コラム

企業のDX促進には動画がおすすめ!動画が有効な理由や活用シーンを解説

企業のDX促進には動画がおすすめ!動画が有効な理由や活用シーンを解説

近年デジタル技術の成長とともに「DX」という概念が普及してきました。経済産業省もDXの普及を推進しており、民間企業に向けてDXの普及について取りまとめた「デジタルガバナンス・コード2.0(旧DX推進ガイドライン)」を発表しました。

参考:デジタルガバナンス・コード2.0│経済産業省

DXはビジネス業界にとって重要なキーワードとなっています。企業がDXを普及させるためのツールとして「動画」がおすすめです。動画は場所や時間を選ばずにアクセスでき、短時間でも質の高い情報を効率よく届けられます。

本記事ではDXの導入を検討している方に向けて、DXの基本知識や動画が有効な理由について解説します。DXのための動画の活用シーンや実際の事例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

DXは「デジタルトランスフォーメーション」の略称

DXは「デジタルトランスフォーメーション」の略称で、デジタル技術を活用し、人々の生活をあらゆる面でよりよい方向に変革させるという概念のことです。

ビジネスにおけるDXの意義は、デジタル化を通して企業やビジネス業界全体をよりよく変えていくことであると言えます。たとえば「デジタル技術を使って顧客に新たな価値を提供すること」「デジタル技術を駆使して業務の効率化を図ること」です。

経済産業省は、デジタル技術を活かしてビジネスモデルや経営の変革にチャレンジし続けている企業を「DX銘柄2022」として選定し、DXの普及を図っています。

参考:DX銘柄2022│経済産業省

企業にとってDXが重要な理由

DXを普及させることで商品やサービスの販売だけでなく、業務や組織全体の動きを効率化できるため

企業がDX化に取りかかるべき理由のひとつは、DXを普及させることで商品やサービスの販売だけでなく、業務や組織全体の動きを効率化できるためです。デジタル化の特徴はデータを数値化できる点で、数値化されたデータを分析することで改善すべき業務が明確になり、生産性を高められます。

さらにデジタル化を進めていない企業は取り残されてしまい、経済的損失が大きいとも言われています。経済産業省の「DXレポート」によると、2025年までにDXが浸透しないと最大で年間12兆円の経済損失が起きると予測されており、各分野での迅速なDX化が求められているのです。DX化は完全に浸透するまでに時間がかかるため、できるだけ早くDX化に取りかかることが推奨されています。

参考:DXレポート│経済産業省

DXを普及させるための流れ

DXを普及させるための流れ

抽象的な概念のDXですが、具体的にどのようなことからはじめればいいのでしょうか。以下の手順を参考に、一歩ずつDX化を進めていきましょう。

  1. DXについて社内全体で理解を深める
  2. 現状を把握し、現在のシステムの見直しをする
  3. 実際にデジタル化を導入する

まずは社内全体でDXについての理解を深め、DXのゴールを共有することが大切です。次に現在の業務やシステムを見直し、改善できる部分がないかを検討します。デジタル化にはアプリやシステムの導入、動画を使った業務のデジタル化などさまざまな手段があります。職種や社内の状況に合わせて導入しやすいものからはじめていきましょう。

DXの普及のために動画が有効な3つの理由

DXの普及のために動画が有効な理由

DXを普及させるための手段として「動画」の導入がおすすめです。ここではDXの普及のために動画が有効な理由について、以下の項目を解説します。

  • 場所や時間を選ばずアクセスできる
  • 比較的制作費用を抑えられる/li>
  • 短時間でも質の高い情報を届けられる

場所や時間を選ばずアクセスできる

動画はインターネット環境があればどこでも利用できる点が大きなメリット です。従来の対面でのセミナーや商談は決められた時間を空けておく必要がありますが、動画であれば都合のいい時間に視聴可能です。セミナー会場や取引先の会社に出向く必要もなく、場所の制約もないため、より効率的に業務を進められます。

営業用の資料や研修資料を動画にまとめることで、いつでもどこでもアクセスでき、さらに何度も繰り返し視聴できる点もメリットです。たとえば営業用の資料をまとめた動画を事前に取引相手に視聴してもらうことで、商談の時間を短縮できます。

