コラム

動画制作と映像制作の違いとは?

この記事の監修者アイコン

この記事の監修者

船木 佑哉

<動画事業部 部長>

動画制作と映像制作の違いとは?

TikTokやYouTubeなどの動画配信プラットフォームの普及により動画や映像に興味を持つ方も増えてきています。また、ユーザーとして利用するだけではなく、企業のマーケティング活動や教育・研修、採用、カスタマーサクセスなどにも動画や映像は活用されています。しかし、動画制作と映像制作の違いについて、よくわらかないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、動画制作と映像制作の違いについて詳しく解説します。

動画制作サービス「ムビサク」ではビジネス向け動画の豊富な制作実績があります。動画制作を検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

ムビサクの動画制作について詳しく知りたい方はこちら

  • 動画制作と映像制作の情報量の違い
  • 動画制作と映像制作の関わる人の違い
  • 動画制作と映像制作の制作工程の違い

動画制作でこんなお悩みありませんか?

  • 動画制作を考えているがどうすればよいかわからない
  • 急いで動画を作りたいが方法がわからない
  • 高品質な動画を制作したいが自社では難しい…

\ スピーディーに高品質な動画を作るならムビサク /

無料で相談・問い合わせる

動画制作と映像制作では情報量(IPT)が異なる

動画制作と映像制作では情報量(IPT)が異なる

動画と映像は、ほとんど同じ表現であるため、境界はあいまいになっています。しかし、一般的に動画と映像は、情報量が異なります。情報量のことを「時間当たりの情報量」という意味で、IPT(Information per Times)と呼びます。つまり、IPTが高いほど情報量の多いコンテンツということになります。

動画と映像を比べると、動画のほうが情報量は多く、CMや広告といったメッセージを伝えたい場合に活用されます。一方で、映像はメッセージや情報があまり多くなく、映画やドラマなどのTV番組に用いられることが多いです。

動画制作は情報量が多いためCMや広告向き

動画とは、動く画像と音声を組み合わせて、視聴者に情報やメッセージを伝達するコンテンツです。動画制作では、主に情報を伝えることを目的としています。そのため、撮影した素材を編集して、必要な情報を視聴者に伝えることが重要です。

動画制作では、情報量(IPT)が多くなるように工夫する必要があります。情報量を多くするためには、以下の方法があります。

  • 画質や音質を高める
  • 効果音やナレーションを追加する
  • 構図や色彩に工夫する

たとえば、商品の紹介動画や企業のPR動画などは、動画制作の典型的な例です。これらの動画では、商品の特徴や企業の事業内容などの情報を、視聴者にわかりやすく伝えることが重要です。そのため、情報量が多くなるように、画質や音質を高めたり、編集で効果音やナレーションを追加したりすることで、視聴者が情報を理解しやすくなります。

また、CMや広告も動画制作の対象です。CMや広告では、商品やサービスの魅力を視聴者に伝えることが重要です。そのため、情報量が多くなるように、構図や色彩に工夫して、視聴者の目を引くような動画を制作します。

つまり、動画制作では、視聴者に必要な情報をわかりやすく伝えることができます。そのため、CMや広告などメッセージを伝えることを目的としたコンテンツに向いています。

映像制作は情報量が少ないため映画やTV番組向き

映像とは、映画館のスクリーンやテレビ画面などに映し出された画像のことです。映像制作では、主に表現や演出を目的としています。そのため、映像の美しさやストーリー性などを重視し、情報量を少なく抑えても、視聴者に印象を与えることが重要です。

映像制作では、情報量を少なく抑えるように工夫する必要があります。情報量を少なく抑えるためには、以下の方法があります。

  • 色彩をシンプルにまとめる
  • 効果音やBGMを減らす
  • ストーリー性のある展開にする

たとえば、映画やドラマ、ミュージックビデオなどは、映像制作の典型的な例です。これらの映像では、ストーリーや登場人物の感情などを、視聴者に伝えることが重要です。そのため、情報量を少なく抑えても、映像の美しさやメッセージ性などを重視することで、視聴者に強い印象を与えることができます。

また、TV番組も映像制作の対象です。TV番組では、視聴者に娯楽や感動を与えることが重要です。そのため、情報量を少なく抑えても、映像の面白さや魅力を重視して制作します。

つまり、映像制作では、情報量を少なく抑えることで、視聴者に強い印象を与えることができます。そのため、映画やドラマ、TV番組などの表現や演出を目的とした映像作品に向いています。

動画制作と映像制作では関わる人が異なる

動画制作と映像制作では関わる人が異なる

動画と映像では関わる人の数も異なります。YouTubeやSNSで配信されるコンテンツである動画は、少人数や1人で行うことも多いです。一方で、映像は映画やドラマといった大がかりな準備が必要な作品であるため、大人数でプロジェクトを組んで行われます。動画制作と映像制作で関わる人の違いについて詳しく解説します。

