コラム

企業VPとは?企業PVとの違いや活用シーン、制作のポイントを解説

この記事の監修者アイコン

この記事の監修者

船木 佑哉

<動画事業部 部長>

企業VPとは?企業PVとの違いや活用シーン、制作のポイントを解説

企業や商品の広報に活用できるツールを探している方の中には、企業VPが気になっている方もいるのではないでしょうか。

企業VPとは、企業が特定の目的で利用する動画のことで、プロモーションや広報などさまざまな場面で活用されています。

本記事では、企業VPの活用シーンやメリット、制作ポイントを解説します。PVとの違いにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

動画制作サービス「ムビサク」では企業紹介動画の豊富な制作実績があります。動画制作を検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

ムビサクの企業紹介・会社紹介動画制作について詳しく知りたい方はこちら

  • 企業VPは企業が特定の目的のために制作する動画
  • 企業VPが活用されるシーンと制作するメリット
  • 企業VPの活用事例と成果につながる制作のポイント

動画制作でこんなお悩みありませんか?

  • 動画制作を考えているがどうすればよいかわからない
  • 急いで動画を作りたいが方法がわからない
  • 高品質な動画を制作したいが自社では難しい…

\ スピーディーに高品質な動画を作るならムビサク /

無料で相談・問い合わせる

企業VPとは

企業VPとは

企業VPのVPは「Video Package」の略で、企業が特定の目的のために制作する動画という意味があります。

動画コンテンツをビデオテープやDVDなどにパッケージ化し、企業紹介やプロモーションなどに使用していた時期があったため、VPと呼ばれているのが特徴です。

現在は、インターネット上に動画を公開・ダウンロードできるため、パッケージ化してターゲットに配布する機会は少なくなっています。

企業PVとの違い

企業VPとよく似ている企業PVには、以下のような違いがあります。

企業VP 企業PV
名称 ビデオパッケージ(Video Package) プロモーションビデオ(Promotion Video)
目的 商品紹介や採用など幅広い目的での広報 販売促進や宣伝などのプロモーション

企業PVは企業が制作するプロモーションビデオであり、幅広い目的で活用される企業VPと比較すると、販売促進や宣伝など活用シーンは限定的です。

目的は異なりますが、動画によってユーザーにアプローチする点は共通しています。企業や商品の魅力や特徴を映像で伝え、ユーザーのアクションを促すのが特徴です。

企業VPが活用される主なシーン

企業VPが活用される主なシーン

企業VPはさまざまな目的で使用できるため、活用シーンも豊富です。

企業VPの主な活用シーンと期待できる効果を詳しくチェックしていきましょう。

  • 企業紹介
  • 商品・サービス紹介
  • 広告
  • SNS
  • 採用活動
  • インタビュー動画
  • 社内マニュアル

以下の記事では、企業が動画を活用すべきシーンを解説しています。どの場面で動画を活用するか迷っている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

企業紹介

企業VPは、事業内容や社史、スタッフ紹介などを発信するために活用できます。たとえば、自社のビジネスを知ってもらいたいときは、事業の特徴やスタートした背景、ビジョンなどを映像にまとめると、ユーザーに内容が伝わりやすいです。

他にも、社内の様子を求職者向けに紹介したり、大切にしているビジョンを社会に向けて発信したりするなど、さまざまな目的で企業を紹介できます。

企業紹介動画のメリットや効果を高めるコツは以下の記事で解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

