コラム

【事例あり】動画プロモーションの活用シーン|配信場所やメリットも紹介

【事例あり】動画プロモーションの活用シーン|配信場所やメリットも紹介

プロモーションにはさまざまな手法がありますが、中でも短時間で多くの情報を伝えられる動画を活用した宣伝がおすすめです。文字や静止画よりも印象に残りやすく、認知拡大や購入促進などに高い効果があります。

本記事では、動画プロモーションの活用シーンや配信できる場所、メリットを解説します。活用シーンごとに事例も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画プロモーションとは?

動画プロモーションとは

動画プロモーションとは売上の向上やブランディング、採用強化などの目的で動画を活用し、宣伝することです。会社や商品の魅力を紹介して、認知度や購買意欲の向上を狙えます。

動画はアニメーションや音声、テロップなど表現方法も豊富で、文字や静止画よりも情報が伝わりやすいため、さまざまな場面で活用できます。

【事例あり】動画プロモーションの活用シーン5選

動画プロモーションの活用シーン5選

動画プロモーションがよく活用される場面として、以下の5つがあります。

  • 商品・サービス紹介
  • 企業紹介
  • 採用活動
  • 観光紹介
  • 啓蒙・啓発活動

事例も紹介していますので、以下を読むことでどのような動画がプロモーションに利用されているか詳しく把握できます。なお、事例については、弊社で制作していない動画も紹介していますので、ご了承ください。

商品・サービス紹介

商品・サービスのプロモーションを目的に、動画を制作している企業があります。商品やサービスの価値を動画で伝えることで、視聴者が興味を持ちやすくなり、購入を促進できます。

ユーザー目線で商品やサービスにどのような魅力があるかを考えて制作すると、効果的なプロモーション動画の制作が可能です。

事例:ホームページ掲載や広告用の商品紹介動画

なお、以下のページで商品紹介の方法や、購入数増加のためのポイントについて詳しく紹介していますので、合わせてお読みください。

企業紹介

企業の紹介動画を制作してプロモーションすることで、ブランディングを行えます。オリジナリティにあふれた動画を制作できれば、競合との差別化につながり「○○といえばこの会社」というイメージを視聴者に与えることが可能です。

ブランディングに成功することで、視聴者から安心感や信頼感を得られ、新規顧客の獲得やリピーターの増加が期待できます。

引用:New Challenge:企業ブランド動画 | エスタカヤ電子工業株式会社

また、企業紹介動画を制作したい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

企業紹介動画を配信するメリットや制作するコツを把握できます。

採用活動

採用活動では人材獲得に向けたプロモーションをしたいときに、動画を活用できます。コロナ禍の影響でオンライン説明会が増えてきたこともあり、魅力的な採用動画を制作して優秀な人材を確保することが重要になりました。

社長のメッセージ動画や社員の1日のスケジュール動画などを活用することで、企業理念や会社の雰囲気がリアルに伝えられるため、就活生の志望度を高められる効果があります。

事例:新卒・中途採用動画アニメーション

採用活動で動画制作を検討している方は、下記のページもご覧ください。

採用動画の種類や事例を詳しく把握できます。

観光紹介

観光地の紹介や移住促進のプロモーションにも動画がおすすめです。観光地の雰囲気や雄大な自然を伝えたり、活気ある街を映したりすることで、視聴者の観光したい気持ちを高められます。

その土地に行ったことのない人が観光地や自治体について事前に知ることができるので、安心して旅行先に選んでもらえます。

引用:岡山県観光プロモーション動画「こころ晴ればれおかやまの旅」

自治体のプロモーションや地域おこしのために動画を制作したい方は、以下の記事もあわせてお読みください。

啓蒙・啓発活動

交通安全や人権問題など、啓蒙・啓発活動をしたい場合も、動画でのプロモーションが最適です。動画で啓発することで、ポスターよりもメッセージ性が伝わりやすい効果があります。

