コラム

店舗を紹介するための方法8選|動画で宣伝するメリットや制作方法も詳しく紹介

店舗を紹介するための方法8選|動画で宣伝するメリットや制作方法も詳しく紹介

集客力を上げるには広告やSNSなどさまざまな方法で店舗を紹介することが大切です。自社で情報を発信することで情報を閲覧した人が興味をもち、集客へとつながります。

本記事では、集客に悩んでいる人に向けて店舗を紹介するための8つの方法を紹介します。動画による宣伝のメリットや制作方法も紹介しますので、動画制作を検討している人もぜひお読みください。

店舗を紹介する方法8選

店舗を紹介する方法8選

店舗を紹介する方法として主に以下の8つがあります。

  • 方法1:テレビCMの放送
  • 方法2:WEB広告での宣伝
  • 方法3:SNSでの情報発信
  • 方法4:デジタルサイネージでの宣伝
  • 方法5:ホームページでの宣伝
  • 方法6:口コミ紹介サイトへの掲載
  • 方法7:地図アプリでの活用
  • 方法8:紙媒体による宣伝

それぞれの特徴を詳しく把握できますので、参考にしてみてください。

方法1:テレビCMの放送

テレビCMで店舗紹介をすることで、幅広い世代に認知されやすくなります。テレビはメディアの中でも信頼度が高いため、視聴者に好印象を与えられることもメリットです。

総務省の「令和3年度の情報通信白書」によると、信頼できる情報を得るために最も利用するメディアとして54%の人がテレビを選んでいます。

テレビCMは放映料が高いため資金に余裕のある場合でないと放送が難しいですが、集客増加に大きな効果があります。

参考:令和3年度の情報通信白書│総務省

方法2:WEB広告での宣伝

WEB広告はブログやSNSなどのWEBに掲載できる広告のことで、主に以下の種類があります。

広告の種類

概要

主な広告サービス

リスティング広告

GoogleやYahoo!などの検索結果画面に表示されるテキスト型の広告

・Google 広告
・Yahoo!広告

ディスプレイ広告

ブログやホームページなどに掲載できるテキストや画像、動画形式の広告

・Google 広告
・Yahoo!広告

インフィード広告

TwitterやInstagramなどのSNSの投稿フィードに掲載される広告

・Twitter広告
・Instagram広告
・Facebook広告
・LINE広告
・TikTok広告

インストリーム広告

動画SNSの動画の前後や途中に再生される動画広告

・Google 広告
・Yahoo!広告

WEB広告は年齢層や性別などターゲットを細かく設定して配信できるのがメリットです。店舗に興味を持ちそうな顕在層に向けて配信できるため、集客力の増加が見込めます。

方法3:SNSでの情報発信

SNSのアカウントで情報発信して集客する方法があります。 店舗と関連したジャンルに興味のあるターゲットに向けて配信し続けることで、認知度が向上し店舗へと足を運ぶ人が増えます。

SNSでも以下のような種類があるので、それぞれの特徴とともに見てみましょう。

主なSNSの種類

特徴

Twitter

・10代~30代が利用している
・リツイート機能により拡散力が高い
・ツイートの検索機能を活用することで、店舗に興味のある人にアプローチしやすい

Instagram

・10代~20代の高い利用率があり、30代~40代からも利用されている
・画像や動画を投稿して店舗の魅力を伝えられる
・一貫性のある投稿をすることでブランド確立につなげられる

Facebook

・30代~40代の利用率が高い
・長文での訴求が可能
・実名で利用している人が多くターゲットを狙いやすい

YouTube

・ほぼ全世代で利用されている
・動画SEOによってキーワード検索で動画が検索上位に掲載され、閲覧した人に宣伝できる
・YouTuberを起用した発信で集客を狙える

