コラム

解説動画の作り方を5つの手順で紹介|制作の際の注意点や活用場面も詳しく解説

解説動画の作り方を5つの手順で紹介|制作の際の注意点や活用場面も詳しく解説

解説動画とは、商品・サービスの紹介や操作方法、研修でのビジネスマナーなどについて解説する動画のことです。解説動画を制作することで紙媒体での解説よりわかりやすく伝わり、購買意欲や顧客満足度の向上につながります。

本記事ではわかりやすく伝わる解説動画の作り方や注意点、活用場面について詳しく紹介します。この記事を読めば、解説動画の制作に最低限必要な知識を知ることができますので、ぜひお読みください。

解説動画の作り方を5つの手順で紹介

解説動画の作り方を5つの手順で紹介

解説動画の作り方は以下の手順で制作しましょう。

  • 手順1:目的の設定
  • 手順2:情報収集
  • 手順3:企画構成・絵コンテ作成
  • 手順4:動画素材の撮影および制作
  • 手順5:動画素材の編集

それぞれ具体的に作業内容について紹介していますので、参考にしてみてください。

手順1:目的の設定

はじめに誰向けに何のために解説動画を制作するかを明確にしましょう。目的が明確でないと動画の方向性が曖昧になり、有益な解説動画を作れなくなるためです。

たとえば、従業員のタイムカードをPC上で打刻できる勤怠管理システムのマニュアルを作成するとしましょう。この場合、以下のようにターゲットと目的を決めて2種類のマニュアルを用意することが望ましいです。

  • 打刻のやり方や有休の申請方法を解説するための従業員向けマニュアル
  • 従業員の勤怠データの閲覧・修正方法を解説するための管理者向けマニュアル

上記のように動画を制作する前に内容を決めておくことで、解説動画を視聴する人が目的に合わせて視聴できるようになり利便性が向上します。

手順2:情報収集

目的が決まれば、必要な情報を収集していきます。たとえば、商品を購入するメリットについて解説する動画を制作したい場合、以下のような情報を集めましょう。

  • 商品の仕様
  • 商品の仕組み
  • 商品によって解決できる課題
  • 他社商品より優れている点
  • 購入者のサポート情報

情報収集のポイントとして、本当に必要な情報だけを集めることが大切です。ただ無作為に情報収集すると時間がかかり、次の手順に進めません。必要な情報を明確にするためにも、前の手順で目的を明確にしましょう。

手順3:企画構成・絵コンテ作成

必要な情報をまとめたら、目的に適した企画内容を考えましょう。「アニメーションと実写のどちらがいいか」のように、伝えたいメッセージが伝わる最適な表現方法を企画段階で決めます。

企画内容が決まり次第、動画内容や伝える順番などの構成案を考えます。構成が決まれば絵コンテに落とし込みましょう。絵コンテとは、動画の内容が記載された設計図のことです。絵コンテによって、撮影で必要なシーンや動画で挿入するイラストやBGMなどを把握できます。

手順4:動画素材の撮影および制作

絵コンテを作成したら、動画に用いる素材の準備をします。実写動画を制作する場合、動画素材を撮影しましょう。

実写動画を撮影する際、以下のような準備を事前にして撮影に臨みます。

  • モデルや俳優などキャストの手配
  • ロケ地の利用申請
  • 撮影機材のレンタル
  • 撮影スタッフの手配

アニメーション動画の場合は撮影工程が不要ですが、アニメーションをつけるためのイラスト素材を制作しましょう。また、ソフトウェアのマニュアルを制作したい方は、PCの画面キャプチャで動画素材を制作する必要があります。

手順5:動画素材の編集

動画素材を集めたら絵コンテに従って編集し、1本の動画を完成させます。編集では以下のような作業をします。

  • 動画素材のカット
  • テロップ・イラストの挿入
  • エフェクトの追加
  • BGM・効果音の挿入および音量の調整
  • ナレーションの挿入
  • アニメーションの制作(アニメーション動画の場合)

編集が終われば再度確認し、必要に応じて動画の内容を修正しましょう。解説動画の内容に詳しくない第三者に視聴してもらい、理解できるかを確認することをおすすめします。

解説動画を制作する際の4つの注意点

解説動画を制作する際の4つの注意点

わかりやすく伝えられる解説動画を制作するために、以下の4つの点に注意しましょう。

  • 動画の尺はできるだけ短くする
  • ミュートした状態でも内容が伝わるようにする
  • ユーザーが活用する媒体も考慮する
  • 必要に応じて動画制作会社への依頼も検討する

以下を読むことで、対処方法について詳しく知ることができます。

動画の尺はできるだけ短くする

視聴者に飽きられないよう、伝えたい内容を絞り込んで尺の短い動画を制作しましょう。できるだけ1つの動画で1つの内容を伝えられるのが望ましいです。ただし、動画によっては伝えたい内容が複数あるケースもあるかもしれません。もし伝えたいことが複数あるのであれば、内容ごとに分けて動画を制作することをおすすめします。

