コラム

TikTok動画広告とは?メリットや制作のポイント、事例まで解説

この記事の監修者アイコン

この記事の監修者

船木 佑哉

<動画事業部 部長>

TikTok動画広告とは?メリットや制作のポイント、事例まで解説

商品・サービスのPRとして、TikTok動画広告は注目されている手法です。若者を中心に多くの利用者がいるTikTokに動画広告を出稿することによって、TikTokユーザーに向けた商品・サービスの認知度アップや集客などを期待できます。

本記事ではTikTok動画広告の種類ごとの料金やメリット、注意点、制作のポイントを解説します。TikTok動画広告の事例も紹介するので、ぜひ自社での広告運用に役立ててみてください。

動画制作サービス「ムビサク」ではTikTok動画広告の豊富な制作実績があります。動画制作を検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

ムビサクのTikTok動画広告について詳しく知りたい方はこちら

  • TikTok動画広告のユーザー傾向
  • TikTok動画広告の種類と料金
  • TikTok動画広告と効果的に制作するポイント

動画制作でこんなお悩みありませんか?

  • 動画制作を考えているがどうすればよいかわからない
  • 急いで動画を作りたいが方法がわからない
  • 高品質な動画を制作したいが自社では難しい…

\ スピーディーに高品質な動画を作るならムビサク /

無料で相談・問い合わせる

TikTok動画広告とは

TikTok動画広告とは

TikTok動画広告とは、TikTokで配信できる動画形式の広告です。InstagramやLINEなどで縦長のショート動画がマーケティングに活用される中、TikTokにおいても縦長動画による広告配信が注目されています。

ここでは、TikTokユーザーの傾向や、動画広告とTikTokプロモートの違いを解説するので、TikTok動画広告でアプローチできるユーザー層や特徴を理解していきましょう。

なお、以下の記事ではSNSの動画広告事例をまとめています。メリットや作成のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

また、TikTok動画広告も含まれる縦長のSNS広告については、以下の記事で横動画との違いやメリットを解説しているので、こちらもチェックしてみましょう。

TikTokユーザーの傾向

TikTokユーザーは、他のSNSに比べて年齢層が若いです。博報堂が実施しているコンテンツファン消費行動調査の2021年版によると、ユーザーの平均年齢は34.15歳で、ほかの主なSNSに比べてもっとも年齢層が低くなっています。

DIGIDAY|日本の TikTok ユーザーは平均34歳、博報堂調査が示す実態

引用:DIGIDAY|日本の TikTok ユーザーは平均34歳、博報堂調査が示す実態

とくに利用者が多いのは10~20代で、男女ともに約24%を占めています。

また、TikTokユーザーはコンテンツへの支出金額が大きいという結果があり、TikTokをきっかけにヒットするコンテンツが多いのが特徴です。

DIGIDAY|日本の TikTok ユーザーは平均34歳、博報堂調査が示す実態

引用:DIGIDAY|日本の TikTok ユーザーは平均34歳、博報堂調査が示す実態

若年層が多く利用し、投稿から消費行動につながりやすい傾向から、TikTok動画広告は若者向けのPRに効果的なことがわかります。

近年、TikTokをはじめとしてSNSが動画マーケティングに広く活用されています。動画マーケティングに効果的なSNSや動画制作のポイントなどを以下の記事で解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

動画広告とTikTokプロモートとの違い

TikTokには、動画広告だけではなく、TikTokプロモートという広告ツールも利用できます。

TikTokプロモートとは個人アカウントでも利用できる広告ツールで、ビジネスアカウントに限ったTikTok広告よりも幅広いユーザーが利用できるのが特徴です。

また、動画広告のような広告費は発生せず、インプレッションあたりの費用が発生するため、低予算で広告を配信できます。

一方で、TikTokプロモートは広告であることがわかりにくいため、ステルスマーケティングと思われるリスクに注意が必要です。また、おすすめ動画の一部として掲載され、掲載面のカスタマイズはできません。

その点、TikTok動画広告は起動画面やインフィードなど広告の種類を選べるため、柔軟な広告配信が可能です。

参考:【公式】TikTok for Business

TikTok動画広告の種類と料金

TikTok動画広告の種類と料金

TikTok動画広告には、以下のような種類があります。

  • 起動画面広告
  • インフィード広告
  • ハッシュタグチャレンジ広告
  • ブランドエフェクト広告
  • ブランドオークション広告

それぞれの特徴と料金を解説します。

起動画面広告

起動画面広告とは、TikTokを起動した画面で配信される広告です。ユーザーがアプリを開いてすぐ表示されるため、必ずユーザーに広告を見てもらえて、広告内に設置したリンクから商品ページやホームページなどに誘導できます。

