コラム

IR動画とは?株主総会や広報に動画を制作するメリットと失敗しないコツを解説

この記事の監修者アイコン

この記事の監修者

船木 佑哉

<動画事業部 部長>

IR動画とは?株主総会や広報に動画を制作するメリットと失敗しないコツを解説

投資家などのステークホルダー向けに企業の広報活動の一環としてIR動画を制作する企業も多くあります。株主総会での会場やプレスリリースなどに活用することで、動画で内容を分かりやすく伝えることができます。

この記事では、株主総会や広報活動にIR動画を制作するメリットや種類について解説します。また、企業の活用シーンや失敗しないコツについても触れますのでぜひ参考にしてください。

動画制作サービス「ムビサク」ではIR動画の豊富な制作実績があります。動画制作を検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

ムビサクのIR動画の制作について詳しく知りたい方はこちら

  • 企業がIR動画を制作する理由
  • IR動画の種類と活用シーン
  • IR動画を制作するメリットと失敗しないコツ

動画制作でこんなお悩みありませんか?

  • 動画制作を考えているがどうすればよいかわからない
  • 急いで動画を作りたいが方法がわからない
  • 高品質な動画を制作したいが自社では難しい…

\ スピーディーに高品質な動画を作るならムビサク /

無料で相談・問い合わせる

IR動画とは?

IR動画とは

IR動画とは、投資家や株主に向けて企業が行う広報活動情報を映像化したものです。IRとは、「Investor Relations」の略称で、投資家や株主に向けて会社の状況や展望を伝えることを指します。IR動画は主に、株主総会、決算説明会、投資家説明会などに用いられます。

IR動画の目的は、投資家や株主に対して自社の経営や財務状況、将来の展望などをわかりやすく伝えることです。テキストやグラフだけでは伝わりにくい内容も、動画を用いることでより効果的に伝えることができます。

企業がIR動画を制作する理由

企業がIR動画を制作する理由

企業がIR動画を制作するはさまざまですが、主に以下のような理由があります。

  • ステークホルダーにダイレクトに伝わる
  • 事業に対する熱意や想いを可視化できる
  • 海外の投資家にもアプローチできる

ステークホルダーにダイレクトに伝わる

IR動画は、テキストやグラフだけでは伝わりにくい内容も、視覚的にわかりやすく伝えることができます。例えば、事業内容の説明では、実際の商品・サービスの映像を用いることで、よりリアルなイメージを持ってもらうことができます。また、業績の説明では、グラフやアニメーションを用いることで、数値の変化をわかりやすく伝えることができます。

事業に対する熱意や想いを可視化できる

IR動画は、企業の事業に対する熱意や想いを可視化することができます。例えば、経営者のインタビューや従業員の声を収録することで、企業の理念やビジョンをより強く伝えることができます。また、社員が働く様子や、社会に貢献する活動の様子を紹介することで、企業の魅力をアピールすることができます。

海外の投資家にもアプローチできる

IR動画は、海外の投資家にもアプローチすることができます。例えば、英語字幕や多言語のナレーションを用意することで、海外の投資家にも自社の情報を届けることができます。また、海外の投資家向けの説明会を動画で配信することで、時間や場所を選ばずに情報を提供することができます。

IR動画の種類と活用シーン

IR動画の種類と活用シーン

IR動画は、大きく分けて以下の6種類に分類することができます。

  • 株主総会のライブ配信
  • 商品・サービス紹介動画
  • 企業ブランディング動画
  • オフィス・工場見学動画
  • インタビュー動画
  • 決算報告のプレゼン動画

株主総会のライブ配信

株主総会のライブ配信は、株主総会の様子をリアルタイムで配信する動画です。株主総会に参加できない株主や、海外の投資家など、幅広いステークホルダーに情報を届けることができます。

例えば、株主総会で発表された決算報告や経営方針を動画で配信することで、経営陣の考え方や今後の計画をよりわかりやすく理解することができます。

商品・サービス紹介動画

商品・サービス紹介動画は、企業が提供する商品・サービスをわかりやすく紹介する動画です。商品・サービスの特徴やメリットを視覚的に伝えることで、顧客や投資家の理解を深めることができます。

例えば、新商品の発売を動画で紹介することで、事業推進をアピールすることができます。

なお、商品・サービス紹介動画の活用方法は以下の記事をご覧ください。

企業ブランディング動画

企業ブランディング動画は、企業の理念やビジョン、事業内容などをアピールする動画です。企業の魅力や価値観を視覚的に伝えることで、企業の認知度や好感度を向上させることができます。

