TikTok動画広告の作成

ショートムービーで
TikTok動画広告を始める

TikTok動画広告とは、ショートムービーに特化したSNSであるTikTokを媒体とした動画広告です。 TikTokは、中国に拠点を置き、Lemon8やBuzzVideoなど様々なコンテンツ共有サービスを展開しているByteDance社が運営する動画配信プラットフォームです。若年層に人気のTikTokは、上下にスワイプして動画を視聴できる縦型動画でコンテンツが生成されます。ユーザーの興味に合わせた動画がフィードに流れるため、潜在的なターゲットへのアプローチが可能です。

TikTok動画広告を
活用するメリット

01

若年層への高い
プロモーション効果

TikTok動画広告は若年層への高いプロモーション効果が期待できます。博報堂の調査によると、TikTokユーザー全体の約50%が10代から20代の若年層です。また、TikTok動画広告では、性別や年齢で詳細なターゲティングも可能なため、宣伝したい商品・サービスのターゲットに合わせたアプローチが可能です。 参考:博報堂「コンテンツファン消費行動調査」

02

投稿に自然と
馴染みやすい

TikTok動画広告は、ユーザーがフォローしている友人やクリエイターの投稿に紛れて配信されます。そのため、投稿に自然と馴染みやすく、強制的に広告を見せられたという不快感を払拭することができます。また、動画広告を楽しんで視聴してもらうこともできるため、「いいね」「コメント」「シェア」などのエンゲージメントにもつながります。

03

全画面に縦型動画で
インパクトを与える

TikTokでは、ページの一部に広告が表示されるのではなく、スマホの全画面に縦型動画として配信されます。そのため、ユーザーの視覚に強いインパクトを与えることができます。ダイナミックな映像表現やBGMを用いることで、より印象に残りやすい広告となり、ブランドイメージの向上や認知拡大にもつながります。

TikTok動画広告の種類と特徴

TikTok動画広告には様々な種類があり、配信される場所もそれぞれ異なります。広告を出稿する目的やターゲットに合わせて広告のフォーマットを選びましょう。

代表的なTikTok動画広告のフォーマットは以下の3種類です。

・インフィード広告
・起動画面広告
・ハッシュタグチャレンジ

それぞれのTikTok動画広告の種類と特徴について解説します。

  • インフィード広告

    インフィード広告は、TikTokのフィード上に配信される広告です。通常の投稿に紛れて流れるため、広告色を減らしユーザーにノンストレスで広告を視聴してもらうことができます。ユーザーのほとんどが目にする「おすすめ投稿」に表示されるため、認知拡大に効果的です。また、「いいね」「コメント」「シェア」などのアクションにもつながりやすいため、印象に残る広告になります。

  • 起動画面広告

    起動画面広告とは、TikTokのアプリを起動した際に表示される広告です。すべてのユーザーに対して必ず配信されるため、認知拡大に効果的です。しかし、1日1社限定であるため枠を確保しづらく、高額な費用もかかります。また、自社サービスへの問い合わせフォームやスマホアプリのインストール画面への導線を設置することで、成果につながりやすくなります。

  • ハッシュタグチャレンジ

    ハッシュタグチャレンジとは、ハッシュタグ(#)を活用したタイアップ広告です。多くのユーザーが参加し、特定のテーマに沿って動画を投稿します。参加者にプレゼント特典などを用意することで、より多くのユーザーに興味を持って参加してもらうこともできます。また、インフルエンサーやTikTokerを起用して動画を投稿してもらうことで、一般ユーザーも参加しやすくなり、高いエンゲージメント率も期待できます。

TikTok動画広告の
制作実績

ムビサクで制作したTikTok動画広告の制作実績を一部ご紹介します。
お客様の業種や用途に合わせたプランのお見積もりも無料で行いますので、お気軽にご相談ください。

