コラム

BtoB動画を成功させるには?ポイントや動画制作事例、活用方法を解説

この記事の監修者アイコン

この記事の監修者

船木 佑哉

<動画事業部 部長>

BtoB動画を成功させるには?ポイントや動画制作事例、活用方法を解説

動画マーケティングというと化粧品やアパレルといったECサイトを運営するBtoC企業を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、BtoB企業でも動画を制作してマーケティングに活用している企業も増えてきています。

この記事では、BtoB企業の担当者の方に向けて、BtoBマーケティングに焦点を当てて、BtoB企業における動画制作を成功させるポイントを解説します。

また、BtoBマーケティングに動画を制作するメリットや活用事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

動画制作サービス「ムビサク」ではBtoB企業向けのサービス紹介動画の豊富な制作実績があります。動画制作を検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

ムビサクのサービス紹介動画の制作について詳しく知りたい方はこちら

  • BtoB市場で動画を活用すべき理由
  • BtoBマーケティングに動画を制作するメリット
  • BtoB企業の動画マーケティングの事例

目次

動画制作でこんなお悩みありませんか?

  • 動画制作を考えているがどうすればよいかわからない
  • 急いで動画を作りたいが方法がわからない
  • 高品質な動画を制作したいが自社では難しい…

\ スピーディーに高品質な動画を作るならムビサク /

無料で相談・問い合わせる

BtoB市場で動画を活用すべき理由

BtoB市場で動画を活用すべき理由

BtoB市場で動画を活用すべき理由は、大きく以下の3点があげられます。

  • 動画広告市場が急成長している
  • BtoBサービスは検討期間が長い
  • 複雑なサービス内容がわかりやすく伝わる

BtoBやBtoCに関わらず動画マーケティングの需要は高まっているため、今後も動画の活用は広がっていくと考えられます。

それぞれの理由について詳しく確認していきましょう。

動画広告市場が急成長している

株式会社サイバーエージェントの調査によると、2023年の動画広告市場は前年比112%の6,253億円に達しました。市場規模は年々拡大し、2027年には1兆228億円まで成長すると見込まれています。

動画広告市場が急成長している背景には、スマートフォンの普及や5Gの導入など、動画視聴環境の整備が進んでいることがあげられます。

動画広告市場の成長は、BtoB市場においても大きな影響を与えています。動画広告は、視覚と聴覚に訴えるため、短時間で多くの情報を伝達することができ、BtoBサービスに適したマーケティング手法と言えます。

参考:サイバーエージェント|2023年国内動画広告の市場調査を実施

BtoBサービスは検討期間が長い

BtoBサービスは、BtoCサービスと比べて検討期間が長い傾向にあります。これは、BtoBサービスが、顧客のビジネスに直接的な影響を与えるため、慎重に検討する必要があるからです。

顧客に自社のサービスや商品を理解してもらい、検討意欲を高めるためには、より効果的なコミュニケーション手段が必要となります。動画は、視覚と聴覚に訴えるため、短時間で多くの情報を伝達することができ、BtoBサービスに適したマーケティング手法といえます。

複雑なサービス内容がわかりやすく伝わる

BtoBサービスは、技術や専門知識が必要な複雑なものであることが多いです。そのため、文字や画像だけでは、顧客に十分に理解してもらえない可能性があります。

動画であれば、実演やアニメーションなどを使って、複雑なサービス内容をわかりやすく伝えることができます。また、動画は、顧客がいつでもどこでも視聴できるため、顧客のニーズに合わせた情報提供が可能です。

また、伝わりやすい動画にするためには、アニメーションを効果的に用いることもおすすめです。BtoB企業で活用できるアニメーション動画の表現方法については、以下の記事を参考にしてください。

「BtoBマーケティング」と「BtoCマーケティング」の違い

「BtoBマーケティング」と「BtoCマーケティング」の違い

BtoBマーケティングとBtoCマーケティングは、ターゲットとする顧客が異なるため、マーケティング戦略にも違いがあります。

BtoBマーケティングとは、企業をターゲットとしたマーケティングです。 顧客の意思決定者は、企業の担当者であることが多いため、より合理的な判断を重視する傾向があります。また、商品・サービスの価格が高いため、購買の意思決定に時間がかかることも特徴です。