たとえば、商品を紹介する場合は商品の機能ごとに、マニュアル動画を制作する場合は作業項目ごとに分割しましょう。動画を分割することで必要な部分だけ視聴できるため、解説動画を利用しやすくなります。

ミュートした状態でも内容が伝わるようにする

社内や公共スペースなど音声を出せない環境で動画を視聴する方もいるため、映像だけで理解できるように動画を制作しましょう。

音声が無くても伝わる動画を制作するためには、テロップの挿入が欠かせません。テロップで商品の説明や操作方法を記載することで、ミュート状態でも映像を見るだけで内容を理解しやすくなります。

テロップはただ音声の文字起こしをするだけだと映像が見づらくなるため、簡潔にまとめて書くことがポイントです。

ユーザーが活用する媒体も考慮する

ユーザーが解説動画を視聴する媒体はスマホやパソコンなど複数の種類があるため、どの媒体でも視聴しやすいように動画を制作しましょう。

とくに日本ではスマートフォンの保有率が9割近くあるため、スマートフォンのような小さな画面でも視聴できるような動画を制作する必要があります。

参考:令和4年版情報通信白書

スマートフォンでも見やすい動画を制作するために、テロップの文字の大きさや商品の構図などを意識してください。

必要に応じて動画制作会社への依頼も検討する

動画制作は企画・撮影・編集において、スキルや豊富な経験がないとわかりやすく伝えられる動画を制作するのは難しいです。

動画制作スキルがないとわかりにくい動画になり、商品の使い方を聞くお問い合わせが増加して顧客対応に負担がかかるおそれがあります。

クオリティの高い解説動画を制作する自信がない場合は、動画制作会社に依頼することも検討してみましょう。動画制作会社は動画制作に関するプロの集団であるため、自社の目的に沿った解説動画を制作できます。

弊社の動画サービス「ムビサク」でも解説動画の制作が可能です。自社の要望を徹底的にヒアリングし購買意欲や顧客満足度の向上につながる解説動画を制作します。

下記から無料相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

解説動画の種類

解説動画の種類

解説動画の種類として主に以下の2種類があります。

  • 文字解説動画
  • インフォグラフィック動画

それぞれの動画の特徴について事例とともに紹介します。

文字解説動画

文字解説動画は撮影した動画にテロップを挿入して解説する動画です。テロップで商品の説明や使い方を記載することで動画の内容が明確になり、映像だけで何が伝えたいかがわかるようになります。

テロップを挿入する作業自体は難しくないため、はじめて動画を制作する方におすすめです。例として、弊社で制作依頼のあったクラウドビューティーテック様の化粧品プロモーション動画を見てみましょう。

事例:インターネット広告用商品プロモーション動画

こちらの動画では、実写の画像にテロップを挿入して商品の説明をしています。テロップにモーションを付けることで視聴者が飽きずに最後まで見られる工夫をしています。

インフォグラフィック動画

インフォグラフィックは「インフォメーション」と「グラフィック」を合わせた造語で、イラストやグラフなどを用いて情報を伝える動画のことです。

イラストやグラフに動きを付けて伝えることで、直観的に動画の内容が把握しやすくなります。専門知識のような難しい内容もわかりやすくなるのがインフォグラフィック動画の強みです。

インフォグラフィック動画の事例として、弊社で制作したアナザーレーン株式会社様の会社説明会用動画を紹介します。

事例:就活生に向けた会社説明動画

若手社員の割合や電車通勤している人が多いことなどをイラストで表現しており、視覚的に理解できるような動画を制作しました。

解説動画の活用場面

解説動画の活用場面

解説動画は主に以下の場面で活用できます。

  • 購入者向けの操作説明
  • 広告や商談での商品・サービスの解説
  • 新入社員や中途社員の研修

各活用場面でのメリットについて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

購入者向けの操作説明

商品やサービスの購入者に対して操作方法を説明する際に解説動画を活用できます。操作方法を解説した動画は紙媒体の操作ガイドよりもイメージしやすいため、購入者がスムーズに利用できます。

使用目的ごとに動画を制作することによって、紙媒体のデメリットであるページを探す手間が省けるのもメリットです。

弊社でもShopifyでECサイトを立ち上げる人たち向けの操作説明動画を制作した実績がありますので、ぜひご覧ください。

事例:パートナー向けインストラクション動画アニメーション

なお、マニュアル動画については以下の記事で紹介しています。マニュアル動画のメリットや種類について詳しく知ることができるため、ぜひお読みください。

広告や商談での商品・サービスの解説

商品やサービスについてわかりやすく伝えるために解説動画は有効です。映像や音声があることで視聴者の理解が深まり、購買意欲を高められます。

商品・サービスの解説動画は動画広告や営業などでの活用におすすめです。とくに営業では担当者のプレゼンスキルに左右されずに、商品・サービスの魅力を伝えられるメリットがあります。