  1. TikTok広告用の縦型動画

    TikTok広告用の縦型動画│ムビサクの動画制作実績

    株式会社インヴァランス様 TikTok広告用の縦型動画

    制作実績の詳細を見る

TikTok動画広告の
利用シーン

TikTok動画広告の代表的な利用シーンを解説します。この他にも多数のシーンで利用可能ですので、まずは一度ご相談ください。

  • ブランドイメージの向上

    ブランドイメージの向上

    TikTok動画広告は企業や商品・サービスのブランドイメージ向上に利用されています。他の投稿に紛れた広告色の低いコンテンツは、ユーザーからの好感度アップが期待できます。ストーリー性のある構成や画面全体に移されたダイナミックな映像で、ビジョンや世界観を訴求することができます。ただし、「バズる」こと優先しすぎるあまり、刺激の強すぎる動画となり炎上してしまう危険性もあるため注意しましょう。

  • 商品・サービスの認知拡大

    商品・サービスの認知拡大

    商品・サービスの認知拡大にもTikTok動画広告は利用されています。TikTokでは年齢や性別から詳細なターゲティングが行えるため、若年層を中心としたプロモーションにも効果的です。TikTokでは縦型の動画が配信されるため、スマホの画面全体に表示されることでユーザーの視線を奪い、商品・サービスの魅力が記憶に残りやすくなることも期待できます。

  • アプリインストールやリーチ獲得

    アプリインストールやリーチ獲得

    TikTok動画広告には、アプリインストールやサービスサイトへのリンクを設置することができます。「いいね」「コメント」「シェア」などアクションにつながりやすいTikTokでは、アプリインストールやリーチ獲得にも利用もおすすめです。特に、スマホで視聴されることの多いTikTokは、アプリストアから直接アプリをダウンロードできるため、導線の無駄の少ないプロモーションが可能です。

TikTok動画広告を
作成する際のポイント

TikTok動画広告を作成する際は、目的やターゲットに合わせて、メッセージを短くまとめた構成にすることがポイントです。また、縦型動画に合わせたクリエイティブにして、冒頭からインパクトのある構成にすることで、より高い広告効果も期待できます。TikTok動画広告を作成するにあたって、どのような点を意識して作成を進めればいいかをポイントに分けて紹介します。

01

メッセージを
短くまとめる

動画に盛り込むメッセージを短くまとめておくことがポイントです。 画像を用いたバナー広告やテキストのリスティング広告とは異なり、多くの情報を盛り込むことができる点が動画広告のメリットです。しかし、情報を詰め込みすぎてしまうとかえってターゲットにメッセージが伝わないこともあります。動画広告の目的を定めてターゲットを絞り、ひとつの動画で伝えたい訴求は最小限にまとめておくことで、ターゲットの心を掴む広告になります。

02

縦型の
クリエイティブにする

TikTokはInstagramやTwitterの広告と異なり、縦型動画がメインです。そのため、他の広告媒体から動画を転用する際にも縦型のクリエイティブに編集しておくことが大切です。画面全体でダイナミックな訴求ができるため、制作担当者と相談して効果的な構成やストーリーを決めていきましょう。また、ひとつの広告で複数のサイズの動画を作成しておくこともおすすめです。TikTok動画広告で効果の良かったクリエイティブを他のSNSや広告媒体に転用することで、効率良く広告のテストが可能です。

03

冒頭からインパクトのある
構成にする

TikTok動画広告は、最後まで見られずにユーザーにスキップされてしまうこともあります。冒頭からインパクトのある構成の動画にすることもポイントです。画面の切り替わりを増やしたり、アニメーションやエフェクトを多用し、テンポ感の高い動画にすることで視聴離脱を防ぐ効果も期待できます。また、冒頭で企業名やサービス名を伝えてみることもおすすめです。冒頭しか視聴されない際にも、効果的に商品・サービスの認知拡大が期待できます。

ムビサクが選ばれる
5つの理由

  • 相場以下の低価格で高品質な動画を

    相場以下の低価格で
    高品質な動画を

    ムビサクでは、販促にかかる外注コストを削減することで、低価格な動画の納品を実現します。初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、低価格で高品質な動画制作サービスを提供します。