一方で、BtoCマーケティングとは、個人をターゲットとしたマーケティングです。顧客の意思決定者は、個人であることが多いため、感情や感覚に訴えるアプローチが効果的です。また、商品・サービスの価格が比較的安価なため、購買の意思決定が早いことも特徴です。

両者の違いをまとめると、以下のようになります。

項目 BtoBマーケティング BtoCマーケティング
ターゲット 企業 個人
意思決定者 企業の担当者 個人
意思決定の基準 合理性 感情や感覚
意思決定のスピード 遅い 早い

BtoBマーケティングとBtoCマーケティングは、ターゲットとする顧客が異なるため、マーケティング戦略にも違いがあります。それぞれの違いを理解した上で、効果的なマーケティング戦略を策定することが大切です。

効果的な動画マーケティングについてはこちらの記事も参考にしてください。

BtoBマーケティングに動画を制作するメリット

BtoBマーケティングに動画を制作するメリット

BtoBマーケティングに動画を制作するメリットには、以下のような点があります。

  • 短時間で多くの情報を伝えらえる
  • 制作した動画を他の媒体に転用できる
  • 視聴者の印象に残りやすい
  • BtoB営業の効率が上がりやすい

それぞれの内容について詳しく解説していきます。

短時間で多くの情報を伝えらえる

BtoBマーケティングにおいて、顧客は商品・サービスの特徴やメリットを、短時間で理解する必要があります。動画は、視覚と聴覚に訴えるため、短時間で多くの情報を伝えることができます。

例えば、商品・サービスの紹介動画であれば、商品・サービスの特徴やメリットを、実演やアニメーションなどを使ってわかりやすく伝えることができます。また、企業のPR動画であれば、企業の理念や事業内容などを、インタビューやナレーションなどを使ってわかりやすく伝えることができます。

制作した動画を他の媒体に転用できる

動画はYouTubeやSNSなど、さまざまな媒体に転用することができます。そのため、一度制作した動画を、さまざまな場面で活用することができます。

例えば、YouTubeに動画をアップロードすれば、世界中の人に動画を視聴してもらうことが可能です。また、SNSに動画を投稿すれば、ターゲットとする顧客に動画を届けることができます。

視聴者の印象に残りやすい

動画は、視覚と聴覚に訴えるため、視聴者の印象に残りやすいというメリットがあります。そのため、認知拡大やリード獲得などの効果が期待できます。

例えば、商品・サービスの紹介動画であれば、商品・サービスの特徴やメリットを、印象的な映像や音楽を使って伝えることで、視聴者の印象に残りやすくすることができます。また、企業のPR動画であれば、企業の理念や事業内容などを、感動的なストーリーやメッセージを使って伝えることも効果的です。

BtoB営業の効率が上がりやすい

BtoB営業の効率が上がりやすいことも動画のメリットです。動画を活用することで、営業担当者の負担を軽減できます。

従来の営業活動では、顧客と対面での説明や電話でのやり取りに、多くの時間が費やされていました。しかし、動画を活用することで、これらの時間を大幅に削減できます。

例えば、製品やサービスの機能に関する説明を動画で行うことで、クライアントへの説明時間を短縮できます。その結果、より密なコミュニケーションを取りながら、提案に時間を割くことができます。

また、クライアントのニーズごとに合わせた動画を制作することで、商品やサービスへの理解度を高め、成約率の向上にもつながります。

加えて、営業資料として、顧客に資料を送付する代わりに、動画のURLを送ることもおすすめです。場所や時間に縛られることなく、商品やサービスについて理解することができます。

BtoB営業の効率が上がりやすい動画を制作するには、動画制作会社に依頼するのもひとつの手です。弊社のムビサクでは、BtoB企業向けの動画制作サービスを提供しています。

