェックしていきましょう。

広告の種類 効果
動画広告 ・視覚と聴覚で訴求できる
・豊富な情報量で商材の魅力をわかりやすく表現できる
・若年層へ効果的にアプローチできる
テレビCM ・より多くの人に配信できる
・スピーディーな認知拡大を期待できる
バナー広告 ・掲載する媒体のユーザーにアプローチできる
・画像やGIFで視覚的にアピールできる
記事広告 ・広告感が薄くユーザーから敬遠されにくい
・コンテンツの質次第でブランディングを期待できる

テレビCMは年齢や性別にかかわらず、より多くの人に訴求できる広告であるため、ターゲットにこだわらず認知拡大したいときに効果的です。一方、動画広告はユーザーの属性や媒体の特性に絞った配信ができるため、ターゲットが決まっているときに効果を発揮します。

バナー広告と比較すると、動画広告の方が情報量が多いです。画像1枚と限られたテキストで情報を伝えなければならないバナー広告に比べて、動画広告はより多くの情報をユーザーに伝えられます。

記事広告はテキストを読む負担がありますが、第三者目線で制作することで広告感を少なくできるのが特徴的です。動画広告は広告であることが比較的わかりやすく、ユーザーによっては敬遠される可能性があります。媒体によっては通常の投稿に馴染みやすいシステムになっているので、広告感を押し出しすぎない工夫が必要です。

動画広告の効果を高める6つのポイント

動画広告の効果を高める6つのポイント

動画広告で成果を出すためには、動画制作や出稿媒体選びなどが重要です。効果を高める6つのポイントを押さえて、動画広告の準備を進めていきましょう。

  • 目的とターゲットを定める
  • なるべく短くまとめる
  • 最初の5秒で心をつかむ工夫をする
  • ユーザーの共感を得られるコンテンツに仕上げる
  • 出稿する媒体を適切に選ぶ
  • ノウハウやリソースがない場合は制作を外注する

動画広告をはじめて制作する方は、以下の記事で作り方を初心者向けに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目的とターゲットを定める

いきなり動画制作に入るのではなく、動画広告の目的とターゲットを定めましょう。目的やターゲットによって動画の内容が変わるため、明確に定めることが大切です。

たとえば、認知拡大効果を期待するなら、インパクト重視の印象に残りやすい動画がよいでしょう。購買が目的なら、商品紹介やキャンペーン情報など購入を検討したくなるような動画が求められます。

目的が明確でもターゲットが曖昧だと、動画広告は響きません。商品・サービスのターゲットとして、年齢・性別・抱えている悩み・ライフスタイルなどを想定し、動画広告を誰に見てもらいたいかを明確にしましょう。

なるべく短くまとめる

商品・サービスの魅力を伝えようとするほど長尺になりがちですが、再生時間はなるべく短くまとめるのがポイントです。尺の短い動画はすき間時間でも気軽に視聴でき、途中で離脱されるリスクが少なくなります。

要点が伝わるシンプルな動画を制作するためには、伝えたいメッセージを絞ることが大切です。商品・サービスの特徴でもっともユーザーに刺さるポイントを絞り込み、魅力がピンポイントに伝わる動画をつくりましょう。

最初の5秒で心をつかむ工夫をする

動画広告は最後まで見てもらいユーザーにアクションを起こしてもらう必要があるため、途中で離脱されない工夫が必要です。

離脱を防ぐためには、冒頭の5秒で心をつかむのがポイントであるため、インパクトのある映像や音声を取り入れましょう。ユーザーを惹きつけられれば、スキップボタンを押されることなく、最後まで視聴されやすくなります。

ユーザーの共感を得られるコンテンツに仕上げる

伝えたい内容を全面に押し出すのではなく、ユーザーの共感や関心を軸にしたコンテンツ制作が重要です。

動画広告に対してユーザーが共感してはじめて行動につながるので、ユーザーが知りたい情報や悩みに寄り添う情報を盛り込みましょう。

共感を得られるコンテンツづくりには、ターゲットへの理解が欠かせません。ターゲットの悩みや課題を細かく分析し、ユーザーに響くポイントを探りましょう。

出稿する媒体を適切に選ぶ

同じ動画広告でも出稿する媒体によってアプローチできるユーザー層や期待できる効果が異なるので、媒体選びも重要です。たとえば、若年層へアピールしたいならInstagramやTikTokが適しています。

動画広告を出稿できるプラットフォームのユーザーの年齢や性別などを分析し、自社のターゲットと相性のよい媒体を選びましょう。

ノウハウやリソースがない場合は制作を外注する

動画広告を制作するためには、制作スキルや時間、費用といったリソースが求められます。また、質の低い動画広告は企業や商品・サービスのイメージが悪くなる恐れがあるため、自社での制作が難しい場合は、制作会社に外注するのがおすすめです。

ムビサクでは、動画広告の制作サービスを提供しています。徹底したヒアリングでお客さまの要望を汲み取り、効果を期待できる動画広告を制作できるのが強みです。

動画広告・SNS動画広告制作の詳細はこちら

動画構成や訴求ポイントが決まっていない場合には企画やアイデア出しから提案いたしますので、まずは気軽にご相談ください。

まとめ

動画広告は若年層へのアプローチが図れる

動画広告は映像や音声による訴求力に優れ、動画との接触が多い若年層へのアプローチが図れます。また、SNSでの拡散によって、認知拡大や販売促進などの効果も期待できる広告です。効果測定によって改善を図りやすく、他の広告と比べて費用対効果も高めやすくなっています。

動画広告の効果を高めるためには、目的やターゲットを明確に定めた上で、冒頭5秒で心をつかむ工夫や共感を得られるコンテンツ設計がポイントです。

自社での動画広告制作が難しい場合は、制作会社への外注を検討しましょう。ムビサクでは、お客さまの悩みを解決する動画を提案・制作でき、企画やアイデア出しからのご依頼も可能です。

動画広告・SNS動画広告制作の詳細はこちら

ご相談は無料で受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。

コラム検索

コラムカテゴリ

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