ただ、起動画面広告は1日1社と限られた枠であるため、すぐに配信できるとは限りません。料金はインプレッション課金を採用し、1,000回の表示あたり770円程度の費用が発生するため、1日あたり約500万円の費用を想定しておく必要があると言われています。

インフィード広告

インフィード広告とは、TikTokアプリの「おすすめ」欄で配信される広告です。「おすすめ」には他の投稿も表示されるため、一般の投稿に広告が馴染みやすくなっています。

「おすすめ」から動画を探すユーザーも多く、内容次第ではより多くのユーザーにアプローチできるのが特徴です。

料金は1日42万円からで、表示期間や表示位置によって費用が変動します。TikTok動画広告の中では料金が安く、ローコストで広告運用を始められるでしょう。

ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告とは、オリジナルのハッシュタグを使ったユーザーの投稿が広告として表示される動画広告です。

ユーザー目線の動画が広告になるため、エンゲージメント率向上を期待でき、投稿内容によっては広く拡散される可能性があります。

ハッシュタグチャレンジ広告の料金プランは4つあり、他の動画広告に比べると比較的高額です。

プラン 料金 掲載期間 掲載面
ベーシックハッシュタグチャレンジ 1,000万円 3日間 おすすめ
スタンダードチャレンジ 1,500万円 6日間 バナー
※1日のみ1番目に表示
おすすめ
ハッシュタグチャレンジプラス 1,700万円 5日間 バナー
※2日間1番目に表示
おすすめ
バトルハッシュタグチャレンジ 2,000万円 3日間 バナー
おすすめ
※2つのハッシュタグを利用できる

ブランドエフェクト広告

ブランドエフェクト広告とは、動画にカメラのフィルター機能のようにエフェクトを表示できる広告です。

色をはじめとした使用感を確かめたい商材との相性がよく、エフェクトによって使用イメージを膨らませられます。背景でブランドの世界観を表現したり、ちょっとしたゲームでユーザーを楽しませたりするなど、エフェクトの活用方法は幅広いです。

料金プランは以下の3つで、プランに応じて利用できるエフェクトが異なります。

プラン 料金 主なエフェクト
Standard 380万円 フィルター
2D前景
2D顔 / 手
Premium 520万円 顔変形
コスメティック
髪色チェンジ
Deluxe 720万円 雨コントロール
3D頭部
ARキャラクター
ミニゲーム

ブランドオークション広告

ブランドオークション広告は運用型広告のひとつで、広告の成果に合わせてターゲットや予算などを調整できる広告です。運用の知識は求められますが、広告を最適化しながら効果の最大化を目指せます。

インフィード広告と同じく「おすすめ」欄に表示され、多くのユーザーに見られるチャンスがあるのが特徴です。

料金は入札形式で、インプレッションや動画の再生時間に応じて発生します。他の広告主よりも入札額が高いほど上位に表示されるため、露出度を高めるためにはコストが多く必要です。

TikTok動画広告の5つのメリット

TikTok動画広告の5つのメリット

TikTok動画広告を利用するメリットは、以下の5つです。

  • 若年層に対して効果的にアプローチできる
  • 「いいね」やコメントなどで反応がわかる
  • 「TikTok売れ」を期待できる
  • 広告にストレスを感じにくい仕組みになっている
  • よいコンテンツはユーザーによって拡散される

メリットを理解した上で、TikTok動画広告の活用を検討しましょう。

また、商品・サービスの紹介や営業資料などに動画を活用するメリットを以下の記事で詳しく解説しています。TikTok以外にも動画の活用を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