サービス紹介動画制作の詳細はこちら

無料相談も承っていますので、ぜひ一度お問い合わせください。

BtoBマーケティングに動画を制作するデメリット

BtoBマーケティングに動画を制作するデメリット

BtoBマーケティングに動画を活用することは、多くのメリットをもたらします。しかし、同時に以下のようなデメリットも存在します。

  • 動画制作のコストがかかる
  • 動画の公開まで時間がかかる

ここでは、上記のBtoBマーケティングに動画を制作するデメリットを詳しく解説します。

動画制作のコストがかかる

動画制作のコストがかかる点がデメリットです。動画制作には、企画、撮影、編集など、さまざまな工程があり、作業ごとにコストが発生します。

とくに、ハイクオリティな動画を制作しようとすると、専門の制作会社に依頼する必要もあるでしょう。

また、動画の内容によっては、俳優やタレントのキャスティング、スタジオやロケ地の使用料、特殊効果の追加などの費用も必要になります。

動画の公開まで時間がかかる

動画の公開まで時間がかかる点もデメリットです。動画制作には、撮影から編集まで多くの人が関わります。

そのため、企画段階でしっかりと内容を検討する必要があり、撮影や編集にも時間がかかります。また、動画の尺が長くなればなるほど、制作時間も長くなります。

スケジュールを事前に決めておかなければ、展示会やプレスリリースに間に合わないというトラブルが発生してしまいます。そのため、余裕を持って依頼を相談しておくことがおすすめです。

BtoB企業における動画の活用シーン

BtoB企業における動画の活用シーン

BtoB企業における動画の活用シーンはさまざまですが、主に以下のようなシーンがあります。

  • 認知拡大
  • リード獲得
  • 成約率向上
  • 教育・研修
  • 採用活動

それぞれのシーンについて具体的に紹介していきます。

認知拡大

BtoB企業において、商品・サービスの認知拡大は、マーケティング活動の第一歩です。動画は、視覚と聴覚に訴えるため、商品・サービスの魅力をわかりやすく伝えることができます。

例えば、YouTubeやSNSに商品・サービスの紹介動画を投稿することで、多くの人に商品・サービスの存在を知ってもらうことができます。また、商品・サービスのターゲットとなる企業に動画を送付することで、認知拡大にもつながります。

リード獲得

BtoB企業において、リード獲得は営業活動の効率化を図るために重要な施策です。動画は、商品・サービスの魅力を効果的に伝えることができます。

例えば、ホワイトペーパーやセミナーの告知動画を制作することで、商品・サービスに興味を持った顧客からの問い合わせを促進することができます。また、動画を視聴した顧客にアンケートを実施することで、顧客のニーズを把握し、営業活動の効率化にもつながります。

成約率向上

BtoB企業において、成約率向上は売上アップを図るために重要な施策です。動画を活用することで、商品・サービスの特徴やメリットをわかりやすく伝えることができます。

例えば、デモ動画や導入事例動画を制作することで、顧客の購入意欲を高めることができます。また、動画を視聴した顧客に商談の機会を設けることで、成約率を向上させることにもつながります。

教育・研修

BtoB企業において、従業員の教育・研修は、企業の成長を支える重要な施策です。動画は、従業員の教育・研修に効果的です。

例えば、マニュアル動画やロールプレイング動画を制作することで、従業員のスキルアップや業務効率化を促進することができます。また、動画を視聴しながら学習することで、従業員の学習効率を向上させることも可能です。

マニュアル動画については、こちらの記事も参考にしてください。

採用活動

BtoB企業において、採用活動は、優秀な人材を確保するために重要な施策です。そのため、動画は採用活動に効果的なツールのひとつです。

例えば、企業紹介動画や社員インタビュー動画を制作することで、企業の魅力を効果的に伝えることができます。また、動画を視聴した応募者に面接の機会を設けることで、採用活動の効率化を図ることにもつながります。

BtoBマーケティングでよく使用される動画の種類

BtoBマーケティングでよく使用される動画の種類

BtoBマーケティングにおいて使用される動画にはさまざまな種類があります。ここでは代表的な5つの種類の動画について紹介します。

  • 動画広告・SNS広告
  • ホームページ掲載動画
  • 展示会・イベント動画
  • 製品マニュアル・解説動画
  • 商談・営業資料動画

なお、ムビサクの制作事例も交えて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

動画広告・SNS広告

事例:YouTube広告用アニメーション

BtoBマーケティングのなかでも動画広告やSNS広告に多くの動画が使用されています。

広告では、サービスの認知拡大やリード獲得が主な目的です。YouTubeなどの動画配信プラットフォームやFacebookやInstagramなどのSNSが媒体として選ばれています。