例えば、企業のCSR活動(社会貢献活動)を動画で紹介することで、企業の姿勢をアピールすることができます。

なお、企業ブランディング動画の効果や成功事例については以下の記事を参考にしてください。

オフィス・工場見学動画

オフィス・工場見学動画は、企業のオフィスや工場を動画で紹介する動画です。企業の働く環境や事業の現場を視覚的に伝えることで、企業の魅力や価値観をアピールすることができます。

例えば、工場の設備や製造工程を動画で紹介することで、企業の技術力や製品の品質を伝えることができます。

なお、オフィス・工場見学などの会社案内を動画化にする際のポイントは以下の記事で詳しく解説しています。

インタビュー動画

インタビュー動画は、経営者や社員へのインタビューを収録した動画です。企業の考え方や事業の取り組みを経営者や社員の生の声で伝えることで、企業の魅力や価値観をアピールすることができます。

例えば、経営者のビジョンや経営方針をインタビュー動画で紹介することで、企業の成長戦略をアピールすることができます。

なお、インタビュー動画を制作するポイントについては、以下の記事も参考にしてください。

決算報告のプレゼン動画

決算報告のプレゼン動画は、決算報告や経営方針をプレゼンテーション形式で紹介する動画です。業績の推移や経営戦略をわかりやすく伝えることで、投資家への理解を深めることができます。

例えば、売上高や利益の推移をグラフやアニメーションを用いてわかりやすく伝えることで、業績の成長度合いを視覚的に把握することができます。

弊社が提供する「ムビサク」ではアニメーション動画の豊富な制作実績があります。

IR動画制作の詳細はこちら

無料相談も承っておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。

IR動画を制作するメリット

IR動画を制作するメリット

IR動画を制作するメリットは、大きく分けて以下の5つです。

  • 事業内容をイメージしやすい
  • 企業のビジョンや熱意を伝えやすい
  • 業績の数字の推移がわかりやすい
  • 商品・サービスの機能を伝えやすい
  • 株主総会の開催後でも視聴できる

事業内容をイメージしやすい

IR動画は、テキストやグラフだけでは伝わりにくい事業内容も、視覚的にわかりやすく伝えることができます。例えば、商品・サービスの映像を用いることで、よりリアルなイメージを持ってもらうことができます。また、事業の流れや仕組みをアニメーションで説明することで、理解を深めることができます。

事業内容をイメージさせるには、モーショングラフィックスを用いることもおすすめです。

モーショングラフィックスについては以下の記事でも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

企業のビジョンや熱意を伝えやすい

IR動画は、企業のビジョンや熱意を視覚的に伝えることができます。例えば、経営者のインタビューや従業員の声を収録することで、企業の理念や事業に対する思いをより強く伝えることができます。また、社員が働く様子や、社会に貢献する活動の様子を紹介することで、企業の魅力をアピールすることができます。

業績の数字の推移がわかりやすい

IR動画は、業績の数字の推移をグラフやアニメーションを用いてわかりやすく伝えることができます。例えば、売上高や利益の推移をグラフで表示することで、業績の成長度合いを視覚的に把握することができます。また、業績の要因をアニメーションで説明することで、業績の変化の背景を理解することができます。

なお、数字データを表現するのであれば、インフォグラフィック動画にすることもおすすめです。インフォグラフィック動画の活用方法については以下の記事を参考にしてください。

商品・サービスの機能を伝えやすい

IR動画は、商品・サービスの機能を視覚的にわかりやすく伝えることができます。例えば、商品の使用方法やサービスの特徴を動画で紹介することで、商品・サービスの理解を深めることができます。また、商品・サービスの開発ストーリーや、利用者の声を紹介することで、商品・サービスの魅力をアピールすることができます。

株主総会の開催後でも視聴できる

IR動画は、株主総会の開催後でも視聴することができます。そのため、株主総会に参加できなかった株主や、動画配信を希望する株主に情報を届けることができます。また、株主総会で行った経営陣のプレゼンテーションを社員にも動画で配信することで、経営陣の考え方や今後の計画を社員に理解してもらうことに役立ちます。