アニメーションやCGなどを使うことで、一見難しそうな内容もわかりやすく相手に伝えられます。

引用:障害普及啓発動画「みんないっしょ」

プロモーション動画を配信できる媒体5つ

プロモーション動画を配信できる媒体5つ

動画をプロモーションできる媒体は多くあります。ここでは、プロモーションでよく使われる媒体や場所を5つ紹介します。

  • WEB広告
  • OOH広告(デジタルサイネージ)
  • SNS
  • 自社WEBサイト
  • 展示会・イベント

それぞれのメリットを把握できますので、参考にしてみてください。

WEB広告

WEB広告はホームページやSNSなどに掲載できる広告のことです。広告費はかかりますが、知名度が高くない企業でも短期間で不特定多数の人に動画を配信できるため、認知度を向上できます。

ターゲットに絞った配信もでき、自社や自社商品に興味のある顕在層に絞って費用対効果の高いプロモーションを実現できます。

動画広告については以下の記事でも紹介していますので、動画広告の種類や配信するメリットを知りたい方は、ぜひお読みください。

OOH広告(デジタルサイネージ)

OOH(アウト・オブ・ホーム)広告は、タクシーや電車内のデジタルサイネージや街頭ビジョンなど、屋外に設置されている動画型の広告です。

OOH広告によって人通りが多い場所でプロモーションでき、多くの人に見てもらえる可能性があります。

広告を設置する場所によってターゲットを絞ることも可能です。

SNS

YouTubeやTwitterなどのSNSを活用することで、多くの人に動画を見てもらえます。ターゲット層に合わせた動画を配信することで、共感したSNSユーザーが拡散し、低コストで認知度を高められます。

海外ユーザーも多いため、インバウンドを狙う企業にもおすすめです。

なお、以下の記事で主要SNSのユーザー層や好まれる動画のテイストについて紹介していますので、SNS運用を検討している方はぜひご覧ください。

自社WEBサイト

自社サイトに動画を埋め込んで宣伝することで、アクセスした人の理解度を深められます。ランディングページにおいてもページ上部に動画を掲載すると、顧客に商品の魅力を伝えて購入意欲を高められるので、そのまま購入画面への誘導が可能です。

また、滞在時間が伸びることで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから優良なページであると判断され、検索結果画面の上位に掲載されやすくなる可能性があります。

なお、検索結果画面の上位に表示されるには、他の施策も行うことが重要です。下記ページで動画を活用したSEOの施策について紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

展示会・イベント

展示会では、ティザー動画や商品紹介動画などを制作してプロモーションを行えます。ティザー動画は断片的に情報を伝えて注目を集める動画です。展示ブースの前で動画を流すことで、自社ブースに来た人の足を止められます。

ティザー動画で興味を引くことで、視聴した人がブース内に訪問する可能性が高くなるため、リード獲得に効果的です。

展示会用の動画については以下の記事で紹介しています。動画の必要性や効果的な見せ方などを紹介していますので、ぜひお読みください。

動画プロモーションを実施する3つのメリット

動画プロモーションを実施する3つのメリット

動画プロモーションを実施するメリットとして、以下の3つがあります。

  • 短時間で多くの情報を伝えられる
  • ほかの媒体にも流用しやすい
  • 拡散されやすい

動画プロモーションによって、自社の課題を解決できるかを確認してから動画を制作しましょう。

短時間で多くの情報を伝えられる

映像と音声によってテキストよりも短時間で多くの情報を伝えられます。愛知大学法科大学院教授の伊藤博文氏の論文によると、1分間の動画は文字情報の100万倍の情報量をもつと記載されています。

参考:文字から画像,そして動画へ

文章では読んで理解するのに時間がかかりますが、動画は情報量が多いため見るだけで内容を把握することが可能です。細かい部分も伝えられるため、競合との差別化にも効果的です。

ほかの媒体にも流用しやすい

動画媒体の場合、一度動画を制作すればほかの媒体に展開しやすいです。たとえば、YouTube用の動画素材を転用することで、ほかのSNSやWEB動画などさまざま媒体に利用できます。

配信媒体のテイストやサイズに合わせて制作する必要はありますが、一から作り直す必要がないため、制作にかかる工数を減らすことが可能です。また、紙媒体でのプロモーションのように印刷代がかからないことから、長期的にコスト低減につながります。