若年層に対して効果的にアプローチできる

TikTokユーザーの平均年齢は他のSNSに比べると低く、とくに10~20代のユーザーが多いため、若年層へアプローチしたいときに効果的なSNSです。

そのため、自社の商品やサービスを若年層にPRしたいときに、TikTok動画広告の効果を期待できます。

「いいね」やコメントなどで反応がわかる

TikTok動画広告は、一般の投稿と同じように、ユーザーから「いいね」やコメントなどの反応を得られます。

ユーザーの反応を見て、動画広告やマーケティング施策の改善ができ、効果的な広告運用へのヒントを見つけられるのがメリットです。

また、ユーザーの反応によって動画広告がコンテンツとして成長するケースも多いので、ユーザーを巻き込んだ広告戦略も検討してみましょう。

「TikTok売れ」を期待できる

TikTokユーザーはコンテンツをきっかけに行動を起こす傾向が強く、「TikTok売れ」という言葉が生まれるほど、消費行動を期待できます。

動画広告を視聴して本人が購入するのはもちろん、話題の商品・サービスを紹介する動きもあり、拡散を期待できるのもメリットです。

話題になるTikTok動画広告を配信すれば、集客や売上アップなどの成果が生まれるチャンスが広がります。

広告にストレスを感じにくい仕組みになっている

TikTokはスクロール操作でコンテンツをスキップし、自分が見たいコンテンツだけを視聴できる仕組みを採用しています。

動画広告も気軽にスキップできるため、広告によるストレスを与えにくいのが特徴です。広告を視聴する場合は、ユーザーが自発的に見ているケースが多く、商品の購入やサービスの問い合わせなどの行動につながりやすくなります。

よいコンテンツはユーザーによって拡散される

TikTokをはじめとしたSNSは、よいコンテンツをユーザーが他のユーザーに拡散する傾向があります。

SNSの中でもTikTokは消費行動につながりやすいため、拡散によるメリットが大きいです。当初のターゲット以外にも、幅広いユーザーに動画広告が見られ、売上や集客などの成果を期待できるでしょう。

拡散の影響力は非常に高いため、ユーザーが広めたくなるような話題性のある動画広告をつくることも重要な戦略です。

TikTok動画広告を運用する際の注意点

TikTok動画広告を運用する際の注意点

TikTok動画広告を運用する際は、以下の3点に注意が必要です。

  • 流行が変わりやすい
  • 最低出稿単価が比較的高い
  • 入稿規定を守る必要がある

注意点への対策をあらかじめ考えたうえで、TikTok動画広告を効果的に活用しましょう。

流行が変わりやすい

TikTok発の流行やブームは、爆発的に話題が広がる一方で、移り変わりが早いという注意点があります。

たとえば、TikTokで人気のダンス系動画では、話題の振り付けや曲など日々新しいものが生まれ、流行をひとつに絞るのは難しいです。

今、流行っているものを動画広告に取り入れようとすると、配信時にはトレンドが変わっているかもしれないので、より広い視点でトレンドを見極めましょう。

トレンドに合わせた動画広告の制作が難しい場合は、トレンドに寄せすぎず、ユーザーを楽しませたり冒頭で興味を惹かせたりなどポイントを押さえた広告運用が効果的です。

最低出稿単価が比較的高い

TikTok動画広告の最低出稿単価は、キャンペーン階層の最小予算金額が5,000円、広告セット階層の最小予算金額が2,000円となっています。

参考:TikTokビジネスヘルプセンター|予算と入札に関するよくある質問

1日あたりの最小金額を自由に設定できる広告が多いため、最低出稿単価は比較的高いです。予算が不足すると動画広告の配信がストップするので、あらかじめ余裕を持って広告運用費用を確保する必要があります。

入稿規定を守る必要がある

TikTokでは、広告に対する入稿規定を定めているため、動画広告の規定を遵守する必要があります。

TikTokで定められている動画広告の規定は、以下の通りです。

広告の構成 動画クリエイティブ
広告表示画像
ブランド名/アプリ名(ロゴ)
広告説明文
CTAボタン
アスペクト比 9:16
1:1
16:9
動画の解像度 540×960px
640×640px
960×540px以上
ファイル形式 .mp4
.mov
.mpeg
.3gp
.avi
動画の長さ 5~60秒
※9~15秒を推奨
ビットレート 516kbps以上
ファイルサイズ 500MB以上
プロフィール画像 アスペクト比: 1:1
ファイル形式:.jpg、.jpeg、.png
ファイルサイズ:50KB未満
アプリ名またはブランド名 アプリ名:半角4~40文字、全角2~20文字
ブランド名:半角2~20文字、全角1~10文字
※絵文字は非対応
※句読点、スペースは1文字に換算
広告説明文 半角1~100文字
全角1~50文字
※絵文字や特殊文字は非対応
※句読点、スペースは1文字に換算