TikTok

・10代~20代がよく利用している
・動画を最後まで視聴してもらいやすい
・拡散力が強い

LINE

・全世代が利用している
・メールよりも開封率が高く情報を見てもらいやすい
・クーポンの配信もできる

参考:令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

それぞれ画像や動画を用いた配信が可能です。

方法4:デジタルサイネージでの宣伝

デジタルサイネージとは公共施設や商業施設、公共交通機関などに設置されているディスプレイ型の電子看板です。大型のディスプレイに画像や動画を流すことで、施設の利用客に対して訴求できます。

普通の看板よりも映像に動きがあることで、視聴者の目に留まりやすいのがメリットです。

デジタルサイネージ市場は2020年で519億円の市場規模であったのに対し、2025年には1,083億円と予測されており今後はより需要が高まると予測されています。

参考:CARTA HOLDINGS

方法5:ホームページでの宣伝

ホームページで店舗情報の詳細を伝えることで、サイトにアクセスした人の興味を喚起できます。ホームページを無料または低価格で簡単に作成できるサービスもあり、プログラミングの知識がなくても構築が可能です。

ホームページはデザインの自由度が高く、店舗のコンセプトを伝えやすいことも特徴です。また、ホームページ内に動画を埋め込むことで店舗情報をよりわかりやすく伝えられるため、店舗に訪れたい欲求を高められます。

方法6:口コミ紹介サイトへの掲載

口コミサイトはジャンルごとに以下のようなサイトがあります。

ジャンル

主な口コミサイト

飲食店

・食べログ
・ホットペッパーグルメ
・ぐるなび

ホテル

・じゃらん
・楽天トラベル
・Booking.com

美容院

・ ホットペッパービューティー
・楽天ビューティー
・EPARKビューティー

口コミサイトによっては予約を直接できる機能やクーポンを配信できる機能もあるので、集客につなげやすいのがメリットです。ただし、口コミで評価が低いとマイナスイメージを持たれることがあります。

方法7:地図アプリの活用

Googleマップのような地図アプリで店舗情報を掲載することも、集客につながる方法のひとつです。地図アプリでは場所とキーワードを掛け合わせて検索できるため、ユーザーが関心の高いエリア内で検索意図に沿った店舗の情報を閲覧できます。

経路検索によってユーザーがお店に辿り着きやすくなるので、来店する可能性が高まります。

方法8:紙媒体による宣伝

特定の地域に向けて情報発信をしたい方は、チラシやパンフレットを活用するのも、ひとつの手です。WEB広告の場合特定のユーザーにしか配信できないデメリットがありますが、紙媒体による宣伝はターゲット層に関係なく多くの人へと届けられます。

とくにインターネットの利用率の低い高齢者層は紙媒体でのほうが集客につながる可能性が高いので、扱う商材によっては紙媒体の活用がおすすめです。

動画で店舗を紹介するメリット3つ

動画で店舗を紹介するメリット3つ

上記で紹介した方法の中でも、WEB広告やSNSなど動画を使った宣伝が最も集客の効果があります。

動画の効果が高い理由としては、以下のメリットがあるからです。

  • 情報量が多く、店舗の雰囲気を伝えられる
  • 訴求できるターゲット層が広がる
  • 幅広い媒体で活用できる

動画による宣伝効果について詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

情報量が多く、店舗の雰囲気を伝えられる

動画は動きや音声によって短時間で多くの情報を視聴者に伝えられます。「1分間の動画は文字情報の100万倍の情報量をもつ」と論文でも算出されており、動画の情報量が多いことがわかります。

参考:伊藤博文氏の論文「文字から画像,そして動画へ」

とくに動画では画像や文章では表現しにくい店内やスタッフの雰囲気を伝えるのに最適です。雰囲気が伝わることで視聴者に安心感を与えられるため、集客の効果が高まります。

訴求できるターゲット層が広がる

動画は言葉がわからなくても魅力を伝えられるため、訴求できるターゲット層が広がります。

たとえば、日本語を知らない外国人への訴求が可能です。世界中で利用されているSNSで動画を配信することで、日本に興味のある人たちの興味を喚起できます。

ホームぺージでは画像やテキストがメインコンテンツとなるため、他の言語に翻訳しなければなりません。しかし、動画では言葉がなくても情報が伝わるため、インバウンド効果を狙って来客数を増やせます。