また、最近ではTikTokやLINEでも動画を使用した広告は、多くのBtoB企業で検討されています。

企業のコンテンツマーケティングを幅広く支援するAppmart株式会社では、ホワイトペーパー制作サービスのリード獲得を目的として、動画を制作しています。

YouTube広告から資料ダウンロードを促す動画のため、短い尺でターゲットのお悩みを解決するシンプルでわかりやすいストーリー構成になっています。

ホームページ掲載動画

事例:サービスサイト掲載用のプロモーション動画

BtoBマーケティングでは、ホームページ掲載動画としても広く使用されています。ホームページ掲載動画は、サービスサイトやオウンドメディアなどのホームページで掲載される動画のことです。

BtoBサービスのなかには、DXツールやクラウドサービスなどの無形商材も多くあります。そのため、テキストや写真で説明することが難しい場合があります。

ホームページ掲載動画を作成することで、サービスのメリットや仕組みを効果的に伝えることができます。

物流業界における在庫管理ソフト「Spes(スペース)」を提供するSpes株式会社でも、ホームページ掲載用に動画を作成しています。

動画内では、複数の販売チャネルの在庫管理を一元化でき、リアルタイムで確認ができるなどメリットをまとめた内容になっています。

展示会・イベント動画

事例:不動産査定システムのサービス紹介動画

展示会・イベント動画もBtoBマーケティングでよく使用される動画の種類のひとつです。展示会の出展ブースで動画を流すことで、来場者の足を止めて商談につなげやすくなります。

また、ブース全体のブランディングにもつながり、競合の出展ブースとの差別化から、自社サービスの認知拡大にもつながります。

1分で査定が完了する不動産のAI査定システム「スマサテ」を提供するスマサテ株式会社では、展示会やイベントに向けて動画を制作しています。

インパクトのあるブースにするため、ロボットのキャラクターを起用して、サービス名称を強調する印象的な動画に仕上げています。

製品マニュアル・解説動画

事例:部品紹介を英語翻訳した多言語動画

製品マニュアル動画や解説動画も、BtoBマーケティングで使用される動画の種類のひとつです。

工場の設備や機械の部品などは、文字や写真で仕組みや使い方を説明することが難しいこともあります。そこで、動画にすることで、全体的なイメージをもちながら理解を深めることができます。

自動車、産業機械用の伝動ベルトや搬送ベルトを提供するメーカーである三ツ星ベルト株式会社では、製品の解説を動画でまとめています。

海外に生産拠点をもつグローバルメーカーのため、英語での解説動画を作成しました。実写ではなくアニメーションを用いることで、細かい構造を概念的に伝えています。

商談・営業資料動画

事例:情報プラットフォームの商談用動画

BtoBマーケティングにおける商談や営業資料としても動画が使用されています。商談・営業資料動画を制作することで、営業担当者による属人化を防ぎ、均一化された商品やサービスの紹介が可能です。

また、カスタマーサポートとしても動画は有効です。営業担当者の顧客対応の時間を削減して、コールセンターのコスト削減にもつながります。

情報プラットフォーム「Anews(エーニュース)」を提供するストックマーク株式会社では、商談用に動画を活用しています。

サービス導入後のイメージがつきやすいように、画面のイメージをふんだんに使って不安要素をなくして、導入の後押しになる動画に仕上げています。

BtoBマーケティングの動画活用を成功させる7つのポイント

BtoBマーケティングの動画活用を成功させるポイント

企業がBtoBマーケティングにおいて動画を活用して成功させるには、以下のようなポイントを意識して制作しましょう。

  • 目的やターゲットを明確化する
  • 動画の冒頭でサービス名を印象づける
  • 興味をそそるストーリー展開を意識する
  • 行動を促すフレーズを追加する
  • ハイクオリティな動画を制作する
  • 動画の配信媒体や手段も一緒に検討する
  • BtoB企業に強い動画制作会社に依頼する