引用:TikTok ビジネスヘルプセンター|動画広告の規定

効果的なTikTok動画広告を制作する4つのポイント

効果的なTikTok動画広告を制作する4つのポイント

TikTok動画広告を活用する企業が増えているため、効果を期待するためにはクオリティの高い動画が求められます。

商品・サービスの周知や集客などの目的を達成するためには、以下のポイントを意識しましょう。

  • ユーザーが楽しめるコンテンツを意識する
  • 冒頭で興味を惹くインパクトを与える
  • BGMを効果的に使用する
  • 必要に応じて外注を活用する

なお、以下の記事では動画作成のコツを詳しく解説しています。TikTok動画広告に生かせるので、ぜひチェックしてみてください。

また、動画広告の作り方とポイントは以下の記事で説明しています。基本からコツまで知りたい方は、こちらも確認してみましょう。

ユーザーが楽しめるコンテンツを意識する

TikTokは広告に対するストレスが少ない仕組みであるものの、ユーザーは投稿を楽しむために利用しているので、ユーザー目線でコンテンツを制作する必要があります。

ユーザーが楽しめるコンテンツを意識し、おもしろい動画や発見のある動画を広告として配信するのがおすすめです。

ユーザーにとって魅力的な動画広告は通常の投稿と同じ感覚で見られ、ユーザーによる拡散も期待できます。

冒頭で興味を惹くインパクトを与える

TikTok動画広告を最後まで見てもらうためには、冒頭数秒のインパクトが重要です。ファーストビューで興味が湧けば、動画広告への滞在時間が増え、商品やサービスの訴求がしやすくなります。

たとえば、動画の最初に一番伝えたい内容を大きく表示し、続きが見たくなるように印象づけるのが効果的です。

BGMを効果的に使用する

TikTokでは映像とBGMの組み合わせが重要で、効果的なBGMによってユーザーの印象に残りやすくなります。

動画広告の雰囲気やリズムに合わせてBGMを選んだり、話題のBGMに合わせて動画を構成したりするなど、BGMを意識して動画を制作しましょう。

必要に応じて外注を活用する

ユーザーを惹きつけるTikTok動画広告をつくるためには、動画制作のスキルやリソースが必要になります。SNS動画制作が得意な人材がいない場合、TikTok動画広告に注力するリソースがない場合は、制作会社に外注するのがおすすめです。

SNS動画に強い制作会社に依頼すれば、専門的なノウハウやスキルを生かしたクオリティの高い動画広告を制作できます。

ムビサクでは、TikTok動画広告制作サービスを提供しています。丁寧なヒアリングで訴求したいポイントやアイデアなどの要望を汲み取り、安心のクオリティでTikTok動画広告を制作できるのが強みです。

TikTok動画広告制作の詳細はこちら

まずはサービスの詳細を知りたい方は、無料相談を受け付けていますので、気軽にお問い合わせください。

TikTok動画広告の事例

TikTok動画広告の事例

TikTok動画広告を活用している企業は多いため、自社で運用する前に事例を参考にすることも大切です。3社の事例を紹介するので、自社の動画広告に生かせるヒントを探してみましょう。

  • アイフル株式会社
  • 株式会社Koiniwa
  • 味の素株式会社

アイフル株式会社

@aiful.promotion

アイフル「フォトジェニック女将」篇テレビCM【公式】

♬ 原声 – アイフル公式チャンネル

引用:アイフル「フォトジェニック女将」篇テレビCM【公式】 | TikTok

アイフルは、若年層へのアプローチを強化するために、テレビCMを縦型にした動画広告をTikTokで配信しています。

起動画面広告を活用し、女優・大地真央さんとお笑い芸人・今野浩喜さんが掛け合う印象的な動画によって、テレビを見ない層へのアプローチに取り組んでいるのが特徴です。

広告認知やブランド認知が好調であったため、ブランドオークション広告の配信も開始し、TikTok動画広告の運用を継続的に進めています。

株式会社Koiniwa

株式会社Koiniwa

引用:【公式】TikTok for Business

ゲームを楽しみながら異性とマッチングできるアプリ「恋庭」では、新規顧客獲得とアプリのダウンロード数アップを目指してTikTok動画広告を運用しています。

ストーリー仕立ての動画をシリーズで公開し、視聴者の興味を惹きつけながら、「ゲームしてたら、恋人ができた」というブランドメッセージを伝えているのが特徴です。

広告費用対効果は過去キャンペーンの1.3倍を記録し、新規顧客獲得やインストールコストの削減などの成果を実現しています。

味の素株式会社

@keitaro072 自分の作ったチャーハンがおいしすぎて脱サラして中華料理屋やろうとしてたので全力で止めました! #チャー活#手作りチャーハン#香味ペースト ♬ オリジナル楽曲 – けーさんとたろー(会社員の人たち)