商品・サービス紹介

企業VPは、自社の商品やサービスを紹介するコンテンツとしても効果的です。商品・サービスの特徴を視覚的に伝えることによって、認知度や売上の向上を期待できます。

商品紹介であれば、商品そのものはもちろん、利用シーンを映像で伝えると使い勝手や使用イメージを膨らませやすいです。

実物がないサービスも映像によって可視化できるため、静止画やテキストよりも魅力が伝わりやすくなります。

サービス紹介動画の成功事例を以下の記事で紹介しているので、制作の際はぜひ参考にしてみてください。

広告

企業VPを動画広告として発信し、商品・サービスのプロモーションに活用する方法もあります。

動画広告はWEBサイトやSNSなどで配信され、ユーザーの閲覧履歴やキーワードなどに連動させ、ターゲット層にアプローチしやすいのが特徴です。

動画広告の市場は今後さらに拡大すると予想されているため、企業VPの広告活用を検討してみましょう。

動画広告について詳しく知りたい方は、以下の記事も確認してみてください。

SNS

SNSは若年層を中心に利用者を獲得し、今では世代を問わず多くの人が利用しています。企業VPを発信する媒体としてもSNSは効果的で、より多くのユーザーに動画を見てもらえるのが魅力です。

SNSの動画広告事例については、以下の記事でメリットや作成のポイントを解説しているので、あわせて参考にしてみましょう。

採用活動

企業VPは、採用活動の一環として利用されるケースが多いです。企業のビジョンや社内の様子などを求職者向けに伝え、自社の魅力や職場の雰囲気などをアピールできます。

企業VPを発信できる媒体は多いため、オウンドメディアやSNSなどを活用し、動画を使用した採用活動を幅広く進められるでしょう。

採用動画の事例は以下の記事で解説しているので、ぜひ制作に役立ててみてください。

また、採用動画の中でも新卒採用への動画活用事例は以下にまとめています。新卒採用で動画を活用したい場合は、こちらも参考にしてみてください。

インタビュー動画

インタビュー動画を企業VPとして発信すると、さまざまな目的の達成を期待できます。

たとえば、社員インタビューで職場の雰囲気ややりがいを伝えれば、求職者に働きやすさや社内風土をイメージしてもらえるでしょう。

経営者インタビューなら企業や商品のブランディング、顧客インタビューであれば購買促進や認知拡大などに効果的です。

インタビュー動画の作り方は以下の記事で解説しているので、ぜひ制作のヒントにしてみてください。

社内マニュアル

企業VPは外部への発信以外に、社内の情報共有にも便利な方法です。読んで理解しなければならない紙のマニュアルに比べて、企業VPは視覚的に理解できるマニュアルを整備できます。