比較的制作費用を抑えられる

動画はアプリやシステムの導入より制作費用を抑えられるため、取り入れやすい点もメリットです。アプリやデジタルシステムの導入には資金と時間がかかります。たとえばアプリの開発費用の相場は約50万〜1,000万円ほどです。

動画の場合、とくにアニメーション動画であれば実写動画より制作期間や費用を抑えられます。アニメーション動画の相場は約5万〜100万円、実写動画は約30万〜200万円ほどです。動画制作の費用については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

動画の長さやクオリティによって制作費用は異なりますが、ムビサクでは最低5万円からアニメーション動画の制作が可能です。

低価格で高クオリティのアニメーション動画を制作したい方は、ぜひ一度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

短時間でも質の高い情報を届けられる

動画はテキストより多くの情報を伝えられ、映像やイラストを使うことでより具体的に伝えられます。多くの情報をわかりやすく伝えられることで、短時間でも質の高い情報を届けられる点がメリットです。たとえば商談のような時間が限られた場面でも、動画を活用することで効率的に必要な情報を伝えられます。

今まで行っていた情報伝達を動画に変えることで短時間で理解でき、さらに情報を具体的に伝えられることで、認識のズレによる時間のロスを減らせます。

DXのための動画の活用シーンとは?

DXのための動画の活用シーン

DXのための動画は以下のようなさまざまな場面で活用できます。

  • 営業活動
  • 採用
  • 人材育成
  • 社内マニュアル

社内で取り入れやすいシーンからDXのための動画を導入していきましょう。

営業活動

営業活動のシーンでは、商談の際に行う商品やサービスの説明を動画に切り替えられます。営業用の資料を動画にすることで営業パーソンの負担を減らせたり、商談中に説明に割く時間を短縮できたりします。

またリモートワークでオンライン上での会議や商談に切り替わり、対面の時と同じようにうまくプレゼンができない場合にも有効です。動画であれば環境に左右されず、わかりやすく商品やサービスの説明ができます。

採用

採用の場面では求人を集める際に採用動画を活用し、会社について多くの求職者に知ってもらえます。会社や社員の様子を動画にする際、テキストでは表現しにくい部分を映像化することで、会社のイメージを具体的に伝え新入社員の入社後のギャップを減らせます。

また動画は多くのプラットフォームに載せられるため、効率的に企業の認知度を高められる点も特徴です。動画はSNSとの相性もよく、拡散するには地道な努力が必要なものの、費用をかけずに拡散できる点も大きなメリットでしょう。

人材育成

人材育成を行う場面では、従来の対面の研修ではなくオンラインで動画を使った学習ができます。動画であれば時間や場所に縛られることなく、自分のペースで学習が可能です。また習得した部分は飛ばして、わからない部分を繰り返し見返せるため、効率よく学習できます。

さらにアメリカ国立訓練研究所の研究では、動画を使った学習は、テキストのみの学習より記憶に残りやすいという研究結果も出ています。

参考:アメリカ国立訓練研究所の研究

社内マニュアル

テキストでは文字量が多くなりがちなマニュアルも、動画にすることでわかりやすく、短時間で多くの情報を伝えられます。マニュアル動画をを見ながら同じように作業をすれば、画面操作や機械の使い方などを習得できます。

一律のマニュアル動画を一度制作すれば繰り返し使えて、指導者による差が生まれない点もメリットです。全員が同じ認識を共有できると社員の間での齟齬(そご)がなくなり、効率よく業務を行えます。

動画を活用したDXの事例

動画を活用したDXの事例

ここでは以下の実際に動画を活用したDXの事例を紹介します。

  • AS KNOW AS 社員インタビュー動画
  • 株式会社ボンド 「リリーフポスト」の紹介動画
  • グロースマーケティング ウェビナー動画

事例を参考にして、自社に合った動画を制作しましょう。

AS KNOW AS 社員インタビュー動画

引用:AS KNOW AS 2014「AS KNOW ASをつくるひと」

服・雑貨ブランドの「AS KNOW AS」では、部署の紹介と社員へのインタビュー動画を制作しています。会社の紹介動画として、さらに採用動画としても活用できる動画です。働いている様子や社員のプライベートの様子を写すことで、会社への親近感が湧く動画になっています。