引用:自分の作ったチャーハンがおいしすぎて脱サラして中華料理屋やろうとしてたので全力で止めました! #チャー活#手作りチャーハン#香味ペースト | TikTok

味の素株式会社では、「Cook Do 香味ペースト」のマーケティングとして、TikTok動画広告を活用しました。

「#チャー活」「#香味ペースト」でクリエイターの投稿を促し、ユーザー目線の動画広告によってエンゲージメント率や商品の出荷数が向上しています。

メインとなるクリエイターの選定には、TikTok for Business公式のクリエイターマッチングツール「TikTok Creator Marketplace」を活用し、再生回数や見せ方などの基準でクリエイターをピックアップしたのが特徴です。

複数のクリエイター起用によって、クリエイターそれぞれの見せ方やファン層を生かした点も、成果につながった要因と言えます。

TikTok動画広告を配信する手順

TikTok動画広告を配信する手順

TikTok動画広告を配信するためには、広告アカウントとビジネス情報の登録が必要です。

【広告アカウントの登録】

  1. TikTok for Businessを検索し、トップ画面の「始める」を選択する
  2. メールアドレス、パスワードを入力し、「検証コードを送る」を選択する
  3. 入力したメールアドレスに届いた検証コードを入力する
  4. 「国/地域」「登録タイムゾーン」「アカウントの通貨」を選択し、アカウント名と電話番号を入力する

【ビジネス情報の登録】

  1. プロモーションサービスのURLと「業界」を入力する
  2. 住所を入力する
  3. 代理店または広告主を選択し、支払いタイプを自動決済または手動決済から選ぶ
  4. 「カードを追加」を選択し、決済に使用するカード情報を入力する

参考:TikTok For Business 広告アカウントの開設方法

動画広告配信前の登録が完了したら、以下の手順で広告配信の準備を進めましょう。

  1. 配信方式を選ぶ(リーチや動画視聴数など全7種類)
  2. 配信先を自動プレースメントまたは手動プレースメントから選択する
  3. ターゲティングを設定する(全12種類)
  4. キャンペーン・広告セット・広告をそれぞれ設置する
  5. 動画クリエイティブを制作・登録する

参考:TikTok For Business

TikTok動画広告のよくあるご質問

TikTok動画広告についてのご質問はかなり多くいただきます。その中から、頻度の高いものへの回答をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

TikTokとYouTubeの違いは何ですか?
TikTokとYouTubeは、動画尺とユーザー層に違いがあります。TikTokは、15秒〜3分の短尺動画を投稿して手軽に視聴できるため、エンターテイメントを求める若い世代に人気があります。一方、YouTubeは、1分〜12時間の長尺動画を投稿してじっくりと視聴できるため、幅広い層に人気があります。
TikTokのリスクは何ですか?
TikTokのリスクとしては「個人情報の漏洩や悪用」と「誹謗中傷やいじめ」があげられます。TikTokでは、ユーザーの個人情報が収集されています。これらの個人情報が悪用されると、なりすましや詐欺などの被害に遭う可能性があります。また、個人情報が特定されると、ストーカーや誹謗中傷につながることもあるので注意しましょう。
TikTokではフォロワー数が何人から収益化できますか?
YouTubeとは異なり、TikTokではフォロワー数に関係なく収益化につなげることができます。しかし、ライブ配信機能であるTikTok LIVE で投げ銭での収益化を始めるには、TikTok LIVEが配信可能となる条件を満たさなければなりません。ライブ配信は、18歳以上であり、フォロワー数は50人以上が必要になるため注意しましょう。

まとめ

TikTok動画広告によって若年層へ効果的にアプローチできる

TikTokは若年層を中心に多くのユーザーが利用しているため、動画広告によって若年層へ効果的にアプローチできます。消費行動につながりやすいというユーザー特性があり、購入や問い合わせなどの直接的な成果を期待できるのがメリットです。

成果につながるTikTok動画広告を制作するためには、ユーザーが楽しめるコンテンツであることや冒頭で心をつかむことを意識してみましょう。

TikTok動画広告制作に必要なノウハウやリソースがない場合は、制作会社への外注をおすすめします。

ムビサクでは、TikTok動画広告制作サービスを提供し、お客さまの要望に合ったTikTok動画広告を制作いたします。まだ動画内容が固まっていない場合でも、企画やアイデア出しからの提案が可能です。

TikTok動画広告制作の詳細はこちら

無料相談を受け付けていますので、サービスの内容や料金などを知りたい方は、ぜひ気軽にお問い合わせください。

この記事の監修者

コラム検索

コラムカテゴリ

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