それぞれの項目について、詳しく解説していきます。

目的やターゲットを明確化する

動画を制作する前に、まずは目的とターゲットを明確にしましょう。目的によって、動画の構成や内容が変わってきます。また、ターゲットを明確にすることで、ターゲットに響く動画を制作することができます。

例えば、商品の認知拡大を目的とした動画であれば、商品の特徴やメリットをわかりやすく伝える必要があります。また、リード獲得を目的とした動画であれば、資料請求やお問い合わせを促すような内容にする必要があるでしょう。

動画の冒頭でサービス名を印象づける

視聴者が動画を視聴しはじめてから数秒で、サービス名を印象づけましょう。サービス名を覚えてもらえなければ、動画を視聴してもらうことができず、成果を上げることができません。

例えば、動画の冒頭にサービス名を表示したり、ナレーションでサービス名を繰り返したりするだけでも、視聴者にサービス名を印象づけることができます。また、動画のタイトルにサービス名を入れるのも効果的です。

興味をそそるストーリー展開を意識する

動画は、視覚と聴覚に訴えるため、ストーリー展開が重要です。興味をそそるストーリー展開をすることで、視聴者の視線を最後まで引きつけることができます。

例えば、ターゲットの課題や悩みを解決するようなストーリー展開にしたり、視覚的にインパクトのある映像や音楽を使ったりすることで、視聴者の興味を引きつけることができます。また、ストーリーに起承転結をつけることで、視聴者の最後まで動画を見てもらえます。

BtoBマーケティングに活用する動画の構成については、こちらの記事でも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

行動を促すフレーズを追加する

動画を視聴した後、視聴者に行動を促すフレーズを追加しましょう。

例えば、「資料請求はこちら」や「お問い合わせはこちら」などのフレーズを追加することで、視聴者の行動を促すことができます。また、動画の最後に「ぜひご検討ください」などのフレーズを追加するのも効果的です。

ハイクオリティな動画を制作する

動画の品質は、視聴者の印象に大きく影響します。ハイクオリティな動画を制作することで、視聴者の印象を良くし、効果を高めることができます。

例えば、高画質の映像や音声、わかりやすいナレーションや字幕などを使用することで、視聴者の印象を良くすることができます。また、動画の長さは、3分以内に収めるのが理想的です。

動画の配信媒体や手段も一緒に検討する

動画をどの媒体で配信するか、またどのように配信するかも検討しましょう。動画の目的やターゲットに合わせて、適切な媒体や手段を選択することが重要です。

例えば、YouTubeやSNS、Webサイトなど、ターゲットに適した配信媒体や手段を選択しましょう。また、動画のリンクをメールやDMなどで配信することも効果的です。

BtoB企業に強い動画制作会社に依頼する

BtoBマーケティングに精通した動画制作会社に依頼することで、効果的な動画を制作することができます。また、動画制作のノウハウや経験を活かして、動画の制作から配信までをサポートしてくれます。

弊社のムビサクでは、BtoB企業向けの動画制作サービスを提供しています。

サービス紹介動画制作の詳細はこちら

無料相談も承っていますので、ぜひ一度お問い合わせください。

BtoB企業の動画マーケティングの事例


BtoB企業の動画マーケティングの事例

BtoB企業の動画マーケティングについて、それぞれの活用シーンを踏まえて紹介します。

  • 認知拡大:株式会社コーユービジネス
  • リード獲得:株式会社シービーティー
  • 成約率向上:株式会社アドレクス
  • 教育・研修:Shopify Japan 株式会社
  • 採用活動:株式会社アズ企画設計

なお、こちらの事例はすべて、ムビサクにご依頼いただいた動画です。

認知拡大:株式会社コーユービジネス

事例:株式会社コーユービジネス|展示会ブースでの商品紹介動画

商品の認知度拡大を目的として、展示会で流すために制作された動画です。物流業務に大きな変化をもたらすことをダイナミックに表現すること、インパクトのある動画に仕上がっています。

また、展示会ブースでの商品紹介動画ということで、現実の作業現場での利便性をわかりやすく伝えるとともに、より強い説得力を持った動画になりました。

リード獲得:株式会社シービーティー

事例:株式会社シービーティー|DX推進サービスの紹介動画

リード獲得としては、ターゲットの課題を解決できる点を訴求することが大切です。形のないDX推進サービスやSaaSシステムは、顧客にサービスを理解してもらう点に難しさがあります。