幅広い媒体で活用できる

動画は1本制作すれば他の媒体でも活用できます。たとえば、YouTube用の動画を制作すれば他のSNSへの転用やデジタルサイネージでの配信が可能です。広告費を支払えばWEB広告での活用も可能です。

複数の媒体で配信することでより多くの人に視聴してもらえるため、集客につながりやすくなります。

また、動画を活用するメリットは他にもあります。以下の記事で詳しく紹介していますので、どのような効果があるかを知りたい方はぜひお読みください。

店舗紹介動画の制作方法

店舗紹介動画の制作方法

店舗紹介動画は以下の4つの手順で制作できます。

  1. 目的・ターゲットの設定
  2. 企画・構成
  3. 動画素材の撮影
  4. 撮影した動画の編集

各手順についてどのような作業をするのかを把握できますので、これから制作を検討している方は必見です。

なお、以下の記事でより詳しく動画制作の流れについて解説しています。実写動画とアニメーションの動画それぞれの制作ステップを記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目的・ターゲットの設定

動画を制作する前に目的とターゲットを明確にしてから伝えましょう。目的やターゲットによって企画内容が大きく変わるためです。

たとえば、ユーザーに安心感を与える動画を作りたいのであれば、店内の雰囲気の紹介が向いています。新商品の購入数を増やしたいのであれば、新商品の魅力が伝わる動画が望ましいです。また、年齢層や性別などターゲット層によっても訴求内容を変える必要があります。

企画・構成

目的とターゲットに沿って企画内容や動画で伝えたいメッセージを決めます。企画内容が決まったらどのような構成にするかを考えましょう。構成がある程度固まったら、絵コンテに落とし込んでいきます。

絵コンテを作成することで必要な撮影シーンや起用するキャスト、使用するBGMなどが明確になります。

動画素材の撮影

実写動画を制作する場合は、絵コンテにしたがって動画素材を撮影します。撮影日までに必要なキャストの手配や撮影機材のレンタルをし、ロケ地やスタジオを使用する場合は事前に下見もします。演技を見てからキャストを選びたい人はオーディションの実施も必要です。

30秒程度の動画を制作する場合、撮影自体は半日から1日程度で終わりますが、キャスティングの起用や機材のレンタルに1週間ほどかかります。

撮影した動画の編集

動画を撮影したら絵コンテに沿ってテロップの挿入や動画のトリミングをし、1本の動画を制作します。必要に応じてナレーションやBGMを挿入し、音声でも魅力が伝わるように仕上げます。

ただし、制作を集客の効果が得られる動画を制作するには企画力や編集技術などさまざまなスキルが必要なため、初心者が制作するのは非常に難しいです。

もし、動画制作に自信がなければ制作会社に依頼することも検討してみましょう。弊社の動画制作サービス「ムビサク」でも自社の要望を徹底的にヒアリングし、集客に効果のある動画を制作できます。

動画制作に関するご相談を承っておりますので、ぜひ下記からお問い合わせください。

店舗紹介動画の制作ポイント

店舗紹介動画の制作ポイント

店舗紹介動画の集客力を高めるために以下の3つのポイントを意識して制作しましょう。

  • 短い尺で魅力を伝えられるようにする
  • 配信したい媒体に合わせて動画を制作する
  • 臨場感のある動画を制作する

具体例も挙げて解説していますので、ぜひご覧ください。

短い尺で魅力を伝えられるようにする

動画の尺が長いと飽きられる可能性があるので、短い時間でメッセージを絞って伝えるようにしましょう。とくに動画広告の場合、5秒以内でユーザーの興味を喚起することが大切です。

