コラム

商品を紹介するための8つの方法を解説!購入数増加のためのポイントもあわせて紹介

商品を紹介するための8つの方法を解説!購入数増加のためのポイントもあわせて紹介

商品紹介の方法によって認知度拡大や購入数増加の効果は大きく変わります。自社商品の最適な宣伝方法がわからないと、ターゲットに情報が届かず商品紹介に使った費用がムダになるかもしれません。

本記事では、商品を紹介するための方法や認知拡大・購入数増加のためのポイントを詳しく紹介します。この記事を読めば、自社にとって最適な商品の紹介方法を把握でき、購入数増加に向けて行動できるでしょう。

商品を紹介できる8つの方法

商品を紹介できる8つの方法

自社の商品を紹介する方法として、主に以下のような方法があります。

  • テレビCMを放送する
  • WEB広告を掲載する
  • WEBメディアで商品を紹介する
  • デジタルサイネージを活用する
  • 新聞や雑誌で広告を掲載する
  • チラシ・パンフレット・カタログを制作する
  • 看板広告を利用する
  • 交通広告を利用する

それぞれの方法のメリットやデメリットについても記載しますので、興味のある商品紹介方法があれば、ぜひ参考にしてください。

テレビCMを放送する

もっとも周知されている商品紹介方法の一つとして、テレビCMがあります。15秒~30秒の動画を広告代理店や制作会社に制作してもらい、テレビ局に依頼することで放映されます。幅広い年齢層に見てもらえるので、テレビCMは認知度向上に最適です。

テレビCMを放送するためには、放映料が発生します。放映料は東京キー局で15秒のCMを流す場合、一回当たり数十万以上が相場です。

長期的に放送すると広告費が高額になるのが、テレビCMのデメリットです。

WEB広告を掲載する

WEB媒体を利用している人に商品を紹介する方法として、WEB広告があります。

WEB広告には以下のような種類があり、それぞれ特徴が異なるので見てみましょう。

種類 特徴
リスティング広告 検索結果画面の上部や下部に表示されるテキスト形式の広告
ディスプレイ広告 WEBメディアやブログに掲載される、テキストや画像、動画形式の広告
インフィード広告 TwitterやInstagramなどSNSの投稿フィードの途中に掲載される広告
インストリーム広告 YouTubeのような動画SNSで動画の前後や途中に表示される動画広告

上記のようにWEB上であらゆる広告を掲載でき、スマートフォンやパソコンの利用者に向けて商品を紹介できます。

動画広告の例として、以下のような動画があるので参考にしてみてください。

事例:インターネット広告用商品プロモーション動画

WEBメディアで商品を紹介する

WEB広告以外にWEB上で商品を紹介する方法の一つとして、WEBメディアでの発信があります。WEBメディアには具体的に以下のような種類があります。

  • ブログ
  • SNS
  • ネットショップ
  • ランディングページ

WEB広告と比べると広告費をかける必要がないので、リーズナブルに商品紹介をできるのがメリットです。ただし、サイトを立ち上げてもすぐにアクセス数を増やすのが難しく、長期間の運用が必要となるでしょう。

より多くのコンバージョンを獲得するために、ランディングページやホームページ内に動画を掲載している企業もあります。ホームぺージ用に動画を作成した企業の動画事例として、TFF株式会社を見てみましょう。

事例:ホームページ掲載や広告用の商品紹介動画

また、YouTuberやインスタグラマーのようなインフルエンサーに依頼して、商品を紹介してもらう方法もあります。インフルエンサーへ費用を払う必要はありますが、多くの人に宣伝できるため購入数増加につながるでしょう。

デジタルサイネージを活用する

デジタルサイネージは公共施設や商業施設に設置されている電子看板のことです。大型のディスプレイで画像形式や動画形式の広告を掲載できます。例として、株式会社ケーブルテレビ富山のデジタルサイネージ用動画を紹介しますので、どのような動画か再生してみてください。

事例:デジタルサイネージ用の広告動画

上記の動画は、市役所を利用するご年配向けに操作性や視認性に優れたスマートフォンを紹介することで、契約数の増加を促しています。デジタルサイネージは普通の看板広告よりも映像に動きがあるため、目に留まりやすいのがメリットです。

新聞や雑誌で広告を掲載する

新聞や雑誌の広告枠を活用することで、購読者のターゲットに合わせた商品紹介ができます。

新聞の場合、60代の56.2%と70代以上の62.2%に情報源として欠かせない存在になっていることから、年配向けをターゲットとした商品の広告を出すのに最適です。新聞の情報は公共性が高く、信頼性があることから、新聞広告を掲載することでブランドイメージがアップする効果もあります。