ターゲットの抱える悩みや不安を明確に提示しつつ、ブランドイメージを統一した動画に仕上げることで、リード獲得につながる動画に仕上げました。

動画マーケティングの成功事例については、こちらの記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

成約率向上:株式会社アドレクス

事例:株式会社アドレクス|広告効果測定ツールの営業資料動画アニメーション

WEB広告の効果測定ツールとして、新たにリリースされたサービスの紹介動画です。営業資料として作られた動画のため、インパクトを残しつつ、特長や使い方をわかりやすいアニメーションで表現しています。

また、アニメーションだけではなく実写の素材を加えることで、デジタルマーケティングの現場で直面する具体的な課題を描き出しました。そのため、視聴者が自分の状況と照らし合わせて、メリットを実感できる構成になっています。

教育・研修:Shopify Japan 株式会社

事例:Shopify Japan 株式会社|パートナー向けインストラクション動画アニメーション

ECサイトを解説できるプラットフォームであるShopifyにおける管理画面の使い方動画です。

ユーザー向けのマニュアル動画(インストラクション動画)のため、できるだけシンプルに作成することが重要です。一方で、情報を適切に伝えることも大切なため、画面のキャプチャだけではなく、アニメーション効果やナレーションを加えることで、伝わりやすい動画を制作しました。

動画を用いた研修の効果や事例については、こちらの記事でも解説しています。ぜひ参考にしてください。

採用活動:株式会社アズ企画設計

事例:株式会社アズ企画設計|新卒・中途採用動画アニメーション

不動産関連のBtoB事業を運営する会社における、新卒・中途採用を強化するために作られた動画です。BtoC企業に比べてニッチな商品・サービスを提供するBtoB企業では、会社の魅力を求職者に伝えるために動画を活用することが効果的です。

また、会社紹介をアニメーション動画にすることで、企業の掲げるビジョンや事業内容を具体的にイメージさせて、入社後のギャップを防ぐ役割もあります。

なお、採用動画の重要性や事例については、こちらの記事を参考にしてみてください。

BtoB企業の動画制作に関するよくあるご質問

BtoB企業の動画制作についてのご質問はかなり多くいただきます。その中から、頻度の高いものへの回答をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

BtoB企業とBtoC企業の動画制作に違いはありますか?
BtoB企業とBtoC企業ではターゲットが異なるため、ターゲットに合わせた動画制作が必要になります。BtoB向けの商品・サービスはビジネスシーンで使われるため、機能や価格の訴求が必要です。一方で、BtoC向けの商品・サービスは、世界観やイメージも重視した映像表現に仕上げることが多いです。
BtoBマーケティングではどのように動画を活用していますか?
BtoBマーケティングでは、認知拡大からリード獲得、商談、カスタマーサポートまで幅広く活用されています。動画は、映像と音声の両方から訴求ができるため、印象に残りやすく、視聴者がイメージしやすいという効果があります。ただし、活用するシーンによって動画の構成や訴求ポイントは異なるので注意しましょう。
BtoB企業の動画はどのような流れで制作されますか?
BtoB企業の動画は以下のようなステップで作成されます。
・step1:打ち合わせ(ヒアリング)をする
・step2:動画の構成を決める
・step3:素材の撮影・作成をする
・step4:素材をもとに動画を編集する
BtoB企業の動画では、ヒアリングが最も重要になります。事前に制作会社とすり合わせをしておくことで、効果的な動画に仕上がります。

まとめ

BtoB企業では動画マーケティングや動画の制作が盛ん

BtoB企業では、動画マーケティングをはじめとして動画の制作が盛んに行われています。また、商品・サービスの認知拡大から、教育・研修までさまざまシーンで動画が活用されています。

今後も、BtoB企業における動画の活用は広がっていくのではないでしょうか。

ムビサクでは、サービス紹介動画をはじめとした、BtoB企業の動画制作の実績が豊富にあります。

サービス紹介動画制作の詳細はこちら

無料相談も承っていますので、ぜひ一度お問い合わせください。

この記事の監修者

コラム検索

コラムカテゴリ

目次

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