Yahoo!広告でも5秒以内に何の訴求がわからない動画とわかる動画の効果の違いが、以下のようになることがわかっています。

動画の種類

5秒以内に動画の内容がわかる動画とわからない動画の効果の比較値

ブランド認知

144%

メッセージ連想

168%

購入意向

155%

参考:Yahoo!JAPANが考える「動画広告」の4原則

上記のように短時間で伝わる動画の方が効果が得られやすいので、重要なメッセージは冒頭に盛り込んで制作しましょう。

配信したい媒体に合わせて動画を制作する

配信媒体によって利用している年齢層や好まれる動画の内容が異なるため、それぞれの媒体に合わせて動画を作成しましょう。たとえば、TikTokは10代〜20代がよく活用しており、短時間で刺激的な動画が求められています。

店舗のブランドやコンセプトも考慮して、魅力の伝わる動画を制作してみてください。また、動画サイズも媒体によって異なるので制作時に注意しましょう。

臨場感のある動画を制作する

ユーザーが最後まで見たくなる店舗紹介動画を制作したい場合は、その場にいるかのような臨場感のある動画を制作しましょう。

たとえば、飲食店の場合は調理しているシーンを撮影することで、視聴者の食欲をそそる動画を制作できます。料理のおいしさがリアルに伝わるため、実際に食べてみたいと感じるようになり顧客獲得につながります。

店舗の商品やサービスを魅力的に映して集客力のある動画を制作してみてください。

店舗紹介動画の事例3選

店舗紹介動画の事例3選

店舗紹介動画の事例として以下の3つを紹介します。

  • 事例1:愛知トヨタ自動車株式会社
  • 事例2:焼き鳥どん
  • 事例3:山梨泊まれる温泉 より道の湯

自社で制作した動画ではありませんが、どれもお店の魅力が伝わる動画ですのでぜひ参考にしてみてください。

事例1:愛知トヨタ自動車株式会社

愛知県のトヨタ自動車の販売ディーラーである「愛知トヨタ自動車株式会社」では、店舗ごとに紹介動画を制作しています。店舗の所在地や店内にある施設、スタッフの雰囲気をテロップとともに紹介しています。BGMで明るい印象を与えているのも特徴的です。

引用:【愛知トヨタ公式】豊田店舗紹介

事例2:焼き鳥どん

東京にある焼き鳥屋「焼き鳥どん」では、オーナーの日垣さんという方が店内でエンタメ性のある動画を配信しています。メニュー紹介動画やバイトあるある動画などを投稿しており、2022年12月時点で22万人以上のフォロワーがいます。

大規模チェーン店でない飲食店でも動画を投稿することで、認知度を拡大できることがわかるでしょう。

引用:焼鳥どん日垣兄弟

事例3:山梨泊まれる温泉 より道の湯

山梨県泊まれる温泉 より道の湯では、施設内を紹介した動画を制作しています。湯口から温泉が流れる音を挿入したり、温泉に入った人の目線に合わせた映像を使用したりして臨場感のある動画を楽しめます。

宿泊施設や休憩場所にも清潔感があり、訪れてみたいと感じるのではないでしょうか。

引用:山梨泊まれる温泉 より道の湯 | オープニングPV【どうぞ、より道ください】

まとめ

店内の雰囲気を伝えられる動画がおすすめ

店舗を紹介する際は店内の雰囲気を伝えられる動画がおすすめです。短時間で多く時の情報を伝えられるだけでなく、海外のユーザーにも配信できるため高い集客力があります。ターゲットや目的に沿った企画を立案し、短時間で臨場感のある動画を制作してみてください。

なお、自社で動画を制作するのが難しいと考えている方は弊社の動画制作「ムビサク」を活用してみてはいかがでしょうか?ムビサクでは企画やアイデア出しからの動画制作を受け付けております。5万円からと低価格ながら、集客につながる高品質な動画を制作できます。

ムビサクでは現在、動画制作に関する無料相談を承っております。下記リンクから連絡できますので、ムビサクで動画制作の依頼を検討している方はお気軽にお問い合わせください。

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