  • 最短10営業日のスピード納品

    最短10営業日の
    スピード納品

    お問い合わせから2営業日以内に担当者よりご連絡を差し上げます。(※土・日・祝日を除く)迅速にヒアリングまで行えるため「急いで制作したい」というお客様のご要望にも柔軟に対応が可能です。

  • 企画やアイデア出しから丸投げOK

    企画やアイデア出し
    から丸投げOK

    動画の構成や訴求したいポイントがお決まりでない場合もお気軽にご相談ください。企画やアイデア出しの段階からご提案できるため、動画制作が初めてでも安心のクオリティで納品が可能です。

  • 徹底した事前ヒアリング

    徹底した
    事前ヒアリング

    ムビサクでは、ご契約前にお客様のプロモーション活動についてお悩みを徹底的にヒアリングいたします。業種や用途にあった動画を制作できるため、「イメージと違った!」という制作後のギャップを防ぎます。

  • 契約前でも動画の企画と構成案は無料

    契約前でも動画の
    企画と構成案は無料

    ムビサクでは、初めての動画制作でも安心してご依頼いただけるように、ご契約前のヒアリングから企画・構成案を作成します。制作開始前に適宜ミーティングを設けてお客様のご要望を反映しますので、しっかりご納得いただけた後に動画制作を開始できます。

動画制作の流れ

動画制作は、企画提案などのプランニングの段階から動画納品までワンストップで提供します。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 1
    お問い合わせ
    お問い合わせ

    お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。ご相談やお見積もりは無料で対応します。

  • 2
    ヒアリング
    ヒアリング

    ヒアリングシートをお送りします。記載いただいたヒアリングシートを基に、お打ち合わせを行います。

  • 3
    お見積もり&構成案
    お見積もり&構成案

    お打ち合わせでヒアリングした内容からお見積もりの作成と企画・構成を行います。

  • 4
    ご契約
    ご契約

    ご依頼いただく際には、お見積もりと構成案の内容を基に契約書を作成したうえでご契約となります。

  • 5
    絵コンテ作成
    絵コンテ作成

    構成案を基にしてシナリオおよび絵コンテの作成を行います。企画内容を具体化していく作業です。

  • 6
    動画制作
    動画制作

    絵コンテから動画制作開始します。図やオリジナルイラストを作成して映像作品に仕上げていきます。

  • 7
    初稿チェック&修正
    初稿チェック&修正

    完成した動画を初稿として提出します。内容に誤りがないかチェックをしていただきます。

  • 8
    納品
    納品

    修正が完了した動画を改めて納品します。動画の目的や用途に応じたフォーマットで納品対応が可能です。

TikTok動画広告作成の
よくあるご質問

各種フォーマットごとに動画サイズを指定できますか?
できます。フィードやストーリーズなど、各種フォーマットに合わせた縦横比やデータ容量で納品が可能です。
動画の再編集には別途費用が掛かる場合があるため、不安な点は担当者にご相談ください。
WEBサイトや広告用LPも制作可能ですか?
動画制作とあわせて企業のWEBサイトや広告用LPの制作から、紙媒体でのパンフレットやチラシまで幅広く制作を行っています。まずはお気軽にご相談ください。
ABテスト用に複数の動画制作を予定しています。ボリュームディスカウントは可能ですか?
可能です。2本目以降の制作の段階から割引価格でご提供いたします。
その他、継続的な発注や複数本の発注をいただく際は、専門のチームを発足し、柔軟な制作環境をご用意いたします。まずはお気軽にご相談ください。
著作権について教えてください。
納品とお支払いが完了した時点で、お客様に著作権を譲渡いたします。
二次利用も可能ですので、イラストレーターなどのプロジェクトファイルでの納品にも対応いたします。
他社とコンペを考えています。問題ありませんか?
問題ありません。他社と比較してお見積もり内容に納得いただけない場合でも、精一杯対応しますので改めてご相談ください。
03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