拡散されやすい

SNSでプロモーションする場合、面白い動画や共感される動画を配信することで拡散され、自ら宣伝しなくても認知度を高められます。

工数をかけずにフォロワー数増加や認知度向上につながるため、費用対効果の高いプロモーションが可能です。

動画プロモーションを実施する2つのデメリット

動画プロモーションを実施する2つのデメリット

多くの情報を伝えられることや拡散性が高いメリットがありますが、以下のようなデメリットもあります。

  • マイナスイメージにつながる場合もある
  • 高度な動画制作スキルが求められる

動画プロモーションで失敗しないよう、実施前にデメリットを把握しておきましょう。

マイナスイメージにつながる場合もある

動画は良くも悪くも情報が伝わりやすく、不適切な表現があった場合、マイナスなイメージを視聴者に与えてしまいます。さらに、不適切で不快な思いをするような動画も拡散されやすいため、炎上につながる可能性があり、ブランドイメージの毀損や利益損失につながります。

自社にマイナスなイメージがつかないよう、さまざまな視聴者に配慮して動画の企画を考えましょう。

高度な動画制作スキルが求められる

プロモーションに効果のある動画を制作するためには、企画や撮影、編集などで高度なスキルが求められます。もし自社に制作スキルを持った人材がいない場合は、社員の育成が必要で、動画を制作するまでに膨大な時間とコストを費やす必要があります。

そのため、短期間でプロモーションに効果のある動画を制作したい場合は、制作会社に依頼することも検討してはいかがでしょうか。

弊社の動画制作サービス「ムビサク」でも、プロモーションに活用できる動画を制作できます。最短10営業日で動画を制作できるため、急に動画制作が必要になった企業の方も安心して依頼できます。企画の提案から構成の作成まで無料で 受け付けているので、制作会社でどのような動画を制作できるか知りたい方にもおすすめです。

また、弊社では動画制作に関するご相談も無料で承っていますので、下記からお気軽にお問い合わせください。

プロモーション動画の3つの制作ポイント

プロモーション動画の3つの制作ポイント

プロモーション動画の制作ポイントとして、以下の3つがあります。

  • 目的とターゲットを明確にする
  • 自社の強みを把握する
  • 伝えたいメッセージはひとつに絞る

動画制作において重要なポイントをまとめていますので、制作前に以下をお読みください。

目的とターゲットを明確にする

いきなり企画の立案や撮影を行うのではなく、はじめに目的とターゲットを明確にしましょう。目的やターゲットが曖昧だと、伝えたいメッセージがわからず、誰にも刺さらない動画になるためです。

認知拡大や購入促進など、動画を作成してどのようなことを達成したいかを考えて目的を明確にしましょう。また、ターゲットは年齢や性別、興味関心などできるだけ細かく設定することをおすすめします。

自社の強みを把握する

プロモーション動画で競合との差別化を図るためには、自社の強みを把握することが重要です。一次情報をもとに市場調査や競合分析を行い、自社のポジションを俯瞰的に把握してから動画を制作しましょう。

自社に関して競合よりも優位性のある部分を洗い出し、自社の強みがターゲット層に刺さるかを考えてメッセージを作成しましょう。

伝えたいメッセージはひとつに絞る

商品やサービス、企業の魅力が多くあるからといって、情報を詰め込んでしまうと何を伝えればいいかわからない動画になってしまいます。

出来るだけ多くの人に刺さる動画を制作するためにも、メッセージをひとつに絞って動画を制作しましょう。伝えたいメッセージが複数ある場合は、複数の動画を制作することをおすすめします。

まとめ

動画を活用してプロモーションすることで認知度拡大に効果的な宣伝ができる

動画を活用してプロモーションすることで、認知度拡大に効果的な宣伝ができます。商品やサービス、企業の紹介や採用活動など幅広いシーンでの利用が可能です。

目的やターゲットを明確にし、伝えたいメッセージを絞り込んで、多くの人の興味を喚起できる動画を制作しましょう。

また、自社でプロモーション効果の高い動画を製作する自信がない場合は、動画制作会社に依頼することもひとつの手です。

弊社の動画制作サービス「ムビサク」でも、商品紹介や採用活動など活用シーンに合わせたプロモーション動画を制作できます。自社の課題を徹底的にヒアリングし、解決につながる動画を提供します。

もし動画制作に関するお悩みがありましたら、無料相談を受け付けておりますので、下記からお気軽にお問い合わせください。

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