なお、プレゼンテーションに用いる動画の作り方については以下の記事を参考にしてください。

IR動画の制作で失敗しないコツ

IR動画の制作で失敗しないコツ

IR動画を制作する際には、以下の5つのコツを押さえることで、失敗を防ぐことができます。

  • 企業のブランドイメージに合わせる
  • ステークホルダーの目線で制作する
  • 悪い数字もはっきりと記載する
  • 伝える内容はシンプルにまとめる
  • 飽きのこない演出を心がける

企業のブランドイメージに合わせる

IR動画は、企業のブランドイメージを表現する重要なツールです。そのため、企業のカラーやロゴ、色味などを統一し、企業イメージに合った動画を制作することが大切です。

例えば、企業が信頼性や安定感を重視している場合、動画も落ち着いた雰囲気に仕上げましょう。

ステークホルダーの目線で制作する

IR動画は、投資家や株主、顧客、社員など、さまざまなステークホルダーに視聴されます。そのため、それぞれのステークホルダーのニーズや興味関心を把握し、相手の視点に立った動画を制作することが大切です。

例えば、投資家や株主向けの動画であれば、業績や経営戦略をわかりやすく伝えることが重要です。一方で、社員向けであれば、社員向けの動画であれば、企業の理念やビジョンを共有することが大切になります。

悪い数字もはっきりと記載する

IR動画は、企業の現状や課題を正しく伝えることも重要な役割です。そのため、悪い数字もはっきりと記載し、その原因や対策をわかりやすく説明することが大切です。

例えば、売上高や利益の減少を説明する際には、その原因を分析し、今後の改善に向けた取り組みを説明しましょう。

伝える内容はシンプルにまとめる

IR動画は、視聴者の集中力が続かないように、伝える内容はシンプルにまとめることが大切です。そのため、重要なポイントを絞り込み、わかりやすい言葉で説明しましょう。

例えば、専門用語は、できるだけわかりやすい言葉に言い換えることがおすすめです。視聴者はわからない言葉が出てくると視聴をやめてしまうことも多くあります。一般的な言葉を使って伝わりやすい動画を心がけましょう。

飽きのこない演出を心がける

IR動画は、視聴者が最後まで飽きずに視聴できるように、飽きのこない演出を心がけることが大切です。そのため、映像や音声、ナレーションなどの演出を工夫しましょう。

例えば、イラストやアニメーションを用いて動きのある映像にすることもおすすめです。また、BGMやナレーションを効果的に使って、視覚と聴覚の両方から訴求しましょう。

なお、飽きのこない演出には、企画の段階ですり合わせておくことも重要です。動画制作の企画書の作り方については、以下の記事も参考にしてください。

IR動画の制作に関するよくあるご質問

IR動画の制作についてのご質問はかなり多くいただきます。その中から、頻度の高いものへの回答をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

IRとは何の略ですか?
IRは、Investor Relationsの略で、投資家や株主に向けて企業の状況や展望を伝えることを指します。決算説明会や投資家説明会、アニュアルレポートなどの情報提供活動が、IRに該当します。
なお、アニュアルレポートとは、企業が毎年発行する年次報告書のことです。財務諸表や事業報告など企業の1年間の活動を総括した報告書です。
プレスリリースとIRの違いは何ですか?
プレスリリースとIRは、どちらも企業から発信する情報ですが、対象となる相手が異なります。プレスリリースは、一般のメディアや消費者など、広く社会に情報を発信することを目的としています。一方、IRは、投資家や株主など、企業と直接関係するステークホルダーに情報を発信することを目的としています。
ディスクロージャーとIRの違いは何ですか?
ディスクロージャーは法的な義務であり、IRは企業の自主的な情報提供活動です。
ディスクロージャーとは、企業が投資家や株主などのステークホルダーに対して、法令に基づいて開示する情報を指します。IRは、ディスクロージャーの情報提供に加えて、企業の魅力や価値を積極的にアピールすることを目的としています。

まとめ

IR動画では伝わりにくい内容を効果的に伝えることができる

IR動画とは、投資家や株主に向けて企業が行う広報活動情報を映像化したものです。投資家や株主に対して自社の経営や財務状況、将来の展望などをわかりやすく伝えることを目的としています。また、IR動画ではテキストやグラフだけでは伝わりにくい内容を、アニメーションで表現することもおすすめです。

弊社が提供する「ムビサク」ではアニメーション動画の豊富な制作実績があります。

IR動画制作の詳細はこちら

無料相談も承っておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。

この記事の監修者

コラム検索

コラムカテゴリ

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