またYouTubeという大きなプラットフォームで配信することで、多くの人に会社について知ってもらえて、効率よく会社の認知度を高められます。

株式会社ボンド 「リリーフポスト」の紹介動画

事例:営業資料用の商品紹介動画│アニメーション動画制作サービス【ムビサク】

株式会社ボンドでは、建築関連企業への営業資料としてアニメーション動画を導入しています。実際の商談に持ち込むことが難しい商品でも、アニメーション動画を使うとイメージしやすいのが特徴です。

データや情報を図やイラストでわかりやすく表現する「インフォグラフィック」と呼ばれる手法が使われており、映像だけでも多くの情報を伝えられます。さらにナレーションと馴染みやすいイラストで、アニメ感覚で気軽に視聴できる点もポイントです。

グロースマーケティング ウェビナー動画

引用:【Best of Breed】OMO最新データ活用法!位置情報と行動データを分析する

上記の動画は「docomo」と「Location VALUE」の2社が共同で行ったオンラインセミナーを録画したウェビナー動画です。ウェビナーは講演を行う側も視聴者側も、自宅やオフィスなど都合のよい場所で実施できるのが特徴です。

さらにウェビナーを録画してYouTubeで配信することで、いつでも好きな時間に視聴できます。約1時間ほどの動画ですが、必要な部分まで飛ばしたり、再生速度を上げたりすることで効率よく学習できます。

動画を活用してDXを普及させるためのポイント

動画を活用してDXを普及させるためのポイント

DX普及のために動画を活用する場合は以下のポイントを押さえることで、より効率的にDX化を進められます。

  • さまざまなシーンでの動画活用を検討する
  • SNSを活用する
  • 動画を使って解決したい課題を明確にする

さまざまなシーンでの動画活用を検討する

動画は汎用性が高く、短い動画であれば制作コストも抑えられるため、今行っている業務の中で動画に置き換えられるものはないか検討してみましょう。上記で紹介したように営業活動や採用シーンなど、動画を活用できる場面は多くあります。

いきなりすべての工程を動画化する必要はなく、業務の一部を動画に変えてみたり、今行っている業務と動画を組み合わせてみたりするといいでしょう。たとえば新人研修で対面のセミナーと動画での学習を組み合わせて、徐々にデジタル化に移行できます。

SNSを活用する

動画とSNSは相性がよく、制作した動画をSNSで配信することで効率的に多くの人に情報を届けられます。たとえば商品紹介の動画をSNSで配信することで不特定多数の人にアプローチでき、商品の認知度を高めることが可能です。動画を使うことで消費者は手軽に情報を得られ、企業側は効率的に商品の宣伝ができます。

SNSで動画を配信するときは、ターゲット層に適したプラットフォームを見極めることが大切です。InstagramやTikTokは若年層向けで、Facebookは比較的広い年齢層にアプローチ できます。

動画を使って解決したい課題を明確にする

どのような課題を解決して、どのような結果を得たいかを最初に明確にしましょう。解決したい課題によって、動画の内容や演出が変わってくるためです。

たとえば営業活動で「商談中の商品紹介の時間を減らしてヒアリングに時間を割きたい」という目的があれば、商品の魅力を端的にわかりやすく説明した動画が必要です。一方採用活動で「自社にマッチした人材を集めたい」という目的があれば、会社の雰囲気がわかる演出の動画が向いています。

まとめ

DXとはデジタル技術を活用して企業やビジネス業界全体をよりよく変えていくこと

ビジネスにおけるDXとは、デジタル技術を活用して企業やビジネス業界全体をよりよく変えていくことです。動画は場所や時間を選ばずにアクセスでき、制作費用を抑えられるため、企業がDXを普及させる手段として有効なツールです。動画を使ってDX化を進めていくことで業務を効率化でき、顧客へ質の高い情報を届けられます。

動画を制作する際に無形のサービスや実写で伝えにくい場合は、イラストを使ってわかりやすく伝えられるアニメーション動画がおすすめです。低価格で高クオリティのアニメーション動画を作りたい方はムビサクを検討してみてはいかがでしょうか。

ムビサクでは企業向けDX推進動画制作・映像制作支援サービスを提供しています。動画の企画や構成から任せられるため、はじめてDX推進動画を制作する方でも安心です。無料相談を行っているので、気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください。

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