動画制作は少人数で行うことが多い

動画は、広告やSNSで配信されることが多いです。そのため動画制作は、スマホの動画編集アプリを使えば、個人でも撮影から編集まで行うことができます。また、動画の尺も比較的短いため、短期間で制作されるケースもあります。

ただし、販売促進やマーケティング活動に動画を利用するのであれば、企画や構成の作成の人員も必要なるため、チームを組んで行われます。

たとえば、商品の紹介動画や企業のPR動画などの動画制作では、ディレクターが企画や構成を担当し、カメラマンが撮影を担当し、編集者が編集を担当する場合がほとんどです。

また、テレビCMであれば、WEBCMとは異なり、出演者やスタジオ、ロケ地の手配なども含まれるため、さまざまな部門のスタッフが関わります。

しかし、WEBで配信するコンテンツであれば、そこまで大がかりなチームを組む必要もありません。最近では、ディレクター・カメラマン・編集者を兼任して1人で動画制作をするクリエイターも増えてきています。1人や少人数で制作を進めるため、クライアントとの意思疎通が図りやすく、納品後のギャップを防ぐことにもつながります。

映像制作は大人数で行うことが多い

映像制作は、映画やTV番組など、表現や演出に重きをおく作品が多いです。そのため、映像制作には多くの人が関わります。

映像制作で関わる主な役割は、以下のとおりです。

  • 監督:責任者として映像の制作を統括する
  • 助監督:ディレクターへの指示を現場で監督する
  • ディレクター:動画の全体的な企画や構成を担当する
  • カメラマン:映像の撮影を担当する
  • 編集者:映像の編集を担当する
  • 照明:映像の照明を担当する
  • 美術:映像の美術を担当する
  • 音響:映像の音響を担当する
  • メイク:映像の出演者のメイクを担当する
  • 衣装:映像の出演者の衣装を担当する
  • 制作進行:制作のスケジュールや予算を管理する
  • 制作部:撮影や編集などの制作業務を担当する

それぞれの役割を兼任することもありますが、10人から100人以上のスタッフで担当することが多いです。

たとえば、映画やドラマ、ミュージックビデオなどの映像制作では、ディレクターが企画や構成を担当し、カメラマンが撮影を担当し、編集者が編集を担当するほか、照明や美術、音響、メイク、衣装などのスタッフが、映像の美しさやメッセージ性を高めるために、それぞれの専門的な技術や知識を駆使して制作にあたります。

このように、映像制作では、大人数で制作することで、より高度な表現や演出を実現することができます。

なお、動画制作も映像制作も企業で取り組む場合には、制作会社に依頼することがおすすめです。弊社では、低価格でハイクオリティな動画制作・映像制作の豊富な実績があります。

動画制作サービスの詳細はこちら

また、無料相談も承っております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

動画制作と映像制作の制作工程の違い

動画制作と映像制作の制作工程の違い

動画制作と映像制作では制作工程が異なります。動画は、WEBCMやSNSなど数10秒から数分程度の比較的短い尺で作られることが多いです。そのため、動画制作では、短い時間で多くの情報を伝えるために編集が大切になります。一方で、映像は、映画やドラマなど数10分から数時間といった比較的長い尺で作られます。そのため、意図を正しく伝えるための工夫を凝らす必要があります。

動画制作では短い時間で多くの情報を伝えるために編集が必要

動画制作では、短い時間で多くの情報を伝えるために編集が必要不可欠です。動画は情報量が多いため、伝えたいメッセージをまとめて訴求しなければなりません。そのため、動画の編集では、以下の点に注意しましょう。

  • 冒頭でインパクトのある表現にする
  • 専門用語や難しい言葉を使わない
  • ターゲット像を明確にする

それぞれの注意点について、詳しく解説します。動画制作のポイントをおさえて、伝わりやすい動画に仕上げていきましょう。

冒頭でインパクトのある表現にする

動画の冒頭は、視聴者の興味を引き付け、最後まで視聴してもらうための重要なポイントです。そのため、冒頭では、インパクトのある表現を用いて、視聴者の注意を引きつけることが重要です。

たとえば、以下のような編集を加えてみることがおすすめです。

  • 衝撃的な効果音やBGMで盛り上げる
  • 冒頭に問いかけるフレーズを加える
  • 興味を引くキャッチコピーにする

冒頭でインパクトのある表現を用いることで、視聴者の興味を引き付け、最後まで視聴してもらいやすくすることができます。

インパクトのある動画にするためには、構成が重要になります。動画構成の考え方については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

専門用語や難しい言葉を使わない

動画は、YouTubeやSNSなどを用いて、多くの人に視聴されることを目的としています。専門用語や難しい言葉を使うと、視聴者が内容を理解しにくくなり、視聴率の低下につながる可能性があります。そのため、動画では、専門用語や難しい言葉を避け、誰にでもわかりやすい言葉を使うことが重要です。