参考:メディアに関する全国世論調査 2020年

雑誌の場合は幅広いジャンルがあり、雑誌のターゲット層に合わせて広告を出稿することで、商品の売上を増加できるでしょう。

新聞や雑誌に広告を掲載するためには、掲載料を払う必要があります。料金の相場は以下のとおりです。

  • 新聞広告(全国紙・朝刊):45,000円~
  • 雑誌広告(ビジネス誌):370,000円~

参考:日経新聞 広告料金表

参考:日経BP 総合広告料金表 2021

チラシ・パンフレット・カタログを制作する

自社で商品に関する情報を記載した冊子や印刷物も、プロモーションに活用できます。デザインの自由度が高くオリジナル性のある成果物を作れるため、ブランディングにつながりやすいです。とくにパンフレットの場合、折り方や紙質などでもブランドイメージを表現できるので、WEBでは体感できない立体感を表現できます。

WEBのように検索する手間もなく、すぐに手に取りやすいメリットがあります。一方で、印刷費のコストが継続的に発生する点や、持ち運びが必要になる点がデメリットと感じる人もいるでしょう。

看板広告を利用する

建物のカベや屋外にある広告塔に掲載することで、特定の地域にいる人たちに商品を宣伝できます。幅広い世代に商品をアピールできるため、認知度向上やブランディングの効果が期待できるでしょう。ビジネス街のような特定の年齢層が集まるエリアにも看板広告があり、ターゲットに効果の高い広告を掲載することで購入を促進できるメリットもあります。

ただし、看板広告は常に屋外に表示されるため、経年劣化により塗料がはがれて修復が必要になることがあるでしょう。看板広告を設置しても効果があるかを判断しにくいので、次の広告戦略に活かせないのもデメリットです。

交通広告を利用する

交通広告とは、以下のような広告のことを指します。

  • 電車の中吊り広告
  • 電車やタクシーのデジタルサイネージ
  • バスや電車のつり革広告
  • 空港や駅にある看板広告
  • タクシーのデジタルサイネージ

上記の広告は公共交通機関をよく利用している学生や会社員などをターゲットに活用されています。視認性が高く、公共交通機関を頻繁に利用する人たちがほぼ毎日広告を目にするため、印象に残りやすくなります。

交通広告はスマートフォンのWEB広告よりも抵抗感や不快感を与えにくく、自然に広告を受け入れられることもメリットです。

一方、広告のサイズやスペースが均一化されており、オリジナリティを出すのが難しいというデメリットがあります。

商品紹介の方法で効果が出やすいのは「動画媒体」

もっとも商品の売上効果が出やすいのは「動画媒体」

上記で紹介したように商品紹介の方法は多数ありますが、もっとも商品の売上効果が出やすいのは「動画媒体」です。

上記の商品紹介方法のうち、以下の項目が該当します。

  • テレビCM
  • WEB広告(ディスプレイ広告、インフィード広告、インストリーム広告)
  • WEBメディア(ホームぺージに動画を掲載した場合)
  • デジタルサイネージ
  • 交通広告(電車やタクシーのデジタルサイネージ)

動画媒体が効果的なのは、以下の3つの理由があるためです。

  • インターネットを利用して動画を見ることが当たり前になっている
  • 動画は文字や画像よりも短時間で多くの情報を伝えられる
  • 動画はストーリー性を持たせられるため、共感性が生まれやすい

上記の理由から、商品紹介の動画を公開することで幅広い視聴者に訴求できます。

ただし、効果的な商品紹介動画を作るには動画制作のノウハウが必要です。制作経験のない企業の場合、商品の良さをうまくアピールできずに効果の得られにくい動画を制作する場合があるでしょう。

売上や認知度向上につながる動画の制作方法として「動画制作会社への依頼」があります。もし動画制作を依頼したい人がいましたら、弊社の動画制作サービス「ムビサク」を利用してみてはいかがでしょうか?

弊社では商品紹介動画の実績が複数あるため、視聴者の購入を促せる動画を制作できます。無料で動画の企画内容を提案していますので、下記リンクからお気軽にお問い合わせください。

商品紹介で購入数を増やすポイント

商品紹介で購入数を増やすポイント

商品の購入数を増やすポイントとして、以下の5つがあります。

  • 目的を明確にする
  • ターゲットを明確にする
  • 競合を分析して自社商品の強みを洗い出す
  • 魅力のあるキャッチコピーや説明文を作る
  • 商品のイメージにぴったりのデザインを制作する

どの紹介方法でも活用できる内容を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目的を明確にする

はじめに商品紹介の目的を明確にしましょう。商品のブランディングや購入促進など目的によって伝えるべきメッセージが異なるためです。たとえば、ブランディングであれば、商品のイメージを視聴者に印象付ける内容にする必要があります。購入促進であれば商品のメリットを軸にコンテンツを制作することが望ましいです。