商品・サービスの説明はもちろん、システムの操作方法や機器の使い方などを実演できるため、より具体的に解説できるのがメリットです。

マニュアル動画の種類や制作方法は以下の記事で解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

企業VPを制作する4つのメリット

企業VPを制作する4つのメリット

企業VPを制作すると、以下のようなメリットを期待できます。

  • ブランディングに効果を発揮する
  • 静止画や文字よりも多くの情報を伝えられる
  • SNSでの拡散を期待できる
  • 営業資料としても活用できる

情報量の多さによってブランディングや販売促進などで効果を期待でき、営業資料としても効果的です。

企業が動画を活用するメリットは以下の記事にまとめているので、あわせて参考にしてみてください。

ブランディングに効果を発揮する

企業VPは、プロモーションに特化した企業PVに比べて、ブランディングを得意とするコンテンツです。

映像によって自社の世界観やビジョンを短時間で伝えられ、制作の仕方によって他社との差別化がしやすく、ブランディングを活性化できます。

インタビュー動画や広告、展示会での発信など活用シーンも多く、さまざまな場面でブランディングを活性化できるのも魅力です。

ブランディング動画のメリットや制作のポイントは以下にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

静止画や文字よりも多くの情報を伝えられる

企業VPは、静止画や文字よりも情報量が多く、短時間で充実した情報をユーザーに届けられます。

画像やテキストだけではわかりにくい特徴や使い方などを映像化でき、よりわかりやすいコンテンツを発信できるのがメリットです。

SNSでの拡散を期待できる

企業VPはさまざまなプラットフォームで発信でき、中でもSNSは拡散を期待できるプラットフォームです。

有益なコンテンツやおもしろいコンテンツは拡散される傾向があり、ターゲット層以外にも多くのユーザーにアプローチできます。

営業資料としても活用できる

企業VPは営業資料としても便利で、顧客に向けて商品・サービスを映像でわかりやすく説明できます。

動きやアニメーションで魅力的に説明したり、商品・サービスの使い方を映像で伝えたりするなど、表現の幅が広いです。

また、企業VPを営業資料に活用すると、営業活動の質を統一できます。人材それぞれのトークスキルや経験に頼ることなく、誰でも質の高い営業活動ができるでしょう。

営業資料の作り方やポイントは以下の記事で解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

成果を期待できる企業VPを制作する6つのポイント

成果を期待できる企業VPを制作する6つのポイント

さまざまなシーンで効果を発揮する企業VPを制作するためには、以下のポイントを実践しましょう。

  • 制作する目的やターゲットを明確にする
  • シナリオづくりに力を入れる
  • 世界観に合ったBGMを加える
  • 必要に応じてナレーションを入れる
  • 相性のよい媒体で配信する
  • 制作会社に外注する

制作する目的やターゲットを明確にする

企業VPは特定の目的を達成するために活用できるため、制作する前に目的を明確に設定することが大切です。ブランディングや採用など目的が決めれば、企業VPで伝えるべき情報を考えやすくなります。

また、企業VPを見てもらいたいターゲットを絞ることも重要です。年齢や性別といった属性以外にも、仕事やライフスタイルなども細かく想定することによって、よりターゲットが明確になります。

シナリオづくりに力を入れる

企業VPの内容をユーザーに訴求するためには、シナリオ・構成づくりが重要です。内容をどのように発信するかで伝わり方が変わるため、動画の流れをひとつのストーリーとして作り込む必要があります。

たとえば、採用を目的としたインタビュー動画であれば、冒頭の映像や質問の順番、まとめなどをあらかじめ計画しましょう。シナリオが定まると、撮影や編集なども進めやすく、効率よく企業VPを公開できます。

動画構成の考え方は以下の記事でまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

世界観に合ったBGMを加える

企業VPにBGMを加えることによって、ユーザーの聴覚にも訴えかけられます。

企業の世界観や商品のイメージなどに合ったBGMを選ぶと、動画の内容とコンセプトが一致し、訴求力の高い企業VPを制作可能です。

必要に応じてナレーションを入れる

企業VPでユーザーにメッセージを伝えるために、ナレーションを入れるのも効果的です。ナレーションで内容をかみ砕いて説明すれば、よりわかりやすい情報を提供できます。

動画のコンセプトや雰囲気に合わせて声のトーンを調整したり、強弱をつけたりすると、ナレーションの効果を高めやすいです。

相性のよい媒体で配信する

企業VPの効果を高めるためには、公開する媒体選びもポイントです。媒体によってユーザー層が異なるため、ターゲット層の多い媒体を選ぶ必要があります。

また、媒体によって動画の特徴も異なるため、制作に関わる点にも注意が必要です。YouTubeで通常の動画を投稿する場合とTikTokでショート動画を配信する場合では、動画の尺や構成が変わるため、想定している動画を投稿できる媒体を選びましょう。

制作会社に外注する

企業VPはブランディングや広報などに効果的ですが、内容や映像の質によってはかえってイメージダウンする場合もあります。

自社に動画制作のノウハウやリソースがない場合は、制作会社への依頼がおすすめです。プロが企業VPを制作するため、リソースを消費することなく、質の高い企業VPを発信できます。

ムビサクでは、企業紹介・会社紹介動画の制作サービスを提供しており、企画やアイデア出しの段階からご提案が可能です。ヒアリングやミーティングなどで共有いただいたご要望を反映し、希望に合った企業VPを制作いたします。