営業で活用できる動画について知りたい方は以下の記事もおすすめです。こちらの記事を読めば、営業動画のメリットや制作のポイントを詳しく把握できます。

新入社員や中途社員の研修

新入社員や中途社員の研修でも、以下のような内容を解説動画にできます。

  • 自社商品やサービス、ビジネスについて理解を深める動画
  • ビジネスマナーが学べる動画
  • 業務上のマニュアル動画

上記のような解説動画を制作することで新入社員はいつでも動画を見返せるため、知識を身につけやすくなり人材育成のスピードが向上します。自社で毎回研修のための場所を借りて講師を呼ぶ必要もなくなるため、人材育成にかかるコストの削減にもつながります。

解説動画を制作する3つのメリット

解説動画を制作する3つのメリット

解説動画を制作するメリットとして以下の3点が挙げられます。

  • 視覚や聴覚で分かりやすく伝えられる
  • ネット環境さえあればいつでも視聴できる
  • コスト削減につながる

自社で解説動画を制作するメリットがあるかを判断するためにお読みください。

視覚や聴覚で分かりやすく伝えられる

解説動画は紙媒体での説明よりも、視覚や聴覚でわかりやすく情報を伝えられることがメリットです。商品の使い方を紹介する場合も取扱説明書よりイメージしやすいため、ユーザーが戸惑うことなく商品を使用できます。購入者がスムーズに商品を使えるようになるため、顧客満足度が向上します。

使用方法がわからないことによるお問い合わせの発生を減らせるため、コールセンターの負担軽減にも効果的です。

ネット環境さえあればいつでも視聴できる

ホームぺージやSNSなどにアップロードすることで、視聴者が時間と場所を問わずに解説動画を視聴できます。

紙媒体で商品の使い方を解説した場合、持ち運びが必要になるためユーザーのストレスになりがちです。もし取扱説明書を紛失したら、商品の使い方がわからず使用できなくなることもあるでしょう。

一方で解説動画はネット回線があればスマートフォンで視聴できるため、紛失のリスクや持ち運びのストレスが低くなります。

コスト削減につながる

商品紹介やマニュアルを紙媒体で制作する場合、印刷して一人ひとりに渡す必要があるため継続的に印刷代を支払わなければなりません。

一方で解説動画は1本制作すれば他にコストが発生しないため、長期的にコスト削減につながります。

とくに動画をYouTubeにアップすれば動画運用のための管理費が発生しないため、費用を抑えて視聴者に情報を提供できます。

解説動画を制作する3つのデメリット

解説動画を制作する3つのデメリット

解説動画のデメリットである以下の3点についても確認しておきましょう。

  • 制作に時間がかかる
  • 多額のコストが発生する
  • ユーザーが動画を見られないことがある

紙媒体に劣っている点も紹介しますので、ぜひご覧ください。

制作に時間がかかる

はじめて動画を制作する場合、動画編集ソフトの操作が難しくて慣れるまでに時間がかかります。とくにクオリティを求めると撮影方法や編集内容の難易度が高くなり、企画から編集までにかかる時間が膨大になります。

解説動画は内容が伝わることが重要なので、動画のデザイン性を求めすぎないように気を付けましょう。

動画の制作期間について具体的に把握したい方は以下の記事もおすすめです。短納期にするための方法も紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

多額のコストが発生する

解説動画を制作すると、以下のような費用が発生します。

  • 機材やロケ地の使用料
  • 動画編集者の人件費
  • 動画編集ソフトの導入費
  • イラストやBGMの制作費
  • キャストの出演料

上記のようにさまざまな工程で費用が発生するため、解説動画は紙やパンフレットなどの紙媒体より初期コストが高額になりがちです。とくに編集業務を自社の社員に任せた場合、多くの工数が発生するため人件費がかさむでしょう。

動画制作は自社で制作するよりも動画制作会社に依頼した方が安くなることがあります。一度制作会社に見積もりを頼み、コストを比較してから内製か制作会社へ依頼するか決めることをおすすめします。

ユーザーが動画を見られないことがある

ユーザーが動画を見る際、必ずネット環境と視聴するためのデバイスが必要です。スマートフォンを所持している人は多いですが、通信制限を気にして動画を見られない人もいます。

また、ご年配の方はスマートフォンやPCを持っていない人も少なくありません。スマートフォンの操作が苦手な人もいるため、もしターゲット層がご年配向けの商品やサービスを提供しているのであれば紙媒体の資料も用意しましょう。

まとめ

解説動画を制作するとわかりやすく伝わる

解説動画を制作することで、視聴者に商品やサービスの魅力や使い方などをわかりやすく伝えられます。購入者向けの操作方法の解説や営業活動での商品説明など、幅広いシーンで解説動画は役に立ちます。

ターゲット層が求めている動画を制作するためにも、今回紹介した作り方を試してみてください。

なお、解説動画の制作を内製でなく制作会社に依頼したいと考えている方は、弊社の動画制作サービス「ムビサク」を検討してみませんか?

ムビサクは低価格で高品質な動画を制作できることが強みの動画制作サービスです。マニュアル動画や商品紹介動画などの解説動画の実績があるため、これまでの経験やノウハウを活かして自社の成果につながる動画を制作します。

弊社では企画案のアイデア出しを無料で承っているため、まずは下記からお気軽にご相談ください。

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