たとえば、以下のような編集を加えていくことがおすすめです。

  • 難しい言葉をわかりやすい言葉に言い換える
  • 図やイラストを用いて視覚的に説明する
  • 専門家による解説や口コミを加える

専門用語や難しい言葉を避けることで、視聴者が内容を理解しやすくなり、視聴率の向上につながります。

ターゲット像を明確にする

動画を制作する際には、ターゲット像を明確にすることが重要です。ターゲット像を明確にすることで、どのような内容や表現が効果的なのかを判断しやすくなります。

たとえば、撮影や編集を行う前に、以下のような点をまとめておきましょう。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 興味関心
  • 生活スタイル

また、ターゲット像を明確にするために、行動パターンを分析しておくこともおすすめです。ターゲット像を明確にすることで、より効果的な動画を制作できるだけではなく、社内でのイメージの共有にも役立ちます。

映像制作では意図を正しく伝えるための工夫が重要

映像は、映画やテレビ番組など数10分から数時間といった比較的長い尺で作られます。そのため、意図を正しく伝えるための工夫が大切になります。そのため、以下のような点に注意して、よりよい映像作品を作りましょう。

  • ストーリーや構成に気を配る
  • プロの役者に出演してもらう
  • 事前に台本を作って打ち合わせをする

上記のように、映像では編集や撮影の前に準備を徹底しておくことがポイントです。それぞれのポイントについて詳しく解説します。

ストーリーや構成に気を配る

映像制作では、主に表現や演出を目的としているため、ストーリーや構成が重要です。ストーリーや構成がしっかりしていないと、視聴者に内容が伝わらず、印象に残りにくくなります。

たとえば、以下のような点に注意するとよいでしょう。

  • 起承転結のあるストーリー展開にする
  • 展開のテンポよくして飽きさせない
  • 伏線や意外な展開を盛り込む

ストーリーや構成に気を配ることで、視聴者に内容をわかりやすく伝え、印象に残る映像を制作することができます。

プロの役者に出演してもらう

映像制作では、演技力のあるプロの役者に出演してもらうことも重要です。プロの役者は、表情や動き、声色など、さまざまな表現を駆使して、キャラクターを魅力的に演じることができます。

たとえば、以下のようなメリットがあります。

  • 演技力からキャラクターが魅力的に描かれる
  • 視聴者の感情に訴えかけやすい映像になる
  • 映像作品の全体における完成度が向上する

プロの役者に出演してもらうことで、より魅力的な映像を制作することができます。

事前に台本を作って打ち合わせをする

映像制作では、事前に台本を作って打ち合わせをすることが重要です。台本によって、映像の方向性や役者の演技が決まります。また、打ち合わせによって、各スタッフの役割やスケジュールを明確にすることができます。

たとえば、以下のようなメリットがあります。

  • 完成イメージを共有しやすくなる
  • 役者の演技が台本に沿ったものになる
  • 制作スケジュールが立てやすくなる

事前に台本を作って打ち合わせをすることで、よりスムーズに映像制作を進めることができます。

動画制作と映像制作の違いに関するよくあるご質問

動画制作と映像制作の違いについてのご質問はかなり多くいただきます。その中から、頻度の高いものへの回答をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

制作と製作の違いは何ですか?
「制作」と「製作」は、どちらも何かを作るという意味ですが、ニュアンスに違いがあります。「制作」は、主に創作活動を指します。例えば、絵画や音楽、映画などの作品を制作する際に用いられます。一方で、「製作」は、主に製品を作ることを指します。例えば、食品や自動車などの製品を作る際に用いられます。
映像制作とは何ですか?
映像制作とは、映像を制作するプロセスや活動を指します。映像には、映画やドラマ、CM、ミュージックビデオなど、さまざまな種類があります。映像制作は、これらの映像を制作するために、企画・撮影・編集などの工程を経て行われます。
画像と映像の違いは何ですか?
画像と映像は、どちらも視覚情報であるという点で共通していますが、以下の2つの点で違いがあります。
・画像は静止画で映像には動きがある
・画像は瞬間を切り取ったもので映像は時間の経過とともに変化する
つまり、画像は1枚の静止画であり、映像は複数の静止画を連続して表示したものであると言えます。

まとめ

動画制作と映像制作はほとんど同じ意味で用いられいるが厳密には異なる

現在では、動画制作と映像制作がほとんど同じ意味で用いられますが、厳密には異なります。動画は情報が多く、制作は1人から少人数のチームで行われます。そのため、動画制作では、短い時間で多くの情報を伝えるために編集が必要になります。一方で、映像は情報量が少なく、映画やTV番組など大人数のプロジェクトでひとつの作品に仕上げていきます。そのため、映像制作では、意図を正しく伝えるための工夫が重要です。

なお、動画制作も映像制作も企業で取り組む場合には、制作会社に依頼することがおすすめです。弊社では、低価格でハイクオリティな動画制作・映像制作の豊富な実績があります。

動画制作サービスの詳細はこちら

また、無料相談も承っております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

この記事の監修者

コラム検索

コラムカテゴリ

03-5909-3939

10:00~19:00(土日祝日除く)

お問い合わせ