企業紹介・会社紹介動画制作の詳細はこちら

ご相談は無料ですので、まずは気軽にお問い合わせください。

企業VPの活用事例

企業VPの活用事例

企業VPは、さまざまな企業で活用されているため、制作を検討する際は事例を参考にするのがおすすめです。

ここでは、3社の企業VPを紹介するため、ぜひ参考にしてみてください

  • 【株式会社アブレイズパートナーズ】会社紹介動画
  • 【株式会社ムーンファクトリー】DXサービス紹介動画
  • 【株式会社アズ企画設計】会社紹介動画

【株式会社アブレイズパートナーズ】会社紹介動画

事例:キャラクターを用いたアニメーション動画│アニメーション動画制作サービス【ムビサク】

不動産管理会社である株式会社アブレイズパートナーズでは、管理料無料サービスを紹介する企業VPを発信しています。

「ずっと賃貸月額管理料0円」というキャッチコピーを強調しながら、アニメーションのキャラクターで印象に残るコンテンツに仕上げているのが特徴です。

動画の最後には問い合わせを誘導する構成にし、ユーザーのアクションも促しています。

【株式会社ムーンファクトリー】DXサービス紹介動画

事例:ホワイトボードアニメーション│アニメーション動画制作サービス【ムビサク】

株式会社ムーンファクトリーでは、DX支援サービスやWEBサイト制作などの事業を紹介する企業VPを発信しています。

ホワイトボードアニメーションを活用し、動きのあるアニメーションでサービスの特徴を視覚的に解説しているのが特色です。

ホワイトボードアニメーションについては以下の記事で作り方やポイントを解説しているので、ぜひ制作の参考にしてみてください。

【株式会社アズ企画設計】会社紹介動画

事例:新卒・中途採用動画アニメーション│アニメーション動画制作サービス【ムビサク】

株式会社アズ企画設計では、企業の魅力やサービス内容を、ターゲットに効果的に伝えるために企業VPを活用しています。

企業理念や事業内容などのポイントを5つピックアップし、求職者にわかりやすく伝えているのが特徴です。事業説明にはアニメーションを活用し、親しみやすい映像で求職者に自社で働く魅力をアピールしています。

企業VPのよくあるご質問

企業VPについてのご質問はかなり多くいただきます。その中から、頻度の高いものへの回答をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

企業VPはどのような構成ですか?
企業VPの構成は3つの要素から成り立っています。
・イントロダクション
・本編
・エンディング
ただし、企業VPの構成は、目的によって異なります。例えば、企業の認知度を向上が目的であれば、企業の理念やビジョンを説明することが重要です。一方、採用活動が目的であれば、社風や働きやすさをアピールすることが大切です。
企業PVとは何ですか?
企業PVとは、企業のプロモーションビデオです。企業PVは企業が制作するプロモーションビデオであり、主に自社のブランディングやマーケティング活動に用いるものです。幅広い目的で活用される企業VPと比較すると、販売促進や宣伝など活用シーンは限定的です。
企業VPにはどんな種類がありますか?
企業VPの主な種類としては、以下のようなものが挙げられます。
・企業紹介動画
・商品・サービス紹介動画
・採用動画
・CSR動画
CSRとは、「Corporate Social Responsibility」の略で、企業の社会貢献活動を意味します。CSR動画では、企業の社会貢献活動を紹介して、企業の社会的責任をアピールする目的があります。

まとめ

企業VPとは企業が特定の目的を達成するために発信する動画

企業VPとは、企業が特定の目的を達成するために発信する動画で、企業紹介や広告など幅広いシーンで活用されています。

動画ならではの情報量の多さやSNSでの拡散を期待できることなどメリットが多く、ブランディングや認知拡大などに効果的です。

自社で制作する際は、目的やターゲットを明確にした上で、シナリオづくりや編集に力を入れて企業VPを作り上げましょう。

企業VPの外注を検討している方は、ぜひムビサクにご相談ください。目的やご要望に合った企業VPを制作でき、最短10営業日でのスピード納品にも対応しています。

企業紹介・会社紹介動画制作の詳細はこちら

ご相談は無料で受け付けていますので、お問い合わせをお待ちしております。

この記事の監修者

コラム検索

コラムカテゴリ

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