目的が明確に決まらないと伝えたいメッセージがあいまいになるため、宣伝の効果が薄くなります。売上につながるコンテンツを制作するためにも、最初に目的を決めましょう。

ターゲットを明確にする

目的が決まれば、誰に商品を紹介したいかを決めます。年齢層や性別などターゲットの特徴によってコンテンツで伝える内容が変わるためです。

例として、揚げ物の冷凍食品の商品紹介を考えましょう。この場合、主婦に売りたい場合は「子供のお弁当の一品に」というメッセージを伝えるコンテンツがいいでしょう。成人男性に売りたいのであれば「お酒との相性がいい」というコンテンツが考えられます。

目的とターゲットを絞ることで、コンテンツが具体化されるので、制作前に必ず明確化しましょう。

競合を分析して自社商品の強みを洗い出す

自社が優位に立てる点を紹介できるよう、競合の商品を分析して自社の強みを洗い出しましょう。競合と似たような内容の宣伝をしても競合のほうが品質で優れていれば、コンテンツを制作しても効果は薄いです。

自社の強みが明確になるとオリジナリティのある商品紹介ができます。オリジナリティがあるとターゲットの興味を引きやすくなるため、自社商品にしかない優れた点を見つけ出しましょう。

魅力のあるキャッチコピーや説明文を作る

自社の強みを最大限に活かせるようなキャッチコピーや説明文を作りましょう。キャッチコピーを作るコツの一つとして、「専門用語をかみ砕いて伝える」という方法があります。

たとえば、形状記憶機能付きのワイシャツを紹介するとしましょう。キャッチコピーを「形状記憶機能付きシャツ」でなく「アイロンのいらないシャツ」として宣伝することで、ターゲットの購買意欲を高められます。

ターゲットの悩みや要望を想定することで、魅力のあるキャッチコピーや説明文を作成できます。

商品のイメージにぴったりのデザインを制作する

商品のブランディングのためには、デザイン性のあるコンテンツを制作することも大切です。以下のように内容が異なるだけで商品のイメージが大きく変わります。

  • 文字のフォントやサイズ、色使い
  • 画像・イラストの明るさや背景色
  • 文字・画像などの配置

動画で商品紹介をする場合も、実写やアニメーションなど表現方法によって、イメージが大きく変わります。目的やターゲットも考慮し、商品のイメージがにあったデザインを意識しましょう。

商品紹介動画の事例

商品紹介動画の事例

商品を動画で紹介したいと考えている人向けに、弊社で制作した3社の商品紹介動画を事例として紹介します。

  • ラッキー工業株式会社
  • 株式会社学研プラス
  • 株式会社ボンド

それぞれの動画の特色について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、商品紹介動画のメリットや種類について知りたい方は、以下のページでも紹介しています。制作ポイントについても記載しておりますので、動画制作を検討している方はお読みください。

ラッキー工業株式会社

事例:展示会イベント用商品紹介動画-ラッキー工業株式会社

ラッキー工業株式会社では展示会やイベント用に新商品「避難用抱っこひも」の紹介動画を制作しました。完全オリジナルのアニメーションでブランディング効果があります。動画内で商品を利用した場合と利用していない場合の比較を解説することで、商品の利便性をわかりやすいように制作しました。

株式会社学研プラス

事例:絵本「ちっちゃな おさかなちゃん」YouTubeプロモーション動画

株式会社学研プラスでは、0〜3才児向けの絵本「ちっちゃな おさかなちゃん」のYouTube広告用動画を制作しました。視聴者が動画に飽きないよう、BGMで絵本に出てくるシーンをつなげています。主人公のおさかなちゃんをアニメーションで動かすことで、よりキャラクターの可愛らしさを表現できます。

株式会社ボンド

事例:営業資料用の商品紹介動画

株式会社ボンドでは建築関連企業向けに営業資料用動画を制作しています。建設現場で活用される親綱支柱「リリーフポスト」について、ホワイトボードアニメーション風に仕上げました。BtoB向けの商品は口頭でお客様に伝えるのは難しいですが、アニメーション動画を活用することで顧客が簡単に理解できるようになります。

参考:施工の神様

まとめ

商品紹介方法の中でも動画による宣伝は効果が大きい

現在、あらゆる方法でターゲットに商品紹介でき、認知度の拡大や購買意欲の促進ができます。商品紹介方法の中でも動画による宣伝は効果が大きく、視聴者の印象に残りやすくなるため、ブランディングとしても最適です。

なお、商品紹介動画の制作を検討している方は「ムビサク」を活用してみてはいかがでしょうか。ムビサクでは、自社の悩みを徹底的にヒアリングし、購入につながる商品紹介動画を制作します。

アニメーション技術を駆使することで、ブランディングにも活用できる動画を作れますので、下記からぜひお問い合わせください。

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